2010 Starting Over vs マリノス

a0015766_9531937.jpg

今年もこの季節がやってきました。2010 Jリーグ開幕。残念ながら雨に煙るホームでの試合となりましたが、やっぱりこの場所に戻ってくると、家に帰ってきたようなそんな想いと今年の9ヶ月にわたる戦いへわくわく感が募ります。対戦相手は、生意気にも”スペインキノコ”を温存したマリノス。とりあえず木村和司の鼻を明かしてやりたい気持ちで試合に臨みます。そういえばマリノスのサポーターって若い女の子が多いのは気のせい?
a0015766_9553019.jpg

青赤屋(スタジアム内)でゲットした勝ち点3ブッセ。チーズ味でなかなかおいしかった。ゲン担ぎです。
a0015766_9562932.jpg

いよいよ選手入場。新戦力を加えてのこの開幕の選手入場は新しいサッカーへの期待感で胸躍りますね。
a0015766_957199.jpg

スタメンはGK、どっちで来るかと思ったら権田、DFに今野、森重、長友、椋原、MFに徳永、羽生、北斗、松下、FWに平山、達也。開始早々のFKでいきなり松下のキックから北斗がドンピシャ!、惜しくもバーに嫌われるも、ここ最近では見なかったセットプレーへの期待感に新生東京への期待が高まりました。
しかし、徐々にマリノスもペースをつかみ出すとやはり、急造ボランチの徳永のところと北斗の裏のスペース、北斗がけっこう簡単に突破されてヒヤッとするシーンも多かったように感じました。徳永のパスとかかなり読まれてた感じだもんなぁ。。。そんな中、最終ラインでは結構、今ちゃんがマークがきつくちょっとミスも多かった感じだったけど、しっかり、森重がカバー。足下もかなりうまく、これは最終ラインへの安心度がかなり違った感じでした。
a0015766_1013629.jpg

開幕なんで前半の内容はまぁあんなものかな?という感じもしましたが、後半もどうもセカンドを拾えず、厳しい展開でした。そんな中、梶山、ナオというケガから復帰組を立て続けの投入、スタジアムの沈滞した雰囲気を一気に上げてくれましたね。特にナオが戻ってきたのはうれしい限り。まだ、ちょっといい時期のプレーに比べると落ちる感じですが、でも、気持ちは入っていたと思います。マリノスは個人的には狩野→坂田の交代が鍵だったような。個人的には狩野が引っ込んで助かった感じです。
a0015766_1035384.jpg

それにしても松下のセットプレーは東京の新しいオプションになりそうですね。今までですとFK、ほとんど、得点のニオイを感じなかった(大竹くらいか?)けど、昨日の試合ではほとんど、いい感じのボールで点が入りそうな雰囲気を醸し出していましたからね。これは期待できますね。
そして至福の瞬間はロスタイム。カウンターからナオが抜け出して、相手ディフェンダーのスライディングをかわして中に折り返すとドンピシャで平山が合わせてゴール。まさにカウンターのお手本というべき得点。しかもこの時間帯、スタジアム揺れましたね。ナオがアシストというのがまたうれしい。
a0015766_1063132.jpg

今までなら0-0のドローもしくはセットプレーでやられてまさかの負け、とかそんな結果でもおかしくない内容でしたが、こういう厳しい試合で勝ち点3を獲れたことは非常に大きかったと思うし、いいスタートが切れたと思います。今まではこういう試合を取りこぼしていましたからね。新戦力もうまくかみ合ってよかったと思います。次節は鬼門での戦い、相手は意気消沈しているだろうし、しっかり勝ちたいところです。
a0015766_1083411.jpg

今日のヒーロー、さすがにカメラもすごい数です。





a0015766_10104275.jpg

骨肉腫で現役引退を余儀なくされ、手術を行う塚本選手(大宮アルディージャ)への募金活動が行われていました。チームを超えて応援すると言うことでわずかではありますが私も募金してきました。
次のホームでも募金活動が行われるようですね。
[PR]

by y_flugels | 2010-03-06 23:51 | ++FC TOKYO