甲乙つけがたい桜開花前の vs C大阪戦

a0015766_1392658.jpg

第3節はセレッソ戦。前節はダービーでガンバ相手に引き分け、中盤に乾、香川を擁し、というより、元東京の茂庭と尾亦いますので、イジリもできる展開だといいなぁと思っての参戦となりました。
スタメンは出場停止の森重のところに平松、椋原に代わって、キムヨングン、北斗の代わりにナオがスタメンに入り、達也が外れ、赤嶺が入るという布陣になりました。
確かにナオが動けるようなれば、こういう布陣になるだろうなぁという布陣となりました。
a0015766_13133646.jpg

前半は今までの2試合と違い、かなりボールを押し込めることもできていたし、動きにだいぶ連動性も出てきたように感じました。そしてナオが入るとチームのリズムに躍動感が出ているようにも感じましたよ。この日は赤嶺も積極的にボールをプレスするシーンも見られたし、羽生も精力的な動きをしていました。ただ、セレッソもカウンターをけっこう仕掛けてきましたが、今野、平松の最終ラインも集中できていたように感じました。ちょっとヨングンは入り込めていない感じはしましたが。ただ、終了間際はややダルダルな感じになってしまったのでそこは修正するのだろうなぁと思っていました。
a0015766_13172438.jpg

後半の立ち上がりは東京が積極的に攻めてきて、茂庭がミスしねーかーな、と思ったのですが、意外と安定したプレーをしていて残念だったり(笑)。平山のポストを叩いたシュートなんか惜しかったもんな。あれが入っていたらおもしろかったんだけど。ただ、なかなか点が入らない時間が多かったように感じます。この日の城福さんは仕掛けが早く、大竹、リカ、と投入。期待したんだけどちょっと、うまく機能しなかった感じですね。大竹は去年のイマイチだったときに比べると良くはなってきたけどもっとできると思う。リカはまだ荒削りというかかみ合ってない感じでしたが、もう数試合見てみたい感じはしました。
結局、相手に播戸が入って押し込まれるシーンもありましたが、お互い決め手を欠いて0-0のドロー。
まぁ最低限の結果は残した感じでしょうか。確かに風が強すぎて長いサイドチェンジなどを使いづらかったから戦い方が限られてしまったのは否めないでしょう。
a0015766_13222355.jpg

開幕3試合で失点1(しかもPK)、得点も1、勝ち点4、守備はまぁ形ができてきた感じでしょうか。問題は攻撃ですね。
そしてこの日の主審は家本、レフリーアセッサーに松崎がきたこともあるのか、いや、確かに「???」というシーンもありましたが、概していきり立つほどフラストレーションの溜まるレフリングではなかったと思います。家本にしては良かった、というか、まともなレフリングだったのは、やっぱり前節のメタボがひどすぎたからそう感じるのでしょうか。





a0015766_13245184.jpg

ということでスタジアムに向かうバナーフラッグにも鬼太郎が。
a0015766_1325388.jpg

映画「ゲゲゲの女房」にちなんで鬼太郎ブースがありました。
a0015766_13272845.jpg

こんな車もおいてありました。深大寺に鬼太郎茶屋なんていうのもあるんですね。
この試合、目玉オヤジの声優さんが亡くなったこともあって、目玉オヤジの応援がなかった・・・それが勝てなかった。。。うん、そういうことにしておきましょう。
[PR]

by y_flugels | 2010-03-22 13:29 | ++FC TOKYO