まさにアニマル vs 名古屋戦

a0015766_2314168.jpg

今年もナビスコカップの季節がやってきました。今年はカップウィナーという立場での参加になりますので、恥ずかしくない戦いをしておきたいところです。
a0015766_2315472.jpg

初戦の相手は名古屋。去年は決勝トーナメント1回戦のホームで完膚無きまでに叩きのめした相手ですから、今回も叩いておきたいところ。なにしろ、大型補強をして気づけば、帰化した闘莉王を入れてスタメンのウチ5人が外国人という反則チーム。負けるわけには参りません。
a0015766_23172380.jpg

スタメンは権田、椋原、平松、今野、キム ヨングン、徳永、羽生、北斗、ナオ、達也、平山という布陣。
試合開始早々はボールが持てたのですが徐々に名古屋ペースで試合が進みます。特にこの日はボールはつないで連動性のある攻撃ができた時間帯もありましたが、パスミスやボールを奪取されるシーンも多く、ここ4試合と違い、ピンチらしいピンチもけっこうありました。どうしてもケネディ、マギヌンの2トップにフィジカルで負けるシーンも多かったですし、4針縫った影響があったのか、羽生の調子もイマイチでしたね。どちらかというと、攻め込んで「あ~」という溜め息のシーンが多かったです。そんな中、カウンターを食らってケネディにループシュートを決められ先制されます。このシーン、もう少し守備陣が激しく当たりに行ってもよかったんじゃないか、とは思いました。
a0015766_23214881.jpg

後半に入りやはり調子の上がらなかった羽生を下げて森重を入れて、今野をボランチに上げるという戦術に。これでだいぶボールが収まるようにはなってきたんですが、どうも中盤でボールを奪われるシーンが多かったように感じました。今ちゃんも大宮戦ほど良くはなかったのか、パスミスも多かったです。そんな中、まさかのPKを与えてしまいましたが、権田がファインセーブ。正直、流れ的に終わったとは思ったのですが・・・。
さらに重松を投入すると前線でプレスが効きだして、東京が高いラインからの攻撃を繰り広げられるようになります。そして、徳永からサイドを駆け上がるナオにいいパスが出てそれをナオが中央の平山に、これがきまって1-1の同点。これでイケイケと思ったら、また逆転され、しかも点を取ったあとにちょっと集中がキレた感じでの得点だったので、ガクッと来ちゃいました。今までならこのまま1-2で負けてしまう感じだったのですが、ここで、やっぱり東京のワンダーボーイと言っていいでしょう、重松がロスタイムにやってくれました。
この日、途中出場で出てきたモノの精彩をイマイチ欠いていた大竹からのパスを受けて、ゴリゴリ相手DFを引き連れて突進、倒れ込みながら振り抜いたシュートが決まって、2-2。興奮したね~
というか、まさにFWってこうだよね~というプレーで見せてくれました。この同点ゴールは大きかったです。
ただ試合終了直前のナオが足を痛めたシーンは大丈夫だったのかな?
a0015766_23273113.jpg

敗色濃厚な試合でしたが、権田のファインセーブに重松の気迫のゴールで2-2の同点。勝ち点1をもぎ取りました。これは大きな勝ち点だったと思います。今までだったらこのまま1-2で負けていた試合だったと思いますし、そういう意味で強くなってきたのかな、とは思います。
ちなみに今日の主審ははじめて見るような方ですが、前半は良かったですが、後半はちょっとコントロール効かなくなってきたなぁ、と感じました。前半と後半でこれだけ差のあるレフリーも珍しいかな・・・後半だけ見たらちょっとひどかったなぁ。
a0015766_23312257.jpg

今日はシャーはなしでしたが、黄色いスパイクのアニマル重松にはこれからも目が離せません。
やっぱり聖地国立、私は好きだなぁ。仕事帰りに行くにもちょうどいい場所だし。ここだとなんとなく負ける気がしません(笑)

残念ながらクラシコは急なプライベートな用事で参戦できなくなってしまいそうなのですが、なんとか、録画でもして見たいと思います。皆さんのレポートも楽しみです。
[PR]

by y_flugels | 2010-03-31 23:33 | ++FC TOKYO