モヤモヤ感の残った試合 vs 京都戦

a0015766_211440.jpg

京都サンガとの一戦。前節の鹿島戦、そして、ナビスコの大宮戦の内容を見ると、相手の力を考えた場合、ここはしっかり勝っておきたいゲーム。ただ、京都はガチガチに守りを固めてくるチームなので、そのチーム相手にどこまで崩せるかが課題になると思いました。
a0015766_2141541.jpg

今日はスタメンはほぼ大宮戦と同じメンバーでしたがボランチに徳永、松下、羽生と石川を前目に持ってきた感じの組み合わせとなりました。試合開始から東京が主導権を握ってパスを回して攻撃を仕掛ける展開が続いていました。対する京都はロングボールを前に当ててという分かりやすい戦い方でサッカーの質という点では東京の方が上でした。ただ、パスミスも多く、特にヨングンに、意図的に行わせていたと思われるサイドチェンジが、ことごとく通らず相手チームのカウンターの餌食となっていたのが気になりました。あとはハーフタイム前にもコールが出ていましたが、最後のところでシュートを選択せず横パスを選択するシーンが多くフラストレーションが多かったように感じました。
そして失点シーンは完全にボールウォッチャーになっていた感じでなんとももったいない失点でした。その後は京都の露骨な時間稼ぎなどもあり、イライラしましたね。
a0015766_21235342.jpg

後半。後半に入り、東京がかなり攻撃に迫力を持ってきたのですがどうしても今ひとつ、最後のところが収まらない。平山が良くなかったので、さすがに監督も代えてきたのですが、それは正しい選択。この試合に関して言えば、リカ、平山より赤嶺、重松の方がゴールへの意識は高かったように感じました。そして北斗も前がかりな気持ちはあって良かったかな。そして重松が登場するとスタジアムのテンションは上がってきます。なによりあのボールに食らいつく姿勢がいいね。そしてなんとPKをもらってしまいます。どうでもいいけど、この旗竿、ちょっと邪魔だなぁ・・・試合中は下げて欲しいところ。
a0015766_2136395.jpg

そしてPK。なんと重松が自らキック!これを決めて同点に。その後も東京の怒濤の攻めが続くのですが、京都がコロコロするので、どうもうまく流れに乗れず、でも、もっともっと上げって来て欲しいし、もっともっとシュートを打って欲しかった。ナオとか羽生など去年まではフルで出ていなかった選手も走り回ってなんとかこじ開けようとするのですが、最後のところがなかなか決まらず・・・それにしてもシュートとゴールが遠い。。。
a0015766_21411125.jpg

まぁ良くやったとは思いますが、勝ち点3が欲しかったところ。そういう意味では今日の結果はちょっとがっかりでもありました。まだ、他のチームも意外ともたついているので大きな差にはなっていませんが、そろそろ、勝ちを続けていきたいところですね(と言っても去年よりはマシなんだろうけどね・・・)

そういえばこの試合、主審は扇谷、試合前にブーイングがすごかったですが、そのせいか分かりませんが、この日は殺意を覚えるほどのジャッジはなかったです。むしろ、ハンド見逃しとかあったけど、そんなの今までのメタボの悪事の数々に比べたらかわいいもの・・・ということで、こっちはそれほどストレスは感じませんでした。
[PR]

by y_flugels | 2010-04-17 20:59 | ++FC TOKYO