サッカーという麻薬というヤツは・・・ vs 清水戦

a0015766_2323749.jpg

今日は首位清水との対戦。去年は清水に負けなしと相性が良かった相手ですが、今年は城福監督曰く「絶頂期に来ているチーム」確かに他の戦いを見ても、成熟された試合運びをしており、また小野が入ったことでさらに攻撃に厚みが出た感じがしています。東京は前節、山形に勝ったものの、まだ本調子ではないですし、ここで勝って、ようやく、東京が自分たちのサッカーができるようになったと言える、そんな感じだと思います。
a0015766_23231690.jpg

東京は長友、今野がW杯前最後の試合となり、また惜しくも予備枠に入った徳永、石川もスタメン、今日の中盤は徳永、梶山、石川、羽生という組み合わせ、そしてトップは平山と重松でした。さすがに相手が清水となるとなかなかいい形を作ることはできなかったですが、ボールキープは清水より東京の方ができていたと思います。
そういう意味では、かなり東京のボールポゼッションする力もついていたと思います。そして、清水相手にほぼ互角の戦いだったのですが、最後の決め手に欠く、と言ういつものパターンでした。そして、清水はしっかりセットプレーから先制。このあたりが首位とそうでないチームとの差なのかと感じました。それにしても、今日の主審の東城は判定基準はイマイチ、よく分からない感じで見ていてイライラする内容でした。今日は平山はいつもと違い、積極的なところもあったのですが・・・決め手が。
a0015766_2336159.jpg

後半も東京ペースで試合が進んでいたように思います。ただ、清水も要所要所で決定的なシーンもつくり、一進一退の見応えのあるゲームが行われていました。東京は積極的に選手交代を行い、リカを入れ、松下をサイドバックに入れてフォーメーションを代えてからは東京がかなり決定的なシーンを作りました。それにしても赤嶺のドフリーヘッドは決めて欲しかった。そんな中、東京サポーターも選手もかなり凹ませる藤本のFK。あれはあそこで、アレがファール?という感じでしたが、あっぱれのFKでした。アレを蹴られたらさすがに取れないでしょう。そして正直、今までの東京だったら、このまま0-2でもどかしさだけで時間が過ぎていく感じでした。あのヘッドが決まっていれば・・・という感じでしたが、その後のヨングンのミドル、このあたりから空気が変わってきました。そして残り10分でドラマが。
まずは長友が自分のW杯出場を祝うかの絶妙なミドルシュート。あれはすごくきれいでしたね。まさにワールドクラス。本ちゃんの南アフリカでもあーゆーこぼれ球のシュートを打ち込んで欲しい。これで選手もそしてスタジアムの雰囲気も一気に変わりましたね。勇気を与えるゴールとはまさにこのこと。このあとは、一気に「追いつけるぞ!」という雰囲気でゴール裏のテンションも今年1番だった感じでした。一体感ある雰囲気に包まれて生まれたワンちゃんの叩きつけるボレー・・・混戦の中から入った感じでよく分からなかったですが、この瞬間は一気に爆発しましたね。首位相手に同点ゴール。ホームでこういう試合を待っていました。この瞬間があるからサッカーの生観戦はやめられませんね。
そして、結果は引き分けでしたが、あそこで逆転していればチームももっと成長できた、そういう意味では、欲を言った感じですが、残念、でもよく追いついた、そんな感じの試合でした。
a0015766_23513091.jpg

引き分けでしたがなんとなく雰囲気は勝ち試合に近い雰囲気でした。2点差を追いついたのですから、今の東京の調子を考えれば上出来、だと思います。
しかし、セットプレーでやられただけ、というのはもったいないし、逆にセットプレーであいかわらず、得点力がないのは、中断期間の課題でしょうか。ワンちゃんが入ってからのセットプレーは多少、得点のニオイは感じれたんですけどね。
a0015766_2354423.jpg

そして試合後には今ちゃん、長友、岡崎に花束贈呈。ちょっと段取りが微妙でしたが、まぁ、引き分けで壮行式ができて良かったかな。これ0-2で負けてたら微妙だしね。ということで、相変わらずの今ちゃんの素っ気なさでしたが、さて、南アフリカで活躍を期待して・・・ところで、長友は今日で・・・最後になってしまうのだろうか?
[PR]

by y_flugels | 2010-05-15 23:55 | ++FC TOKYO