ロスタイム4分の至福 vs 新潟戦

a0015766_2354326.jpg

年に1回開催されている駒沢での試合。試合前に入場門のところで「やべっちFC」の竹内アナがいましたね。
かわいかった、とそれはさておき、ナビスコ予選は新潟戦でした。にしても岡田の嫌がらせ?で、石川と徳永が出場できず、またヨングンが出場停止で、レギュラークラスが5人いないという緊急事態。しかし、駒沢、ゴール裏の幅が狭いのですが、その分、密集度があっていつもより、まとまりがあるサポートができたと思います。
a0015766_01344.jpg

そんなわけでスタメンはGKは権田、DFに椋原、森重、そして初出場の高橋、そして北斗、MFに梶山、羽生、達也、松下、FWに平山、重松という組み合わせ。ということで、初出場の高橋とサイドバックの北斗がどんな感じか気になります。
試合開始から両チームとも激しいプレッシャーでつぶし合いで攻守の切り替えの早い試合でした。開幕当初は「このままJ2降格じゃね?」と思っていた新潟ですが、ここのところ勝ち星を重ねているのですが、見てなるほど、なかなかいいサッカーをしていて、なかなか守備の綻びがなく、なかなか決定的なシーンを作れないで時間が進みます。ただ、攻守の切り替えが早いこともあり、時間が経つのが早く感じました。そして北斗も気持ちが入った守備も見せてくれたし、初出場の高橋も時々、凡ミスのシーンもあったけど、無難にこなしていた感じでした。そしてなにより、最終ラインからのフィードがなかなか精度が良く、今後に期待できそうな感じでした。
a0015766_013790.jpg

後半。後半も新潟、東京とも攻守の切り替えが早く、時間の経つのが早く感じました。
ただ、芝がボコボコなのでちょっとボールが落ち着かない感じでしたが、なかなかチャンスが作れない感じで、時間だけが経って、ドローになるかな、という雰囲気でした。北斗が途中でケガで担架に乗せられて退場になってしまいましたが、松下をサイドバックに下げて、大竹を入れて、期待も高まりますが、どうもキャプテン平山(そういえばキャプテンは平山でしたね)のところや、梶山にもミスが目立ちはじめ、カウンターを食らったり、そんな感じでした。
そしてロスタイムは3分。このまま終わりかと思ったら、大竹がするすると抜け出して角度のないところからシュート、これが入って1-0で勝利でした。しかし、記録を見ると90+4分・・・あれ?
でもまぁ、W杯で吹く西村主審ですから、きっとマチガイハナインデショウ・・・と棒読み(笑)
a0015766_0193398.jpg

ゴール裏に挨拶に来たときにいつもならそのまま「シャー」ですが、この日は、「♪城福、東京~」から。
羽生とか一緒に手拍子していましたね。これも駒沢ならではの雰囲気?でよかったですね。
a0015766_0212391.jpg

今日のヒーロー・・・久々に大竹らしいプレーを見せてくれました。もっと、もっとやって欲しいなぁ。
その後は、高橋の初々しいシャーもありました。
キャパはそんなに大きくないけど、JFLっぽい懐かしい雰囲気もある駒沢もなかなかいい雰囲気でしたね。
そういえば、ホームでの勝利はなんと、開幕以来だったそうで・・・それもある意味びっくりでした。
でも、長友、今野、石川、徳永の飛車角抜きで勝ったのは大きいですね。
[PR]

by y_flugels | 2010-05-22 23:51 | ++FC TOKYO