【J特】 モヤモヤした遠征 vs アルビレックス新潟

a0015766_22473222.jpg

今年もやってきました。ビッグスワン。思えば毎年、シーズン最初か最後という寒い時期に来ることが多かったのですが、今年は初めて?の暑い時期でのアウェイとなりました。
a0015766_22501410.jpg

まずはフードコートでお買い物。ビッグスワンは再入場ができないので、入る前に買っていくことになります。
そういえばタレカツ丼の屋台も出ていたのにはちょっとびっくりでした。
a0015766_22515142.jpg

新潟に来たら食べなくてはいけないのがB級グルメのイタリアンです。今年もしっかり、みかづきの屋台は健在でした。けっこうな列でしたが意外と回転は早かったです。
a0015766_2353669.jpg

みかづきの屋台の近くにはこんな感じのW杯のグッズが飾られていました。
a0015766_23893.jpg

そういえば、海上保安庁のブースもあって、海猿の格好をした現役隊員の方もいらっしゃいました。
a0015766_2391727.jpg

試合前に腹ごしらえ、ということで先ほど購入したイタリアンを食べます。今回は夏限定のトマト、パプリカ、ゴーヤ、セロリ、タマネギ、ズッキーニを煮込み風にしたソースがかかった夏野菜のイタリアンです。ノーマルのイタリアンっぽいかんじでした。
a0015766_2312961.jpg

この日はdocomoサンクスデーということで、docomoのイベントが行われていたのですが、ビジョンで上映されたスペシャル映像、あれ、すごくお金かかっている感じがしました。さすが、天下のdocomo、という感じです。
a0015766_23132222.jpg

そういえばビッグスワンのスコアビジョン、気になったのはドット抜け。かなり大きなドット抜けがありました。W杯後の試合と言うことでチェックが漏れていたのかな?ちょうど歯の部分にドット抜けがあったりで、微妙な感じでした。
a0015766_23143625.jpg

ゴール裏では試合前に、水曜日に控えたスルガ銀行チャンピオンシップに向けて、ギンギラギンにさりげなくの替え歌が披露、練習なんかもしたりして、ちょっといつものやんちゃムードでした。

ちなみにこの動画に微妙に写っていたり・・・。
a0015766_23175393.jpg

試合はやはりホームで好調と言うことで新潟ペースで試合がすすみます。特に攻撃陣は早い攻撃でなんどなく冷や冷やするシーンが。そしてプレスも強いので、東京は後ろでボールを回すようなそんな感じでしたが、徐々に東京のペースかと思ったら、まさかの秀人のチョンボから失点・・・完全に新潟は最終ラインでゆっくりボールを回す東京のやり方を狙っていた、そんな感じでした。どうもここ数試合、手詰まりになって後ろでボールを回すしかない、東京の戦いぶりに苛立ちはあったのですが、最悪の結果になってしまいました。ただ、これで東京もお尻に火がついたのか徐々に攻撃的になってきてチャンスは作るのですが、テンション下がる、達也のセンタリングのミス・・・ドフリーで誰もいないところにただあげればいい、って言うもんじゃないでしょうに。。。なんか、みていてモヤモヤとテンション下がる感じで前半終了でした。
a0015766_2323443.jpg

ハーフタイム。後ろのアヒルさんがすごく疲れた感じだったのは内緒の話。
a0015766_2324110.jpg

後半。秀人に代えて梶山を投入して状況を打開しようとします。さすがに梶山が入って中盤でボールを奪えるようになるし、タメができるようになったのですが、どうも、サイドの上がりが遅いので決定的なシーンを作れず、新潟が守備の陣形を整えてからクロスを入れたり、中に入るときにはスペースがない、というそんな時間が続きます。ただ、東京が押し気味に進めていてあと少し、という感じだったのですが、その矢先に、一瞬の隙を突かれて2-0に・・・正直、終わったかな、と思ったのですが、こういうときに鬼のような活躍をしてくれるのが今ちゃん・・・。倒されても立ち上がってゴールを目指して押し込んで1-2にします。このゴールは勇気を与えてくれましたね。でも、今ちゃん、W杯前に痛めた靱帯は大丈夫なのかな?ただ、時間が遅すぎた。ここからさらに押せ押せで試合を進めるのですが、万事休す、1-2で敗れてしまいました。そういえばビッグスワンで勝ったのって、あんまり無いような気がします。まぁアルビのビッグスワンでの圧倒的な強さを考えれば致し方なしかな?
a0015766_2329109.jpg

1点は返したもののモヤモヤが残った試合でした。。。なんだか、暑かったせいもあり、新潟だから夜は涼しいかな、と思ったのですが意外と蒸しましたね。選手もきつかったでしょうが、我々も点が入らず、プレーの精度がイマイチだったことが多くイライラしたのですが、さらに、この日の主審の村上がゲームコントロールができていなくて、基準が曖昧というか、ミスも多くイライラさせられました。ゴールキックをCKにされたり、ちょっとひどかった。
a0015766_2332131.jpg

残念だったのは試合後の梶山と権田のいざこざ。梶山の平手が権田にはっきりヒットしていましたねぇ。。。

でも、まぁ、去年もナオと梶山が試合後のロッカーで大げんかしてそこからチームは上昇したので、それを期待したいですね。
[PR]

by y_flugels | 2010-07-31 22:45 | ++FC TOKYO