【J特】秋風を感じたホームゲーム vs 広島戦

a0015766_215348.jpg

アウェイ2連ちゃんの後はホームに広島を迎えてのゲーム。ということでまずは試合前に軽く腹ごしらえ。アウェイに行くと感じるのがフードコートの味スタのPoorさ。せめて味スタ外にあるフードコートにもうまく、再入場などを利用していくようにはできないかな?
a0015766_21104252.jpg

ということでチョイスは豚丼ではなくカレーにしてみました。
a0015766_21192965.jpg

さて、試合ですが、前節は森重が退場になって2試合の出場停止と言うことで、どういう布陣で来ると思ったら、徳永をサイドにして椋原とヨングンをCBに、そして今野をボランチといういわば禁断の布陣、今年は選手の怪我などもありかたくなに拒んできたフォーメーションでのぞんできました。開始こそ互角なペースでしたが、徐々に広島がペースをにぎりはじめ、完全に広島ペース。東京は我慢のサッカーが続きました。特に両サイド、徳永と北斗の裏のスペースを使われるシーンが多く、見ていてどきどきする試合内容でした。そのどきどきは悪い意味でのどきどきです。
a0015766_21363359.jpg

ハーフタイム。この日はローソンデー言うことでからあげクンのマスコットがお出まし、ですが、なんと、からあげの着ぐるみの一部が取れてしまうハプニングが・・・。
a0015766_2144228.jpg

さて後半。後半はひどかったですね。選手交代をしたもののイマイチ、流れを変えることができず、防戦一方、そして先制点。先制点を取られるまではまだ、それでも先制点を取られるまでは試合になっていたのですが、勝っていないこともあり、先制点を取られてからガタッとくるのを感じました。選手もそしてサポーターも。「まだいける」というのも空しくなるくらいどよ~んとした雰囲気が漂っています。流れが悪いというか負のスパイラルというのはこういうものなのでしょうかね?そしてさらに追加点を食らって万事休す。なによりバイタルエリアまではボールを運べてもそこからの打開策がない、ボールを受けて周りを見てパスを出す遅攻にこだわっているので、どうしても相手のディフェンスラインが揃ってしまい、ゴール前を固められてしまい得点をすることができない、その繰り返し。サイドからのクロスも相手のディフェンスが揃ってから、それも深くえぐってとかのクロスではないので守りやすいんだろなぁって思います。みていて、もう少し攻撃に工夫がない限り今の現状は打開できない気がしました。
a0015766_21523761.jpg

試合後はブーイングに包まれる場内。せっかくの2万のお客さんが来ていて、この内容、この結果では止む無しでしょう。もちろん内容が伴っての敗戦であればすこしは受け入れられるのですが、この日の内容は見ていて悲しくなるくらいにっちもさっちもいかない感じで、見ていて凹む内容でした。こんな東京を見たくない、とね。暑い時期なので、仕方ないということもあるでしょうが、もう少し気持ちを見せるプレーや試合を見せて欲しいです。選手もきついけどサポーターも暑いさなかの遠征でけっこうキツイ。
[PR]

by y_flugels | 2010-08-21 23:18 | ++FC TOKYO