【J特】勝つには勝ったけど・・・ vs 駒澤大学戦

a0015766_23512040.jpg

天皇杯がいよいよスタート。今年こそは?元旦国立、と行きたいところですが、まずは2回戦からスタート。初戦の相手は駒澤大学。大学のトップとしてシードされてきました。今、仙台にレンタル移籍の赤嶺の母校です。
a0015766_084119.jpg

この日は代表組や怪我や主力を休ませてリザーブ中心の布陣。GKは怪我じゃなかったの?塩田、DFは椋原、森重、高橋秀、平出、MFに田邊、松下、達也、大竹、FWに重松、平山、という布陣。前半は最初こそボールを持って積極的に攻めるシーンがあったものの、徐々にいつものただボールを回すだけ、という展開。よく言えば、リザーブも含めて同じ戦術の意思統一ができている、とも言えますが、一方で残念ながら大学生相手にいつもと同じサッカーしかできないのは歯がゆさもありました。もっとも自分もゆるゆると見ていたので、選手も同じようにモチベーションが低かったのかもしれませんが。
a0015766_091358.jpg

さすがにこの内容ではまずいと思ったのか、後半に徳永と羽生を入れてきます。平出のところに徳永、大竹のところに羽生。羽生が入ったことで一気に攻撃に連動性が出たように感じます。やっぱり羽生の存在感の大きさを感じた試合でした。梶山と羽生が揃ってこのチームははじめて機能するんだなぁ、ということを実感。羽生の視野の広さから幾度となくチャンスを作ります。そして微妙な位置からのFKを平山がゲット。一瞬、PKかと思ったよ。
で、松下のFK。満を持して蹴ったボールはサイドネットを揺るがすゴール。これでようやく先制。1-0となりました。が、ここでどういうわけか、ゆりかご・・・一瞬目を疑いました。このゲーム内容、相手は大学生、本来ならもっと崩してプロとアマの差を見せつけて欲しい位の試合でやっとの得点でこのパフォーマンス。正直、すみません、ひきました(苦笑)。
ただ、1点入ったことで東京はリズムをつかんできてサイドをワイドに使った攻撃で再三、ゴールを脅かして、羽生の絶妙のクロスから平山が頭で決めて2-0。このゴールは良かった。平山にはもっとこういうゴールをどんどんとって欲しいと思っている。もっとやって欲しい。点を取ったことで平山も調子が上がってきたのか動きが良くなり、チャンスを作るものの、最後のところで駒澤も集中して守りきって2-0で勝ちました。
しかし、相手は中1日、という悪条件でこの内容は監督は『ファンは我々の置かれている状況も、今日の試合の難しさは分かってくれているので何も慌てるな、終了の笛が鳴ったときに次に進むことができればいいんだ』とは言っているものの、やっぱり横綱相撲を取って欲しかっただけに残念な内容でした。
a0015766_0223222.jpg

とりあえず、2-0で勝ち、ということで次の相手はギラヴァンツ北九州。しかもなぜかスタジアムは前橋・・・ここを勝つと京都と千葉の対戦で勝った方、ということで比較的やりやすい相手だと思います。
a0015766_024152.jpg

とりあえず、羽生が戻ってきたのがこの日の収穫でしたね。前田俊も出場したけど、今日見る限りはまだかみ合っていないというか、プレーの評価できる感じではなかったですね。

ちなみに今回の2回戦で下克上は仙台がソニー仙台に負けたのと、緑蟲が町田に負けた2試合のみ。いずれもダービーなんですね(苦笑)ってことはもし緑蟲が上がってきたらウチも危なかったのか?と思ってしまうくらい、今、チーム状態は芳しくないですよね。。。
[PR]

by y_flugels | 2010-09-05 23:32 | ++FC TOKYO