【J特】ヤング東京で躍動するMoving vs 千葉

a0015766_23421211.jpg

平日の夜、天皇杯4回戦が行われました。スタジアムは我がホーム、味スタ、対戦相手はJ2のジェフ千葉、ここから中3日での連戦が続きますので、怪我や疲労が心配ですし、ここはサブ組を使って主力温存でしっかり勝ちたいところです。まずはJ1残留が優先ですからね。ただ、千葉とは過去、フクアリで痛い目にあっていたので、借りを返したいところでもあります。
a0015766_23452422.jpg

この日は天皇杯が味の素スタジアムに展示されていました。せっかくなので、見てきました。さすがに厳重に警備されていました。
a0015766_2347090.jpg

光り輝く天皇杯のカップ。菊の紋章が入ったカップです。今年こそ、東京の選手が掲げるところを見たいものです。
a0015766_2348519.jpg

この日のスタメンは権田、森重、徳永、椋原、平出草民、松下、大竹ソ・ドンヨク重松前田という布陣。初スタメンが結構いましたね。ヤング東京でどんな試合を見せてくれるのか、せっかくなら権田も塩田に代えても良かったかも、とは思いました。
前半はミスも多くなかなかパスが繋がらない感じで、相手の千葉もミスが多く見ていてフラストレーションが溜まる展開でした。ボールを中盤から回していくのはいいのですが、ミスで相手ボールになる感じも多く、ただ、千葉の攻撃にも怖さがなかったので失点する、と言う予感はほとんど無かったのですが、点も取れないだろうなぁ、という感じで時間が過ぎていきました。前半はあまり見どころもなく終了でした。
a0015766_23554798.jpg

後半。ハーフタイムに監督から喝が入ったのでしょうか、見違えるように動きが良くなっていきました。まさに、いい時期のムービングフットボールという感じで、ボールがうまく流れてリズムが良くなります。そして先制ゴールは大竹。こぼれ球を叩き込んで先制。さらに、今度はサイドからのボールをなんでここにいるの?という感じで大竹がうまくあわせて2-0に。それにしても後半になって大竹が生き生きと躍動した動きで攻撃のチャンスがたくさん。それにしても2点目の大竹のゴールは素晴らしかった。今でも平山、大黒が再度でがんばって中に放り込んでも中がいない、ということは良くあるのですが、この大竹の動きは攻撃のバリエーションが増えますよね。この後はまさに城福サッカーのいい時期の主導権を握って躍動するサッカーが見られて、千葉との力の差もあり、久々に安心して見てられました。
a0015766_033215.jpg

大竹のハットトリックのチャンスや、重松、前俊のゴールが見たかったなぁ、と言うのもありますが、ベンチ入りしたナオ、平山、ベンチ外の梶山、羽生、ヨネを温存できたのは大きかったですし、さすがに森重、徳永、途中出場の今ちゃんは貫禄の差を見せつけてくれました。結果は2-0で試合終了。この勝利は結果だけでなく、選手が温存できたと言うことで大きかったですね。
a0015766_065048.jpg

さて、次の対戦相手は大宮と福岡の勝ちチーム、と言うことでしたが、なんと、PKで福岡が勝ったと言うことで、福岡となりました。会場はどこになるんでしょうかね。丸亀?熊谷?いろいろ説がありますが・・・。
気持ちを切り替えて、週末のクラシコに備えましょう。そしてしっかりと勝って残留を決めちゃわないとね。
[PR]

by y_flugels | 2010-11-17 23:39 | ++FC TOKYO