【J特】 伝わらないゲーム vs 札幌戦

a0015766_012472.jpg

前節の敗戦のショックから立ち直るためにもここからのGW味スタ3連戦は3連勝して勢いに乗っておきたいところ。対戦相手はまだ今シーズン勝ち星のないコンサドーレ札幌。ここはしっかり勝ってダービーにつなげたいところです。
a0015766_015377.jpg

そういえばこの日から新グッズの発売もあったようで。ドロンパのしっぽ、このサイズはいいですね。東京マラソンの時なんかにつけるにはちょうどいいサイズ。もし出れるならこれを買ってつけて走りたい感じです。
a0015766_0165473.jpg

試合前に歌う、You'll Never Walk Alone. Jリーグではウチが本家なのでいつもより高らかに歌います。ふとバックスタンドを見ると日の丸の書かれた紙を持ったサポーターでいっぱいでした。なんか配布されていたのかな?
a0015766_0191834.jpg

試合前には黙祷。
a0015766_020327.jpg

メイン側にも”がんばろう!日本”の文字が。
a0015766_0221134.jpg

米本と平山のケガで気づけばいろいろメンバー変更を余儀なくされている状況の中、去年の教訓を生かして補強もしていると思うので、どんな戦いをするのかと思ったら、開始から前半10分までは相変わらずのグダグダな展開。パスが繋がらない、繋がっても押し上げがないので、攻撃に迫力がない、そんな時間が続きます。ただ、この日は前半10分くらいからうまくフォローに入る選手も出てきて、いいリズムでボールが運ばれているなぁという感じでした。ボールロストやカットしてもその後ろにいるフォローしている選手がさらにボールを取り戻し、攻撃、しかも押し上げているので攻撃も迫力がありポゼッションできていい感じでした。
ただ、それも徳永が接触プレーで中断するまでで、その後はまた、どうもフラストレーションがたまる試合内容でした。前半、権田が飛び出してゴールががら空きになるシーンはどきっとしました。
a0015766_030514.jpg

後半。後半に入りハーフタイムでの修正を期待したのですが、あまり修正された感じもなく、むしろ東京の運動量が落ちてくるに従い、札幌にボールを拾われるシーンが多く見られます。手詰まり感のある中、北斗、PJ投入するも効果的な交代と言えず、むしろ、ブラジル人選手がドリブルで持ちすぎてカウンターを食らうシーンも多くあり、けっこうピンチも多かったように思えます。さらにはゴール前でいつものこねくり回しが多く、シュートすら打たないプレーにスタンドのフラストレーションも上がり「シュート打て」コールが。
鳥栖戦のように相手の運動量が落ちてきたときに得点を取る、という感じでもなく、スコアレスドローで試合終了。
終了と同時にスタジアムはブーイング。比較的、選手たちに対してブーイングをしない東京サポーターでしたがさすがにこの試合は、という感じでした。
試合を見ていて勝ちたい!という気持ちもほとんど伝わってこなかったし、本気でJ1昇格を目指しているのか疑問に感じる内容でした。去年からのボールは回すけど攻撃に迫力はない、という部分も解決されておらず、正直、「去年からの上積み」で大熊監督を続投させたのですが、ここまでは全く、その効果は出ていません。
圧倒的、と言われながらここまで1勝1敗1分、勝ち点4、得点1ではお粗末すぎます。

しかも、ホームで引き分けとはいえ、相手チームに勝ちどきをあげられる、という屈辱を今年もまた味わうことになりました。J2に降格してもホームで勝てない、のは継続でしょうか?
そんなこんなで昨日の試合後は腹立たしい気分でスタジアムを後にしました。

次はダービー、ここは内容よりも結果が大事、この日みたいな試合をしていたら、許されないと思います。
次の結果次第では何らかの動きも考えないといけないのかもしれません。
[PR]

by y_flugels | 2011-05-02 00:40 | ++FC TOKYO