【J特】まだまだモヤモヤの続く vs 湘南戦

a0015766_0341287.jpg

今日の対戦相手はJ2降格組の湘南。向こうはJ2降格をしてチームの再構築にけっこう良い感じで進めているのに対し、東京は以前、方向性が見いだせない状況。試合前の開門直後はすごい暴風でテントやら売店の売り物やらが飛びまくる状況、こんな嵐の中の試合、いい意味での嵐のような波乱を期待したい試合です。
試合前には負けなしのちびっ子チアが雨の中パフォーマンス試合に臨みます。
a0015766_039892.jpg

この日は背の高い平山、高松が戦列を離脱してセザーと羽生の2トップ、実際には羽生は下がり目という感じ?そして梶山、達也、ボランチに徳永と草民、最終ラインは巧の代わりに北斗、が入る布陣。で試合開始・・・ちょっと目を離したすきに先制(苦笑)、せっかくの先制ゴールを見逃しました。
でもこの後も久々に見ていておもしろい内容のゲーム、特に初スタメンの草民がすごくいい、梶山といいコンビでパスを交換したり、下がって受けて上がってはたいてと、攻撃に流動性と躍動感を生み出していました。時に、あの”梶山”を走らせるパスは良かったですね。梶山も草民に引っ張られるように躍動感あふれるパスを連発、羽生や達也も行き、セザーも良い感じで前の方で動き回り、いいときのムービングフットボールを彷彿させる内容。守備も集中していてハードワークができていて、見ていて失点するなぁ、という前節までのいいようのない不安感から抜け出した感じの内容。追加点が欲しかったところです。
a0015766_0485051.jpg

後半。後半は湘南も修正をしてきた感じで前半に比べると東京が自由にできなくなりましたが、それでもまだ東京ペース。ただ、徐々に運動量が落ちて来だしたところからちょっとづつおかしくなりかけ、湘南に押し込まれるシーンも多かったのですが、なんとかしのぐ感じ。湘南が交代選手を入れてくる中、東京はこの日活躍していた草民に代えて谷澤を投入。湘南は坂本に代えて、中村。そしてこの交代がドンピシャ・・・同点ゴールを奪われます。このあたりの時間帯はすごく流れが悪かったし、不要なファールのリスタートからの失点ということで残念な失点。その後はどうも東京、追いつかれると急にバタバタしただして、攻撃が手詰まり状態。サイドの上がりが遅くてカウンターが機能しない、すぐに中へ中へ入ろうとしてシュートが打てない、そんな悪いときの東京の状態に戻ってなかなか得点できずイライラが募ります。大竹も入ってきたけど、使われ方も悪いし、今日の大竹のプレーだと草民に比べて期待感がなかったかなぁ。。。そんな感じで1-1の引き分け。まぁ前半は良かったので、前節の草津戦に比べると良くはなってきているけどまだまだ不満。気分的には先制して追いつかれてなんだか負けた試合のようなメンタル感でした。

それにしても試合後の大熊のコメントはあいかわらず、というか・・・。やっぱり、不信感がぬぐえないなぁ、この監督には。なんか怪我人が多い、とか他人事というか危機感がないというか・・・。
[PR]

by y_flugels | 2011-05-23 00:57 | ++FC TOKYO