【J特】またしても悶々とするドロー vs 愛媛

a0015766_21244931.jpg

年に1回の駒沢での開催日。今回の対戦相手は愛媛FCです。
前節の京都戦ではいい形で勝てているので、相性のいい駒沢で是非とも勝っておきたい相手です。
a0015766_2131862.jpg

この日のスタメンは前節の京都戦とほぼ同じメンバー。最終ラインに代表で招集されている今野に代わってノースが初スタメン。やはり、今野に比べると最終ラインからのビルドアップなどは見劣りする部分もありましたが、最初は堅さからミスが多かったものの、徐々に慣れてきた感じでした。
序盤は前節の勢いをそのままにうまくボールが回せて愛媛を圧倒、チャンスも多かったです。そして先制も東京。ここのところ好調だったソウタンが鮮やかにシュートを決めて1-0となります。ここで一気呵成と行きたいところですが、東京はどうしても先制すると急にプレーが雑になったり、流れが悪くなるのですが、この日もそんな感じでした。加えてこの日の主審の松尾が笛でプレーを止めまくるのでゲームのリズムが完全に狂った感じでした。前日、たまたまハワード・ウェブ氏などを招いてのワークショップに参加し、Automatical に笛を吹くのは良くない、という話を聞いたばかりでしたが、まさに悪い例、という感じでした。そして審判の笛と自らがリズムを崩しはじめ、徐々に流れは愛媛に。それでも、前半は何とか東京がしのいで終了。
a0015766_21524093.jpg

後半に入ると立ち上がりこそ東京がチャンスを作りましたが、ほぼ愛媛ペース。特にセカンドボールをほとんど愛媛に取られていたので、攻撃の形がなかなか作られない感じでした。交代を早く切った東京は大竹を下げて谷澤。この交代は完全に裏目でしたね・・・。大竹も後半は消えている時間は多かったですが、後半は特にそんな感じでここの交代はまぁやむを得ないかな、という感じでした。
ただ代わって入ってきた谷澤がひどかったですね。全く機能していなかった。これでますます流れは愛媛ペース。愛媛はしっかりボールを繋いで再三のチャンスを作ってきました。そして前半は再三、笛で止めていたレフリーも後半は流し気味でよく分からない感じ、イライラは募ります。
そして、なんとなくフッと気が抜けた時間帯に案の定、失点。あの時間帯はミスもすごく多く、自分たちでチャンスを潰していただけに、失点すべくして失点した感じです。みごとなループシュートでした。
その後の東京は、いつもの縦にポンとだして、という焦りにも見える大味な攻撃の連続。同点になって勝ちたい気持ちが前に出るのはいいのですが、いつも、なんか焦っているような感じの縦ぽんサッカーは得点の香りがしない。この日はナオが復帰したと言うことでスタンドの雰囲気もいい感じになり、ペナルティエリア外で倒されたときにノーファールの判定の時はスタジアムのボルテージは上がりました。この日の松尾の基準ならあれはファールではないか?と不満の残る判定でした。ナオのプレーで戦う気持ちは感じられたモノの結果は伴わず、残念な試合結果でした。
こううまくいかないのは選手のハートの問題なのか、それとも監督の能力の問題なのか?どっちなんでしょう。



a0015766_22202258.jpg

この日は愛媛FCとの対戦と言うことで愛媛からたくさんのお客様がいらっしゃいました。まずはおなじみのカエル。
a0015766_2221418.jpg

続いてはオーレ君。
a0015766_22225378.jpg

そして伊予柑太くん
a0015766_22242395.jpg

紅一点のたま媛ちゃん。
a0015766_22253056.jpg

試合前にはちょっとした寸劇が・・・。カエルの一平に一輪車に乗せてみるものの・・・
a0015766_22263831.jpg

当然のことながら転倒・・・。
a0015766_22272445.jpg

お約束の担架で運んでみるものの・・・
a0015766_22282466.jpg

カエルを落としてみたり・・・。
a0015766_22285757.jpg

自分で落ちてみたり・・・
a0015766_22292238.jpg

最後は自分で追いかける。みたいな。この寸劇とナオがみれたのがこの試合の収穫だったかな。
[PR]

by y_flugels | 2011-06-06 22:30 | ++FC TOKYO