【J特】J1復帰には逆転するメンタリティが必要 vs 栃木戦

a0015766_2139040.jpg

上位が詰まっている中、勝ち点4差で首位の東京、栃木との対戦となりました。実質、ここで勝てば突き放すことができるので是非とも勝っておきたい試合、しかし今年の栃木は好調で一時期首位につけていたこともあり侮れない相手。
a0015766_21561083.jpg

ちょうど栃木は新しいマスコットが誕生、ネーミング募集していました。これはサルなのかな?
それにしてもスコアボードが昔の三ツ沢を彷彿させる懐かしいタイプ。
a0015766_21571465.jpg

バックスタンドは2/3が栃木サポーター席、1/3がウチのサポーター席となっていました。メインは意外とガラガラだった感じ、観客動員も1万人を切っていましたね。
a0015766_21582285.jpg

栃木は初めてコレオをやったそうですが、これが黄色地に青い線を入れたコレオなのでしょうか?前にどっかの緑のチームが国立でやったしょぼいコレオとは全然良い出来です(比較するのがおかしい?)
a0015766_2224190.jpg

東京はセザーがケガで抜けてルーカスがスタメンで入った他は前節と同じメンバー。そして栃木はGKの選手が何試合だかの出場の表彰を受けていましたが、まさかその表彰でノリノリだったのか、よく止められてしまいました。
a0015766_224411.jpg

スタジアムのピッチがボコボコだったのでボールが落ち着かない感じに加えて最近、東京都当たるチームは東京のボール回し、トラップのところを狙ってくるので、どうしてもボールを受けるときに止まって受けたり、後ろ向きで受けたりとなかなか思うように動きのある流れる攻撃ができなかった展開。そんな中でも徐々にペースを掴みはじめて来た矢先に、しっかり東京対策をしてきた栃木がチャンスを。ダブルボランチの梶山と秀人のところを狙い、ボールを後ろ向きで受ける瞬間に栃木の外国人2人が後ろからかっさらってカウンターという徹底した攻撃。秀人がミスったところをしっかり決められ先制、嫌なサッカーするなぁ、という思いがよぎりました。ただ、やはりJ1復帰を目指すチームとしては十分時間はあるわけで、まずは同点、そして逆転をすべく落ち着いて戦っていきたいところ。ところが去年からほとんど、東京は先制されると逆転勝ちをしていないのです。特に降格がちらつきはじめた頃からは先制されると急に焦りだして自分たちのサッカーができなくなる、この日もそんな雰囲気を醸し出しはじめていました。前半はそんな感じで0-1で終了。
a0015766_22101497.jpg

ハーフタイム。スタジアムに着いたのがギリギリだったこともあり、なにも食べていなかったのでハーフタイムに餃子を食べて景気づけ。試合前はすごい行列でしたがハーフタイムはそんなに並んでいなかったかも。
a0015766_22231218.jpg

しっかりスタジアムの屋台で焼いているのはすごい、本格的ですね。栃木遠征で数少ない収穫(苦笑)。
a0015766_22246100.jpg

餃子1人前200円4個入りでした。味はさすがにその場で焼いているだけあって皮はカリカリでした。
a0015766_2231477.jpg

後半。後半になると東京も点を取ろうと攻撃を仕掛けてきますが、栃木もレイトタックル気味に止めてくるシーンが多く(前半もあったけど)ヒートアップ。1つのファールでサポーターもボルテージが上がったりで熱を帯びた雰囲気になってきます。幾度とあったチャンスも相手GKやゴール前に壁を作って守る栃木に防がれ、イライラも募る一方。個人的には草民がちょっと動きが悪くなってきたように感じていたのだが、交代はミスをした秀人。そしてナオを投入。そこから正直、前がかりで点を取ろう、というメッセージだと思うのですがバランスが崩れ中盤が間延びした感じになり、栃木のカウンターの格好の餌食に。なんどかひやっとするシーンが。さらに交代も秀人に代えて達也、この交代が完全に裏目。 前がかりで前に人が集まりすぎてカウンターを食らって逆に栃木に2点目が。不可解だったのは0-2になって上里を投入してバランスを取ろうとしたんだろうけど、時すでに遅し。最後は栃木の選手の足が完全に止まったところを執念で1点返して試合終了。
大事な栃木との対戦で1-2と敗れてしまいました。
ただ、見ていて、北斗が特に後半は気持ちの入ったプレーをなんどか見せてくれたのは良かったし、ナオが出てきた後の時間帯、東京にしては珍しく?メイン、バックも手拍子でゴール裏に合わせてピッチに気持ちを送ったのは今までになかった感じじゃなかったですかね?あの雰囲気をホームでもアウェイでもやり続けたいところ。あれが、選手にもっと力を与えて1-1にして。さらに2-1に持って行ければ良かったんだけど。
試合終了間際の今ちゃんのヘディングでの飛び込みも良かった。だからこそ最低でも引き分けに持ち込みたかったなぁ・・・。
気持ちは見えたけどやっぱり、結果が欲しい。特に先制された試合で逆転勝利、という結果が。

この試合に関しては、あれだけぼこぼこのピッチなのだからGKの前でバウンドするようなミドルシュートとかもっと打って欲しかった。負けているのにゴール前で横パス、横パスっていうのはちょっとね…もっと強引に行ってもいいんじゃないかと思う。
監督采配についてはもう、なにも言うまい・・・(苦笑)。今まで選手交代で流れを引き寄せた、という記憶がないのだが…。それはさておき、とりあえず、これから先、各チームとも東京対策をしてくるのだから、少しは頭を使って欲しい。セザーのケガでルーカスのスタメンだったけど、また、春先の縦ポンサッカーに戻さないか心配でならない。いや、縦ポンが悪いわけではないけど、今の選手構成が生きる戦い方をして欲しいな、と。
今日の主審はJ1でも吹いている佐藤、最初は良かったけど、試合が荒れてきてだんだん基準がなんか見ていてよく分からなくなってきました・・・。

なにはともあれ、先制されたら逆転勝ちをする、そういうメンタリティと戦い方、サポーターの後押しがないと、やはりJ1復帰は厳しいと感じた試合でした。(そういう意味で今日は勝てたら大きかったんだけどな)
いずれにしてもこれから当たってくるチームは今日の栃木のような戦いをしてくるでしょうし、そこをこじ開ける強引さなども必要なのかもしれません。個人の能力ではそれができるメンバーだと信じています。

試合後はシャトルバス。案の定、30分以上も待たされるハメに。栃木はこのまま行けば、J1昇格の可能性もあるわけですが、あの運営じゃちょっとJ1相手だと厳しいと思う。岐阜のシャトルバスよりはマシだったけど、新潟とか清水を見習ってやって欲しいところ。まして宇都宮まで歩けない距離なんだし。



a0015766_22543596.jpg

この日は野暮用があったので出遅れて上野をスタート。ちょうど宇都宮行きに乗ることができました。
a0015766_22553173.jpg

宇都宮行きの普通電車に乗って宇都宮まで一本で、試合開始にも十分間に合うのですが、宇都宮からシャトルバスというのがすごく嫌な予感がしていて(苦笑)、途中から新幹線カードを使うことにしました。
J2に来てシャトルバスほどアテにならない乗り物はない、というのを身をもって実感(苦笑)
a0015766_2314680.jpg

そんなわけで今年は来ることのない街、大宮で途中下車して新幹線カードを使います。
a0015766_2324815.jpg

大宮からはこれまた仙台、新潟、山形に行くことがないので使うことのなかったJR東日本の新幹線に乗車します。
a0015766_2334196.jpg

新幹線にはこういうシールが貼ってあるんですね。
a0015766_234949.jpg

わずか28分で宇都宮に到着。普段、18きっぷで移動する区間なのであらためて新幹線の速さを実感しました。
a0015766_2352224.jpg

試合後はせっかくなので餃子を食べて買えることに。といっても宇都宮、店閉まるのが早すぎ・・・21:00過ぎに駅に着いたときにはほとんどの店が閉まっていたので駅前のこちらの有名店で。
a0015766_2365848.jpg

やけ食いというわけではないですが2人前を・・・意外と食べられるもんですよね。その後は鈍行でのんびりと東京まで寝て帰りました。レモン牛乳は残念ながら駅のNEWDAYSではどこも完売でゲットできずでした。
[PR]

by y_flugels | 2011-08-22 23:08 | ++FC TOKYO