【J特】呪縛を解いた京都戦

a0015766_2247184.jpg

因縁の京都戦。去年、屈辱のJ2降格の道連れにされてしまった相手、J1昇格のためには、呪縛を解く必要がある、あの時の悔しさを倍返ししてやるくらいの気持ちで戦いたい相手です。
a0015766_224994.jpg

今日はローソンデー。スポンサーのローソンからはからあげクンのゆるキャラが応援に駆けつけてくれました。
a0015766_22503758.jpg

試合前に恒例の水まき。こんなにまいて大丈夫なのかな?そういえば a-nationをやった割には芝の状態は良かったです。
a0015766_22542239.jpg

この試合、出場停止に代わって入ったのは椋原。あと、ケガで出場が心配された森重も元気に出場、代表の試合で遠征していた今野も出場、結局、噂されていたノースのスタメンはありませんでした。
そんな疲れとかけがの影響もあったのかどうも安定しないディフェンス、全体的に動きが重たく京都に押される展戦いを見せてきます。この日はこの前の栃木戦よりさらに悪かったので、正直、見ていて嫌な展開、いつ点を取られてもおかしくない内容でした。先制は京都、ミスからカウンターを食らいしっかりゴールを決められてしまいました。ここ最近の東京は先制されると逆転はおろか、同点すらできない状況、すでに敗色ムードが漂います。しかも前半20分前、まだ時間はあるのですが厳しい状況でした。
この日の東京はいつもと同じく、ボールを回してリズムを作ってゴールを狙おうとするも、ゴール前にブロックを作られなかなかゴールを割れません。このままモヤモヤしたまま前半終了かと思ったら、クロスをルーカスが倒れながらもボールをシュート。当たり損ねっぽい感じでしたがそのゴールが決まって同点に。これで試合が振り出しに戻りました。先制されて追いついたのを見たのはホントひさしぶりです。同点ゴールが東京の選手に勇気を与え徐々にリズムを取り戻してきました。ボールを回しながら、それまではことごとくルーズボールなどを奪われていたのが東京がボールを取れるようになりカウンターでチャンスも作れるように。
ここで久々のスタメンに椋原が飛び出してゴール前へ。みんなの「打て!」という想いが届いたのか、そのままシュート、これがネットを揺らし逆転。プロ入り初ゴール。逆転していいリズムで前半終了。
a0015766_23242132.jpg

後半は最初から東京ペース。押せ押せの雰囲気で京都を攻め立てます。まずはCKから代表77人枠に入った森重がドンピシャヘッド、これで3-1、さらにルーカスが技ありのループ。これは一瞬、ゴールを越えてネットを揺らしたと思ったらしっかり決まっていましたね。こうなるとイケイケ、さらにFKで再びルーカス。今までは壁を越えてゴールを越えるFKのイメージがあるのですがこれをしっかり決めて5-1。
a0015766_23283884.jpg

ハットトリックです。この時、ルーカスが控え選手のところに行ったのはさすがだなぁと思いました。
その後も今ちゃんの北朝鮮戦の幻のゴールを思わせるシュートがあったり谷澤がPKをもらいに行ってPKもらえなかったりでしたが、ロスタイムに時間稼ぎすることなくカウンターを仕掛けたり攻撃の手を緩めなかったのは良かった。
a0015766_23295240.jpg

ロスタイムにはナオがすばらしい飛び出しから、後は当てるだけ、というGKをかわしたパス、これを、「サンキュー坂田」がしっかり押し込んで6-1。試合を決定づけました。
a0015766_23305737.jpg

こんな点差になったのはロアッソ戦@国立以来?ここ数試合の鬱憤を晴らしてくれるすばらしいゲームでした。試合開始当初はどうなるかと思ったんだけどね、ここでしっかり勝ち点3に得失点差も上乗せして満足な結果でした。
こうなると、次の対戦相手はまた、引いて守ってくることが予想されるのでそうなったときに、どういう風に崩すのかが課題になると思います。

いずれにしても、先制されると勝てない、という呪縛を解き放った試合、ターニングポイントになることを期待したいです。いやはや、ご満悦、今週は楽しく過ごせそうです。



a0015766_23379100.jpg

試合前にドロンパパニーニをゲットしました。メロンパンに中にチーズとハムが挟まったパン。メロンパンとパニーニを一度に楽しめる、甘みと塩味が混ざった不思議な味でした。
ちなみにこちらのパンは障がい者の施設の方が一生懸命作ったパンなんだそうです。ごちそうさまでした。
今度はドロンパのメロンパン単体でも食べてみたいな。
[PR]

by y_flugels | 2011-09-10 23:33 | ++FC TOKYO