【J特】羽生のゴラッソゴールで首位キープ vs 横浜FC

a0015766_23363983.jpg

震災の影響でなんと驚きべきことに今シーズン初対戦の横浜FCとの試合は国立で開催。個人的には今日が味スタで水曜日が国立だとすごくありがったんだけどなぁ。それはさておき、今日の試合前の待機列の運営はひどすぎでした。地下鉄の大江戸線の出入り口でしっかり待機列の動線を確保していないので割り込みし放題、あれじゃクレーム出るよ。
a0015766_23423896.jpg

この日は福島、茨城デーということで、福島・会津から赤ベコがやってきました。
a0015766_23435514.jpg

前回の国立では売店の問題があったせいか、今回はかなりのやる気、なんとガリガリ君までありました。
a0015766_2345109.jpg

横浜FCのゴール裏。チーム成績を反映してか、あんまり来ていない感じでした。でも終わってみれば2万人越え、そういえば同じ組み合わせで前節どっかのチームも国立でやったみたいですが、そこはタダ券とかばらまいて9000人強だったそうですね。
a0015766_23465162.jpg

この日、一番の目玉はなんと言っても日本の至宝といってもいい、KING KAZUのスタメン。楽しみすぎます。試合中、選手交代で退くとき、そして試合後に東京側もカズコール、カズもそれにしっかり応えてくれる、まさにリスペクトできる選手です。
a0015766_23474217.jpg

前節、どっかのチームに2-7で負けたせいかこの日は守備の意識がすごく高かったと思います。特に前からカズがチェーシングをかけてきて、なかなか東京はボールを回しながら前線まで持って行くことができない展開。時折サイドを突破しようとするも手詰まりになって後ろに下げて作り直し、というシーンが多かったです。
カズと今野のマッチアップはおもしろかったですし、やっぱり、カズのボールまたぎは敵味方を問わず拍手、盛り上がりますね。
先制はそんな苦しい展開では効果的なセットプレーから。梶山が頭で決めて1-0。これで横浜は「またか」と思ったと思います。流れは東京に傾きつつありますが、なかなか追加点が取れない時間が続きます。そうこうしているうちに今度は横浜が少しづつリズムを作り出して何度か危険なシーンも。先制点をとっていなければちょっとまずいな、という雰囲気もありました。
a0015766_2352693.jpg

後半に入って流れが変わるかと思ったのですが、一進一退の展開。前節、7失点したとは思えない集中した守備をなかなか崩せない時間が続きます。決定的なシーンも谷澤が外しまくり。さすがにゴール裏からブーイングと「枠入れろ」コールを受けてしまう始末。谷澤ってなんでむずかしくシュートを打とうとするんだろう。
嫌な時間が続きます。流れを変えようよ、大熊交代遅いよ、と思っていたら、横浜が先に動いてきます。フランサを入れてきます。これは怖い。フランサがボールを持つと何かをしてきそうで見ていて怖さを感じました。もちろんしっかり今野、森重がマークしていますが、オーラが出ていました。
硬直状態を何とかしろよ、と思っていたらようやく、後半はイマイチかみ合っていなかった草民からナオへ。一気に攻撃へのギア、そして、坂田にゴールを決めさせたようにこの日もサイドを駆け上がり羽生へ。これを羽生がしっかり決めて2-0、さらに今度はルーカスがつぶれて羽生が後ろからどーん、と3-0。スタジアムは興奮MAX。エンドレスで羽生コールの国立、2つともまさにゴラッソでした。
残り時間も東京は攻め続けるものの結局、点が入らずゲームセット。
a0015766_23591273.jpg

どっかのチームが7点取っていたし、東京ももっと点を取れた試合でしたが3-0、無失点で終えたのは良かったですね。久々のスタメンの権田、ミスキック多かったのは(それも危ないミスキック)ちょっと減点だったな。
もっとやれると思うのでがんばって欲しいなぁ。
a0015766_011195.jpg

この日誕生日の徳永と前の日誕生日の梶山にハッピーバースデーソングで祝福。
そういえばこの日、今ちゃんが妙に子供たちのところに駆け寄ってファンサービスしたり、すごかったなぁ。なんかあったのかな?
さて、中2日で北九州戦、そしてさらに中3日で徳島戦とここが勝負所。首位固めをしっかりして欲しいものです。
[PR]

by y_flugels | 2011-09-26 00:03 | ++FC TOKYO