【J特】ベスメン規定を遵守して2回戦突破 vs FC KAGOSHIMA

a0015766_13404529.jpg

今年はJ2なのでタイトルはJ2優勝と天皇杯のみ狙えます。そして天皇杯を優勝すると来年はACL出場権をゲット、J2の東京としてはACLに出るためには「カップ」を奪い取るしかないそんなカップ戦。東京として初戦の対戦相手はFC KAGOSHIMA(以下、鹿児島)。鹿児島でJを目指しているチームと言えばヴォルカ鹿児島の方は知っていましたが、こちらのチームは初めて見るチームです。
a0015766_13432173.jpg

FC鹿児島のゴール裏。最前列に赤い着ぐるみがいました。頭の上に黄色の物体が乗っていてなんだろう?と思ったら桜島と噴煙をイメージしているのだとか。さくらじまん、というのだそうです。頭の上の黄色いのは排泄物ではなかったようです。(みんなそう思っていたという声がG裏から多数あり)ただ、もしJを目指すならもう少しサポーター来て欲しかったなぁ。
a0015766_13454637.jpg

東京はてっきりターンオーバーでメンバーを落としてくるのかと思いきや、一週間空くこともあり、ほぼベストメンバーを入れてきました。できればCBを徳永でなくノースや柳楽を試しても良かったのでは?とは思いました。
塩田が復帰し、セザーもベンチ入りで完全にガチメンバーでした。
前半から東京がやや押し気味に試合を進めるも鹿児島の方もしっかり集中してゴール前に人数を集めて守っているのでなかなか守備を破れない、そんな感じでした。J2でもよく見るどん引き守備でした。それで、パスをカットすると一気に1トップに預けてカウンター、地域リーグなのでJ2が2部とすると4部チームにしては、しっかり意思統一のできたサッカーができていました。なんどか危ないシーンもありましたが、最後の所の精度が悪く助かったシーンも。そんな中、先制は東京。公式戦ではなかなかシュートを決められない谷澤が決めて先制。とりあえず、「やらかし」はまずいので一安心。その後もサイドから北斗が絶妙なクロス、これを森重が「あそこまで上がっていたのか?」という感じでドンピシャヘッド。2-0で前半折り返し。それにしてもPKでルーカスが止められましたが、ルーカス、ちょっと油断した感じのキックでした。嫌な流れだっただけに2-0で終わったことは大きいです。
a0015766_1354277.jpg

後半になり、鹿児島も疲れが出てスペースもでき東京ペースになるかと思いきや、しっかり集中していてなかなか守備の綻びが見られない感じで時間が過ぎていきます。そうなるとやはり力業で守備を切り裂くしかない、ということで、ナオ、坂田といつもの交代をします。最初はなかなかナオにボールが入らなかったですが、徐々にナオにボールが入るようになると東京のリズム。そしてこの日もナオが起点になってルーカスがしっかり頭で決めて3-0。さらにルーカスからセザーを入れてまだまだ点を取りに行きます。セザーは試合勘が鈍っていたのかちょっとボールが足につかなかったり、持ち過ぎだったり・・・でも最後は坂田のクロスからまたまた谷澤が抑えたシュートで4-0。これで勝負ありでした。
守備をがっちり固められながらも4-0で勝ったのはこれから待ち受けるJ2の戦いでもいいイメージができたと思います。
鹿児島も格下とは言え、なんどかチャンスもあり、そこを決められれば、というシーンもあっただけに健闘したと思います。
a0015766_13591453.jpg

試合後に地域リーグチームらしく東京のベンチ前に挨拶をしに行ったところで、東京ゴール裏から「かっごしま!」コール。それに応えるように東京のゴール裏まで挨拶に来てくれました。この試合の戦いぶりへの賞賛も混じって割れんばかりの拍手でした。

でもこの試合の一番の見どころはこの日、アシストのクロス以外ちょっと精彩を欠いていた北斗がシュートチャンスを相手DFに阻まれてCKに外したときにゴール裏が大ブーイング。それをCKを蹴りに行くナオがゴール裏に向かって「まぁまぁ」と抑えるジェスチャー、それに応じて静まりかえるゴール裏→ナオコールでしたね。さすが、ナオです。
[PR]

by y_flugels | 2011-10-09 14:12 | ++FC TOKYO