【J特】終了間際の起死回生の一発 vs 横浜FC

a0015766_20513764.jpg

J2も佳境に入ってきて先日の岡山戦から怒濤の中2~3日の連戦。気づけばアウェイゴール裏にこんな立派なビジョンができていて驚きました。
a0015766_21191326.jpg

それにしても三ツ沢はいいですね。練習の様子もこの通り間近で見ることができます。サッカー専用スタジアムの醍醐味はまさにこれですね。
a0015766_21205286.jpg

試合前のスタメン発表。スタメン発表前に映像が流れました。横浜FCの苦悩?を語った動画。思わずアウェイ側の東京サポーターも見入ってしまいました。
a0015766_21292638.jpg

ホーム横浜FCゴール裏。岐阜戦では応援ボイコットをしたそうですが、この日は応援ありました。そしてホーム側のゴール裏にあったスコアボードはすっかりなくなっていました。
a0015766_2132451.jpg

この日はFC東京側の座席は完売でしたが横浜FC側は当日券もあったようです。この日の東京のスタメンは前節と変更なし。ただ、次節は昇格争いで上位となる鳥栖戦を控えているだけにカード3枚の森重、今野にイエローが出ないことを祈るばかりです。横浜はカズが再びスタメンでした。
a0015766_2141732.jpg

前半はお互い様子を窺いながらの立ち上がりでしたが徐々に東京が普段通りパスを回しながらリズムを作っていこうとします。ただ、この日は横浜の選手も気持ちが入っていたのか、集中して守備をしていたこともあり、なかなか東京のいいシーンが生まれませんでした。カズと今野とのマッチアップも見応えがありました。
この試合に限らずですが、ルーカスが完全にマークされているので空中戦ではけっこう、競り負けているシーンが多かった様に感じました。また、全体的に引き気味に守られているので裏に抜け出す動きなどもなかなかできないそんな感じでした。それに加えてこの日の主審の福島がファールの判定がかなりぶれていて、見ていてイライラしました。横浜の選手もファール基準がぶれているのをいいことに、何人かの選手は気持ちの入ったプレーとラフプレーをはき違えたプレーをする選手もいて、フラストレーションが溜まりました。
前半終了間際には横浜のベンチ前でいざこざがありレフリーが横浜ベンチをうまく押さえられていなかったので、スタジアムは騒然とした雰囲気。もっともそういう方がゴール裏のテンションに火がついていいんですけどね。
a0015766_21462997.jpg

そしてやっぱりこの日もこの人、オーラが出まくっていましたね。前にも書いたように今野、後半は梶山と激しいマッチアップ。あの梶山を本気にさせるくらいの競り合い、そんな梶山の気持ちを引き出してくれたカズはさすがです。
a0015766_21503111.jpg

ハーフタイムにはピンクリボンと言うことでピンクのTシャツを着た女性がスタジアムを周回。
a0015766_2152893.jpg

そしてフリ丸。
a0015766_21524542.jpg

後半。さらに試合は激しさを増し、スタジアムのボルテージはかなり上がっていました。ファールも多くファールの判定に思わず一喜一憂。カードの基準もよく分からず、「なんで今のがノーカード?」とか「さっきのがカードで?」とかかなり熱くなってしまいました。ただ最後のところで両チームとも集中して守っていたのでなかなか点が入りません。東京はナオを入れて打開を図りますがさらにセザーを投入。ただ正直、セザーは春先のダメなセザーに戻っちゃったなぁ。強引に突破しようとして周りを使わずに独りよがりのプレー→ボール取られる、というシーンも多くなかなか得点のにおいがしません。さらに、永里を投入するもこの投入も正直、自分には意図が分からなかったです。横浜も交代がイマイチ、特に終了近くの時間帯は東京の選手もだいぶ足が止まっていただけに、あそこでフランサが出てきたら怖いなぁと思っていたら、フランサは出てこなくて正直助かったと思いました。
そして、最高の瞬間がやってきます。ロスタイムに入りCKが続くも横浜がゴール前を固めてきてこじ開けるのは難しい感じ、これがラストチャンスか?と思ったときに徳永から放り込まれたボールを、ナオがダイレクトでボレー!これがゴール片隅に決まり1-0。この瞬間、はっきり言って自分、頭が真っ白になりました。ゴールへのプロセス、全て記憶がぶっ飛びました。
気づいたらゴール裏でダイビングして雪崩れていました。サッカー専用スタジアムなんでゴールの喜びがいつも以上に感じられますよね。
その後は選手全員、そして東京サポーター全員でナオのお子さんの誕生祝ってゆりかご。試合終了までナオのチャントとゆりかごでナオを祝福。
a0015766_2201572.jpg

とにかく厳しい試合でした。横浜もすごく集中していてこの試合を見る限る気持ちが伝わってくるプレーでした。そんな中でゴールをこじ開けての勝利、うれしさは倍増です。
a0015766_22130100.jpg

この試合のヒーローはこの人。やっぱり持っているというか、2009年の絶好調いや平常心だったころを彷彿させるキレが戻ってきた感じです。あそこで決めてしまうあたり、さすがナオです。

これでこの日、2位札幌が負け、鳥栖が勝ったもののそれ以下のチームが軒並み敗れたため、東京と2位のチームとの勝ち点の差は7に。これは大きい勝利だと思います。

そしていよいよ次節はアウェイで鳥栖との直接対決。ここでしっかり勝って昇格に向けて突き進んでいきたいです。ただ、今日の内容ではちょっと苦戦するかもしれませんので、しっかり修正して欲しいです。

それにしてもサッカー専用スタジアムであの起死回生のゴール、生観戦の醍醐味、まさに実感です。
これだから生観戦はやめられません。気持ちよすぎました。厳しい試合だからこそ喜びも倍増です・
[PR]

by y_flugels | 2011-10-20 22:06 | ++FC TOKYO