【J特】最後の扉を開ける2発 vs 湘南

a0015766_23101562.jpg

残りJ2も5試合となり、1部上場(現地組のみ分かるネタw)のためには1試合も気を緩めることができない戦いが続きます。この日は2010年J2降格組の湘南、”暴れん坊将軍”反町率いるベルマーレです。いつの間にこんなきれいなスコアボードができたのでしょう?
a0015766_23154015.jpg

この試合は今野が代表、さらには梶山、高橋が累積で出場停止、という非常事態。ダブルボランチとセンターバックを欠くという厳しい状況に加え、前日練習でセットプレーの接触プレーから徳永が負傷でこの日は欠場、実にスタメンの4人を欠く状況でした。代わりにCBにはノース、SBには中村北斗、ダブルボランチに羽生を下げて、下田を初スタメン、さらに、羽生の位置に石川を今季初スタメンに起用するという布陣で臨みました。
東京のゴール裏は満員なのにホーム湘南のゴール裏は半分が空いている状況でした。
a0015766_23254680.jpg

平塚はあいにくの雨模様でした。試合開始から前半はけっこう降っていましたが、後半は雨が止んで助かりました。
a0015766_23291087.jpg

今日は18番、ナオがキャプテンでした。これもある意味熱かったですね。
a0015766_2330389.jpg

前半はどちらかというと湘南のペース。カウンターから何度かチャンスを作られ危ないシーンがけっこうありました。森重が孤軍奮闘して体を張ったプレーで何とか凌いでいる、という感じでした。ノースは悪くはなかったけど、連携面でちょっと不安な部分もあったり、ビルドアップのボール回しには加えてもらえず守備専念、という感じでした。
ピッチが滑りやすいことに加え不安定なジャッジにも悩まされなかなかリズムがつかめない展開、不可解なカードもあり嫌な感じで時間が進みます。谷澤のカードも不可解な感じでした。
結局、前半は0-0で折り返しです。既に2位の鳥栖は勝っていることもあり、勝ち点を縮めさせないためにも勝ちたいところです。
a0015766_23534044.jpg

後半。スタジアムは霧っぽい霞が出てきました。ハーフタイムにもっとボールに激しく行く、という指示が出たのか、前半に比べてボールに厳しく行くというのが伝わってきました。前半はルーズボールをけっこう湘南に取られていたのですが、後半はだいぶ、東京も取れるようになりました。ボールも少しづつ回せるようになったのですが、湘南はミスを狙ってカウンターという攻撃だったので、何度かピンチもありましたがシュートが枠を外しまくりで助かりました。そういえばGKで権田のキックがことごとくタッチラインを割っていたのはちょっと気になりました。
東京は今日、けっこう頑張っていた草民に代えてセザーを投入。今日もあいかわらず、ルーカスは献身的にボールを追っていたのにセザーはトップの位置でトロトロプレーをしていたので「今日もいつも通りのダメダメプレーか」と思っていたら谷澤がゴール前で粘ってあげたところを頭で飛び込んできたのはセザー。久々のゴールです。その前もドリブルで強引に行こうとして止められたりで「?」だっただけに嬉しいゴールでした。
ここで盛り上がった、ところ、だったのですが、東京の選手が倒されて痛がっているところをそのまま湘南がプレー続行、ちょっと集中が切れたところで、ペナルティエリアでPKを取られますが、あまりに不可解なPKの判定。選手は猛抗議。自分的にもこのPKはその前のウチの選手が倒されたところも含め、不満の残るジャッジでした。これを決められ1-1に。こうなると、負けられない気持ちがゴール裏を熱くさせピッチに気持ちを送ります。これに前の大分戦でのスタメンでは不出来だった北斗が倒されても立ち上がって強引にサイドを突破する気持ちの見せるプレーを見せてさらに、サイドから倒されながらも中央へ、それをセザーがまたまた決めて2-1に。ゴール裏は大興奮。ここのところプレーの出来の悪さから叩かれてきたセザーと北斗の活躍で逆転ですから盛り上がらない訳がない。こうなると後は勝たせるために選手を鼓舞していきます。
a0015766_095718.jpg

2-1になったことで湘南の選手にもミスが目立ちはじめ、東京が逃げ切りモード。最後はボールをしっかりキープして試合終了。スタメンの不在だったり、不可解なジャッジだったり、ここのところいい形でなかなか勝てていなかったりでプレッシャーもあったと思いますが、こういう内容でもしっかり勝てたのは大きいと思います。
これで、残り試合は4試合となりましたが、次節、
1、東京が勝ち
2、徳島、札幌のどちらか一方が引き分け以下
でJ1昇格が決まります。ちなみに対戦相手は水戸。水戸と言えば、「おくりみと」と言われるくらいJ1昇格の立ち会いをされているチーム、さてホームで昇格を決めることができるのでしょうか。(ただ監督が熱血 柱谷なんだよね~)ただ、今季の影のMVPの今ちゃん(代表)とモリゲ(出場停止)で不在なのが残念なところでもありますが。。。

試合後の反町監督の談話
「今日のように、ほんとうに白熱して緊張感のあるなかで、そういうふうにしてはいけないと十分わかっていても、やはりどこかで心の甘えやレフェリーに頼ってしまう、はっきりしたプレーができないといったところに象徴されている部分はちょっとある。」
これは東京も肝に銘じておきたいところではあると思いました。



a0015766_020514.jpg

充実の平塚のスタグル、開門前にTwitter情報で「しらす丼」を食い尽くした、という情報があったのでまずはこちらから。
a0015766_021138.jpg

スープカレー650円。辛さが選べたりチキン、ポーク、ベジタブルなど味が選べるのも良かったです。
a0015766_0232086.jpg

続いてピザ。ちゃんとその場で焼いていました。ただ発電機の調子が悪く、なんどもオーブンが落ちてしまうということでちょっと時間がかかってしまいました。
a0015766_0291367.jpg

こちらはかなりスナック感覚で食べられる薄いピザでしたができたてでおいしかったです。
[PR]

by y_flugels | 2011-11-07 00:17 | ++FC TOKYO