【J特】J1復帰目前、前夜祭のホームゲーム vs 水戸

a0015766_22241077.jpg

J2も残り4試合。FC東京の試合は16:00からで2位以下の鳥栖、徳島、札幌の試合は13:00から。この試合で鳥栖が負けもしくは徳島or札幌のどちらかが引き分け以下で、この試合、東京が勝つとJ1復帰が決まるという状況でしたが、残念ながら、鳥栖は愛媛に引き分け、徳島、札幌はそれぞれ勝ち、ということでこの日のJ1復帰はなくなりましたが、とはいえ、しっかり気を緩めることなく勝っておきたいところです。
a0015766_22421421.jpg

スタメンは日本代表で前日にゴールを決めた今野、そして、CBは累積で森重が出場停止ということで、CBが二人とも居ない、という緊急事態でしたが、徳永をCBにして、さらに前節に続いてノースがスタメン、また今日は草民がリザーブでナオがスタメンというちょっと変化をつけて来ました。
選手達はそんなことはなかったと思いますがサポーターは今日のJ1復帰がなくなったと言うことで試合開始直後はちょっといつもよりパワーが足りなかったと思います。それがピッチにも波及してしまったのか、どうもうまくリズムがつかめず、また水戸の激しいハードワーク、監督が柱谷なんでそのあたりもあるのでしょうか、前からのプレスにも手こずり、パスコースがなかなかなく、手詰まりな感じでした。特に最終ラインと前との間が距離があるせいかそこを狙われてカウンターというシーンも見られました。前半終了近くにチャンスもありましたが、前半は0-0で終わって良し、という感じの内容でした。(逆に点の予感もあまりしませんでした)
あとこの試合も北斗は攻撃面ではいい働きをしていましたね。なんだろう、猪突猛進という言葉がぴったりな働きでした。徳永も相手選手を吹き飛ばして守ったりフィジカルの差を見せてくれましたが、椋原がちょっと弱いなぁ、というシーンも見受けられ個人的には不満。サイドバックだったらもう少し強さも見せて欲しいなあ。
それにしても、この日の主審の井上知大という初めて見る人でしたが、ファールの基準がばらばらで見ていてイライラしました。カードの基準はぶれてなかったけど、ファールの基準がちょっとひどかったです。
a0015766_22525247.jpg

後半。ハーフタイムに修正をしてきたと思いますが、すこし攻撃がリズムを作れるようになりました。そして開始早々の4分のCK、これを秀人が走り込んでファーへたたき込んで先制。これはCKからのゴールのお手本のようなゴールでした。これで「今日はJ1復帰がない」という妙に重苦しい空気も一気に興奮状態で爆発した感じでスタジアムの雰囲気はイケイケモード。選手達も水戸の選手が少しづつ疲れてきてスペースができたこともありますが、リズムよく攻撃をするようになりました。
そして圧巻だったのは途中から入ったセザー。カウンターから一旦ルーカスが溜めて、裏にパスを出すと、セザーがトップスピードでボールに追いつき、そのままシュート、これが角度のないところからグサッとポストとGKの間を抜けてゴール。スタジアムの興奮は最高潮に。まさに興奮の坩堝へ。久々に「なんてたって東京!」もやっちゃいました。
これで、ほぼJ1復帰が決まった形になり、スタジアムでは次節の試合会場、鳥銀バードスタジアムへみんなで行こう的なチャント「♪鳥取~鳥取~東京から車で12時間~」の大合唱。
a0015766_2342031.jpg

水戸のサポーターも声出ていましたが、こういう展開なので完全にホームの東京に飲まれた感じになってしまいましたね。
a0015766_237528.jpg

この日もキャプテンはナオでしたが、途中で交代。前回はそのままつけたままベンチに下がってしまいましたが、今日はしっかり北斗に渡して交代。なんでも「権田に」と言ったらしいのですが、秀人がつけていました。いや、秀人、将来の東京のキャプテン候補だと思うし、似合っていたと思うんだけどなぁ・・・。本人は「いじらないでください」といやがっていましたが。
a0015766_2351023.jpg

結局、2-0で勝利、内容的にはまだまだ、快勝かと言われると押し込まれている時間帯もあったので、そう言い切れない部分もありましたが、CBが二人いない中で無失点で終わったのは大きかったと思います。
これで、次節、東京が引き分け以上で現在4位の札幌が次節勝っても勝ち点差が7になります。
残り試合が次節終了時点で2となり最大で得られる勝ち点が6なので、自力でのJ1復帰が決まります。
さらに、次節、東京が勝って、日曜日の試合で鳥栖が引き分け以下だと、東京が勝ち(鳥栖が負けの場合には引き分けでもOK)で勝ち点差がこれまた7となるので、優勝も決まってしまうと言う状況になります。(でもそれはちょっと切ない・・・でもそうなると、今度は鳥栖の昇格も危うくなってきます・・・)
長いようで短かったJ2での戦いもそろそろ卒業を迎えることになりそうです。そういえば、来年はまた、東京ダービーができないのか・・・残念だなあ(棒読み)

この日は今年からスポンサーになっていただいた東京都民銀行様のイベントデー。来場者プレゼントで15000人にタオルマフラーが配られたり、頭取自ら来場いただいたりと至れり尽くせりでした。
それにしても、この試合で昇格が決まればスポンサー的にも良かったんだけどな。でもスポンサーに2万2000人の観衆を集め、あれだけの盛り上がりを見せられたので良かったんじゃないかと思います。ぜひ、来年は胸か背中スポンサーをお願いしたいですね。



a0015766_23193913.jpg

これはアウェイで特に今年はJ2の各チームがフードコートでおもてなしをしてくださったのですが、それに引き替え、我がFC東京のホームの食事情がPoor ということもあったのでしょうか(笑)、ようやく実現した企画です。
しかしながら結果的には自分たちのホームのイベントすら蝗モードを発動するという結果に。
a0015766_23215766.jpg

開始は試合開始の5時間前の11:00でしたが既にたくさんの人で一杯でした。
a0015766_232245100.jpg

なににしようか悩みましたが、列がそんなに長くなく、またお昼なので軽めに、ということでまずは小平うどんに挑戦。
a0015766_23232976.jpg

大と小があり小で300gのうどん700円でしたが、意外にボリュームがあったのと、肉つけ汁がおいしかったです。うどんもコシがあってまさかこんなのが食べられるとは思いませんでした。小平うどん、侮れません。
a0015766_2325199.jpg

地元に工場があるホッピーさんも出展。ぜひ、ウチのスポンサーになって欲しいなぁ。工場からホッピーの樽を持参でお越しいただきました。
a0015766_23274076.jpg

昼間から飲んでしまいました。しかしホッピーはビールが苦手な自分でも飲みやすいので好きですね。
a0015766_23292169.jpg

続いては東村山のご当地グルメ、東村山黒焼きそばです。これはこちらのサイトに詳しく説明がありますが、秘伝の「イカすみ」と、幻のうま味酒と言われる鹿児島特産の「黒酒」、さらに様々な香辛料をブレンドした香り高いソースを効かした焼きそばなんだそうです。
a0015766_23312051.jpg

確かにピリ辛でお酒と一緒に食べるとちょうどいい辛さでした。残念ながらお昼の部はこれで満腹になってしまったので打ち止めです。
a0015766_23321963.jpg

さて、会場ではイベントも行われていました。そのイベント待ちのドロンパ。
a0015766_2333729.jpg

MXテレビで放映中の『FC東京魂』の青赤横丁版。オフレコでの30分のトークショーが行われました。土屋礼央、ジョナサン、渡辺一平にゆってぃの代理のドロンパです。
a0015766_23344317.jpg

試合後にも青赤横丁に行って来ました。この日出番のなかった塩田と森重のトークショー(短かったけど)ありました。そのあと、社長と権田のもあったらしいですが、それは見そびれました。
a0015766_23355744.jpg

さすがに開門前にいくつかのお店で完売が出ていたという情報もあり、夜の部ではほとんどのお店が売り切れでしたがなんとか開いているお店で買うことができました。
a0015766_23365680.jpg

深川めし。汁がしみこんでおじやのような感じでおいしくいただきました。

また、来年もやって欲しいイベントですね。
[PR]

by y_flugels | 2011-11-13 23:37 | ++FC TOKYO