【J特】壁を突破し俺たちの国立へ vs C大阪

a0015766_06093.jpg

天皇杯準決勝は大阪長居スタジアムでの開催。今年はJ2、去年は金鳥スタジアムでセレッソと対決したので久々の長居での試合になりました。
a0015766_075071.jpg

対戦相手はセレッソ大阪、今年は順位こそ2桁ですが得点67は名古屋と並んでリーグ2位タイ。特に清武は要注意の攻撃陣です。
a0015766_010926.jpg

試合前にお昼ご飯はカレー。ホーム側のカレーでしたが、わざわざセレッソのサポーターも並んでいたのは有名なんでしょうか。
a0015766_0152795.jpg

カレーは普通のカレーでしたがみんなが食べているカツカレーにすれば良かったかな?
a0015766_0162038.jpg

なんとも粋な計らいです(ウソ)。
a0015766_0194077.jpg

試合前のちょっとしたハプニング。大阪府サッカー協会なのか長居スタジアムなのかがチョンボをして天皇杯なのにセレッソカラーのゴールネットをセットし、急遽、取り外しに。それにしても試合開始30分前くらいまでこんな状態だったのはちょっと段取り悪かったんじゃないかな?と思ったり。レギュレーション知らなかったことはないよね?
a0015766_0214147.jpg

今日は天皇杯なのでウチがトーナメント表に従いホーム扱いに。まぁわざわざ東京から行ったんでそれくらいの優遇はないと(笑)試合中ずっと日なたで助かりました。むしろ暑かった感じ。そんなわけでこの日も「暑い」コールから「夏だ夏だ尖ろう~」で始まり。大阪のゴール裏が茂庭や大竹コールで煽ってきたけど「借りパク禁止」コールで応酬、余裕を見せます。
そしてスタメン発表・・・主審は試合前に「家本じゃね?」と言ってたら消去法でやっぱり家本でした。
a0015766_0312581.jpg

前半。さすがに相手はJ1屈指の攻撃を誇るセレッソ、ちょっとした隙を突かれて決定的シーンを作られかけますが、今野を中心にしっかり集中した守備で攻撃の目を摘みます。本当に危ないと思ったのは2~3回くらいだったんじゃないかな。徳永も負けてなかったし、森重も去年の金鳥でのリベンジを果たすべくすばらしいプレーでした。清武と今野のマッチアップは見応えありました。攻撃はルーカスとモニのガチ対決はおもしろかったですが、その周りの選手が動き回ってチャンスを作っていきました。決定的チャンスもありましたが、相手GKのファインセーブにこれまた2回か3回は止められてしまいました。
ただ前半を見る限り、悪くない内容、という感じで終了しました。前半の今野のゴールとか入ったら良かったんだけどね。
この日の家本はイングランドに研修に何回か行っているせいか、流し目のジャッジでしたね。倒れてもファイトさせる、ケガが怖かったですが試合が止まらなかったのは良かったんじゃないかな?ただ、秀人がファールをもらって家本が秀人に詰め寄ったときは「頼む、カードやめて」と願ってしまいました。
a0015766_03810100.jpg

後半。」後半の立ち上がりは東京ペースでしたが、徐々に運動量が落ちてきて中盤が空いてくるとそこをセレッソの攻撃陣が攻めてきて徐々に流れがセレッソに。特に白い頭の選手(村田)が入ってきてからは村田にいいように切り裂かれていた感じで嫌な流れ。ただ、この日の東京は守備が集中していて特に権田が前日、発熱したとは思えないキレのある動きでセレッソにゴールを割らせません。東京も攻撃の流れは悪くないのでなかなか交代もせずに我慢して攻め続ける時間が続きます。我慢比べになるなぁと思っていたら、ルーカスの落としを谷澤がシュート、普段なら枠に行かずにゴールを越えるのですが、なんとびっくり、バーに当たって入ってしまいました。その瞬間、なんとも言えない声とともに雪崩れ、一気に爆発しました。
この日は久々に遠方アウェイで人も少なかったけど声が出ていたのですが、この後は声出しまくって選手をサポート。羽生、ナオを交代したのも予定通りでしたが谷澤が足を攣っての交代、下田が出てきたのはびっくりしましたが、この日も梶山が「やればできる」モードで運動量がすごくて後半落ちてきたから、谷澤の所に梶山をあげてボランチに下田、という感じだったのでしょう。後は辛抱強く守るだけ、と思ったら、セットプレーでドンピシャ!やられた!と頭を抱えてしまったのですが、なぜかその後、主審がノーゴールの判定、しかもセレッソの選手とウチの選手がもめてる・・・なにがあったのかと思ったら・・・モロハンドだったんですね。
こっちサイドでは全く見えず、「家本ナイスジャッジ」だったんですが、写真を見たらあからさま、マラドーナの神の手張りでしたね。
でも、これで助かりました。1-0。後は逃げ切るだけ、ロスタイム4分と出たときも不思議と失点のイメージはありませんでした。去年までだったら間違いなくあのセットプレーはハンドでなく頭でしっかり合わせれて同点、がたっと来て気づいたら1-2で負けていたと思います。
a0015766_0563139.jpg

そしてついにこの瞬間がやってきました。1-0でセレッソに勝利、チーム初の決勝進出です。」
終わった瞬間、去年のこともあって思わず目頭が熱くなってしまいました。しかし、今日の試合、戦前から負けるイメージがなかったのですが、しっかり勝つことができて良かったです。
こうなると、「もーいくつ寝ると、お正月~お正月には国立で青赤軍団荒れ狂う~早く来い来いお正月!」に始まり「国立~国立~俺たちの国立~」と大合唱。
さらには「J1なんてラララ~ラララ~ラ」と歌いまくり。この時点では結果は出ていませんでしたが、京都の決勝進出の可能性もありましたからね。
ただ一つ言えることは、カウンターの精度がセレッソの方が上でしたが、カウンターのスピードはJ2のチームでも今日のセレッソより早いチームはありましたし、なにより、1点取ったら絶対に取られないという気持ちを鍛えてくれたのは間違いなく今年のJ2、そして勝ち癖をJ2でつけられたのも大きいですね。要は勝って終わるメンタリティをJ2でしっかり鍛え上げたのがこの日の結果だと思います。
a0015766_112625.jpg

この選手達と戦えるのもあと1試合。
対戦相手は京都に決まりました。史上初のJ2対決。一つ言えることは今年のJ2は厳しいリーグでした。特に対ウチの時にはどのチームも特に勝って一泡吹かせようと向かってきたので厳しい戦いが多かったです。そういう意味で、この天皇杯決勝はJ2の16チームの為にもいい試合を見せて欲しいです。
そしてなにより、相手が京都、という因縁。思えば去年の12月、J2降格をさせられてしまった試合は西京極での京都戦でした。あの屈辱的な想いをさせられた相手、しっかり借りを倍返しして、J1に戻らなくてはなりません。今の京都は状態がいいですが、去年の悔しさをぶつけるためにもぜひ、俺たちの国立で天皇杯を掲げるしかないでしょう!
a0015766_155487.jpg

しかしまさか、この人が決めるとはねぇ・・・(笑)
[PR]

by y_flugels | 2011-12-31 01:07 | ++FC TOKYO