【J特】まさにナショナルダービー vs 浦和戦

a0015766_22351919.jpg

J1復帰して自分的には一番「負けられない」カードとなった浦和戦。数々の因縁、サポーター同士の軋轢、そして今年は監督同士の確執も加わり、まさに「ナショナルダービー」にふさわしい対戦となりました。
a0015766_2301658.jpg

そして今年の浦和サポーターさんはどんな煽りをしてくるのかとちょっぴり楽しみにしていましたが、う~ん、正直、拍子抜け。もう少しユーモアのセンスが欲しかったところ。あと、もう少しうまく書いてほしい・・・。
今年もYou'll Never Walk Aloneを謳っているときに Walk Alone Forever の横断幕はお約束で掲げられましたね。
それにしてもさすがに昔に比べて集客もパワーも少し落ちたような感じがしました。
a0015766_2354873.jpg

試合開始から両チームのサッカーがぶつかり合う緊迫した展開。サポーターの声もずっと響いていて独特の雰囲気でした。浦和は後ろでしっかり守ってカウンター、特に前半はマルシオ・リシャルデス、後半は柏木が縦横無尽に走って何度か決定的シーンを作られました。
東京も前半にはナオのシュートがポスト、こぼれ球を秀人、そして、こぼれ球を、と打ったのですが入らなかったり。そしてこの日も決定的シーンは権田がしっかりセーブ。ここのところの権田の神がかったセーブが多いのは五輪に向けてかなり集中力も高まりつつあると言うことでしょうか。
気になったのはヒョンスのところ。守備は悪くないんだけど、攻撃ではどうしてもそこがブレーキになってしまう。なので、せっかくワイドに相手の守備を広げてもチャンスがつぶれてしまっている印象でした。
a0015766_23212120.jpg

前半は0-0。やはり後半勝負、と言う感じでしょうか。ハーフタイムにアウェイゴール裏に行ったドロンパにブーイングを食らわせる浦和サポーターさすがです。
後半に入り徐々に東京が相手のプレスも弱くなってきたこともありチャンスを作り始めますが、そうなるとなおさら、ヒョンスのところの上がりの遅さが目立ち始めます。後半は浦和は運動量も落ちてきたこともありチャンスはあまり多くなかったように感じました。東京は徳永がサイドを上がり出したりしたことで、チャンスも作れるようになりました。ただ、パスミスも多く、そこを取られてカウンターを食らいかけるシーンも多かったです。一発バーに当てられたシーンは、やられた!と思いました。
ルーカスや千真の運動量が落ちてきてなかなかうまくボールが回らなくなってきたので、そろそろ交代か?と思ったのですが、この日はなかなか交代をしません。浦和は選手が足を攣ったりしたシーンもあり、(ポポ曰く「ACL出ていないのに」と言っていましたが)先に交代。東京は動きません。動きにくいのか?
ようやく千真に代えて谷澤になったときに試合が動きます。この時間帯、かなり激しく動いていた柏木を起点に崩されてゴール、これが決まって浦和が先制。去年の天皇杯で勝ったものの「やはり、浦和との相性の悪さはあるのか?」というのがよぎりましたが、それ以上に「浦和だけには負けられない!」そんな気持ちで、歌い続けます。そしてCK。ここでサポーターのボルテージも上がってきました。ナオがアウトにかけたボールが東京の選手に当たってスローモーションでゴールに!同点ゴール!取られたら取り返す、まさに「東京なめるなよ」状態。こうなるとスタジアムの雰囲気はまさに爆発寸前、ロスタイムに逆転するぞ!そんな雰囲気で応援を続けます、が、最後のところでまたしても決定的チャンスが外れて、そのままゲームセット。
試合後は自然と両チームのサポーターから拍手がわき起こりました。
a0015766_2352996.jpg

東京としては勝てた試合だったと思いますが、浦和も同じだったと思います。そういう意味では引き分けという結果は両者痛み分け、という感じだったでしょうか。雰囲気や結果などそしてそこに至る過程、まさにダービーにふさわしい内容でした。次はアウェイでの対戦、ここでは是非勝っておきたいところ。今日のような雰囲気で試合ができるといいなぁ。
そういえば試合中にポポと槇野が一言二言、給水の時に言葉を交わしていたのが笑いました。
a0015766_2359581.jpg

浦和には勝ちたかったですが、引き分けに持ち込んだメンタリティは鳥栖戦に続いて評価して良いと思います。さて次はドアウェイの広州とのACL一発勝負。残念ながら現地には行けなくなりましたが東京から応援したいと思います。
[PR]

by y_flugels | 2012-05-28 00:00 | ++FC TOKYO