ユベントス&ボカと対戦!

気を取り直して。。。

ボカと対戦!7・29 味スタで迎撃だ

J1で首位を快走するFC東京が7月29日、南米の強豪ボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)と親善試合で対戦することが12日、明らかになった。近日中にも正式発表される。また東京は6月7日にイタリアの名門ユベントスとの対戦も決定。欧州、南米の強豪との真剣勝負を味の素スタジアムで重ね、念願のリーグ制覇に向けて、さらなるステップアップを狙う。

■6・7ユーベ戦

 一昨年のレアル・マドリード(スペイン)、昨年のASローマ(イタリア)に続き、チーム関係者は首都のクラブとの対戦を模索してきたが、ボカ・ジュニアーズがクラブ創設100周年記念した世界ツアーの一環として、来日が決定。3年連続で首都の強豪チームとの対戦が決まった。

 クラブ世界一決定戦のトヨタカップを2度制した“南米の雄”ボカ。現在は、“マラドーナの再来”とも評価されるFWテベスが移籍し、以前に比べると、ビッグネームは少ないものの、5年前のトヨタカップでレアル撃破の原動力となったFWパレルモが復帰。GKアボンダンシエリ、FWパラシオの現アルゼンチン代表も擁し、その実力は南米屈指であることは間違いない。

 五輪代表などに招集され、一昨年のレアル戦、昨年のローマ戦を欠場したMF石川直宏(23)は「(ボカの)詳しいチーム状況は分からないけど、うまさはもちろん、泥臭さ、粘り強さがあると思う。楽しみ? そうですね。もしそういう機会を与えてもらえるなら、ぜひやってみたい」と対戦を楽しみにしている。

 またユベントスはセリエAでミランとし烈な優勝争いを繰り広げ、今季欧州チャンピオンズリーグでも8強に残る名門。若手中心で今後のステップアップを図る東京にとっては、願ってもない勝負となる。

 ▼ボカ・ジュニアーズ 首都ブエノスアイレスのボカ地区に1905年創立。ホーム競技場カミロ・チチェロはボンボネラの愛称で親しまれる。ユニホームは青地に黄色の横じま。80年代にマラドーナが、高原直泰も01-02年に所属。南米一を決めるリベルタドーレス杯で5度優勝。ホルヘ・ベニテス監督。

 ▼ユベントス 1897年創立。イタリア北部、トリノに本拠を置く。セリエA27度、欧州CL2度、トヨタカップ2度の優勝を誇り、今季もセリエAで優勝争いを演じている。ファビオ・カペッロ監督。ユニホームは白黒の縦じま。

(2005年4月13日) 東京中日スポーツより

すごいね~~~いやぁ~~楽しみだ。
[PR]

by y_flugels | 2005-04-13 10:48 | ++FC TOKYO