上位いじめ大作戦その4~超ヒールやねぇ~

フロンターレとの対戦ではすでに優勝の目がなくなっていたので、上位いじめ大作戦からは外して、前回のJEF市原 千葉との試合から2試合あけての最終戦。浪速は大阪、季節はずれの桜を咲かそうとするセレッソと長居で対戦になりました。

セレッソと言えば思い出されるのが2001年シーズン。その当時、セレッソはJ2落ちの危機に瀕していた試合。(今になってみると主審が恩氏というのも笑えるが。。。)、その試合でKing of TOKYOのアマラオのハットトリックで完膚無きまでにたたきのめして、「バイバイ、セレッソ!」とスタジアムでコールを行い、セレッソに引導を渡した、そんな因縁の相手であります。

2001年シーズン Jリーグディビジョン1 セカンドステージ第12節

そしてこの試合、行くことができなかったのでNHKの中継で観戦しました。ぶっちゃけ、残っている5チームではやはり、的には浦和に優勝されるのはちょっと癪、となると大阪の両チームかなぁ。。。という感じで臨みました。

そして主審は上川大先生。結果から言うと、思ったよりまともでしたね~。あのPKは微妙でしたが。あと洋一へのイエローは大先生ならアリかなぁという感じで。まぁ良かったと思いますよ。で、試合ですが立ち上がりはセレッソが押せ押せムードだったのですが、先制点を取った時間が早かった感じですね。そして長居の大多数的には空気を読んでいない、ノリノリ規郎のゴールで先制。しかしPK与える・・・という感じで前半は規郎の独壇場。セレッソはあのPKを決められなかったのが敗因といえると思います。なにしろ、洋一のPKセーブはほとんどない、に等しいですからね。去年のナビスコ決勝くらい??そんな印象です。

後半もセレッソが先制、一進一退の攻防が続くも、他会場の赤いチームがが揃って4-0、大阪勢も1点差という冷や冷やモード。で、ロスタイム3分というところで、今ちゃんがやっちゃいました・・・(笑)いつものゴール前の混戦の中でのシュート。崩れ落ちるセレッソの選手。サッカーの怖さとはこれですね。で、試合終了。ガンバが優勝しました。そう原監督の言うようにガンバからはお礼をもらわないとね。セレッソは泣きっ面に蜂で1位から一気に5位転落。。。いや、東京は悪くないよ~という感じで。他の上位にも引き分け以上ですからね~不公平はいけません。それにしても飛車角抜き位の感じ(ルーカス、ササ、加地)で2回も追いついたのですからすごいもんです。

ところでオシム監督の先週の談話・・・


Q:最終戦は5会場で優勝の可能性があるが、もし、記者という立場だったらどこに取材に行くか。

A:私が記者だったらという意味ではなく、逆に皆さんがいい嗅覚を持っていないと悩むでしょうね。ひょっとすると、大阪で何かが起こるかもしれない。私なら旅費を費やしたくないので、一発で決まるところに行くだろう。ここに残っている手もあるのでは。


優勝の予想は外れてしまいましたが、何かが起こる・・・別の意味で起きちゃいましたね・・・(苦笑)




FC東京は今日、原監督の退任を発表しました。

原博実監督との来季契約について

かれこれ4年か・・・長いようで短かったですね。
退任の是非についてはいろいろとあるとは思いますが決まったことですからね。
原監督はFC東京に最初のタイトルをもたらしてくれた監督。こうなったら元旦、国立しかないでしょ!
[PR]

by y_flugels | 2005-12-04 22:51 | ++FC TOKYO