なんとかもぎ取った勝ち点3

前節は残念ながら勝ち点1しか取れなかった東京。今回はホームでの3試合目、目下、下位を彷徨っている京都サンガ。なんか微妙な相手だし、知っているのは元東京の星&松田(もちろんスタメン発表で拍手)と、憎き中払(ボールを持つだけでブーイングでしょ、こいつは・・・)。

a0015766_20541671.jpg


この試合のスタメンには梶山が復帰(大丈夫かよ・・・)&信男がひさびさに入りました。そして試合開始。開始2分にしてまたまたジャーンのヘディングで先制。今季2点目、もしかしてチーム得点王?それからもいい感じに東京のリズムで攻めていきます。とはいえ、やはりなんかまだまだ違和感がある試合運び。。。なんか微妙なんだよなぁ~でもこの日は憂太も運動量あったし、梶山も今日は良かった、ということで結構、いい感じに試合を運んでいきます。今日は相手も相手だし、2点、3点と取っていきますか!という感じだったんですが、なかなかフィニッシュが決まらず、しかも、最後の最後で、シュート打たない!なんかルーカスはポストに徹しちゃうし。打ってよ!という感じで、と思ったら前半終了間際、ジャーンのクリアがイマイチだったところオウンゴール?というか京都のゴール?という感じで1-1。洋一君がスローモーションで飛ぶのを目の前で見てしまい、微妙な前半終了。

後半は京都の猛攻が続き、どちらかというと押され気味な展開。山西(主審)は比較的安定していたものの、ちょっと両チームとも熱くなってブレが。。。そして膠着状態が続き選手交代。ルーカスに代わってササ(そりゃそうだ。。。今日のルーカスはゴールを狙う意識が見られなかった)、憂太に代わって栗澤(えっ!?ちょっと微妙・・・)。そして京都は出てきやがりましたよ、中払。出てきた瞬間、ブーイング、そして東京の選手とマッチアップする度に「ケガさせられるんじゃないか」とドキドキでした。さらに膠着状態が続き、梶山の運動量が落ちてきて攻めのスピードは落ちるし、京都は守りを固めるからパスの出し処がないという悪循環。こんなときは。。。と思ったらなんと信男に代わって阿部ちゃん。。。ここは梶山に代わってミヤじゃないの??とまたしても???(前節同様)。梶山は動かないわ、栗澤もイマイチ。。。「あ~あこりゃ引き分け・・・ウザイなぁ~」と思ったら89分くらいから急にゴール前で猛攻を。でもフィニッシュまで行かずに横パスの応酬、「シュート打て!」コールも出てしまった、そんなとき、徳永が角度のないところからシュート、入ちゃった!!ということで辛うじて2-1で勝利。っていうかあのシュートすごいよ、あの角度から入れるなんて!!!ひさびさに来た~~~という感じでした。

この時期は、というか今日は内容もまだまだフィットしてないし、勝ち点が取れたので良かったかな。2点とも理想的に崩した、という域からはまだまだかけ離れているけど、この時期に勝ち点を取れたのは大きいかな。次節はマリノス、昨日の劣頭との試合で精根尽き果てたからモチベーション低いといいなぁ。



☆2006年サッカー観戦 6試合目!



最近、試合のときはかならず食べていた、アミーチのランチボックスですが、見ないですよね~やめちゃったのかなぁ~~。リゾットとかおいしかったのに・・・残念。もともと味スタ、売店の種類が豊富じゃないし。。。
[PR]

by y_flugels | 2006-03-26 21:06 | ++FC TOKYO