聖地三ツ沢でのJ1観戦

サッカーの聖地、といえば誰がなんと言おうと国立競技場ですが、私にとってもう一つの聖地は三ツ沢球技場。Jリーグで最初に応援していたチームが横浜フリューゲルス、であり、そのフリューゲルスが本拠地としていたのがここ、三ツ沢なのです。
FC東京を応援するようになってからはJ1ではこの三ツ沢を本拠地にしているチームがなかったこともあり、ときどき、横浜FCの試合で訪れるだけでした。そんな三ツ沢に訪れるチャンスがやってきました。ナビスコカップです。
この日も仕事が終わって、すぐに最寄り駅に向かい、JRに乗って横浜駅へ。横浜駅から時間が読めないとはわかっていても、ついついバスで三ツ沢へ。さすがに直行バスは速いのですが、本数が少ないので、とりあえず来たバスに。昔の苦い経験から沢渡循環だけはちょっと離れたバス停に着いてしまうので、それを外して乗車。そして駅前から岡野町までは超渋滞、そして浅間下からS字をのぼって三ツ沢へ。かつて今から8~9年前は毎週のように通っていた道のり。フリューゲルスを応援していたときは仕事帰りにもよく行ったものです。その時を思い出しました。そして懐かしい三ツ沢スタンドへ。今回はアウェイ側。過去、数少ないアウェイに入ったことはあるけど、慣れないサイド。

a0015766_2326212.jpg


↑なんか白いユニが一瞬、あのチームが舞い戻ってきた錯覚に陥ってしまう。。。

スタンドにはいるとピッチが目の前へ。フェンスがないので見通しがよい。あの三ツ沢の熱い思いが蘇ってきました。最近の新しい大きいスタジアムもいいけど、三ツ沢のようなこじんまりとした、でもピッチとスタンドが近いスタジアムが好き。懐かしさが蘇ってきました。

a0015766_2328272.jpg


忌まわしき航空会社の看板もあの時と同じ。そういう意味ではちょっと懐かしくもあったのですが、しかし、ここは東京モード。東京を応援します。
この日の東京はジャーンが復帰したこともあり、ジャーンを生かすために(いや増嶋を生かすために?)3バックにして3-5-2の布陣を敷いてきました。実は磐田戦の前に3バックにして規郎と徳永を上がり目にして攻撃的にしたら??と思ったのですが、まさにそんな布陣。とはいえ、前節、いい形で勝ってきているのであえて変える必要があるのかなぁ?という疑問も会ったり。そんな中での試合開始。
内容は・・・・うん、悪いときの栗梶コンビだったので、どうも押し上げがうまくいかないというか、マリノスと磐田の差はあれど、ポゼッションからは遠い内容でしたね。う~ん。。。ひさびさに不満な内容でした。
そしてスタンドの雰囲気もイマイチというか、ゴール裏なのにおとなしかったというか戦う感じがなかったなぁ~歌っているとやや浮き目。。。
そんな意味ではある意味、がっかりな内容でした。スタンドの雰囲気も、よく考えたら三ツ沢時代はアウェイゴール裏=ダービーということでマリノス憎しでやっていたからモチベーションもテンションも高かったから物足りなさはあったのかも知れません、同じ場所にいて。

いずれにしても今日の内容では次節もちょっと期待できない感じ、もちろんYou'll Never Walk Aloneだけと、がっかりだな。カップ戦は良しとしてリーグ戦ではもう少しいい試合を見せて欲しいな~。

そして三ツ沢はやっぱいいスタジアムだね。

※やっぱり三ツ沢で見るとFマリノスという名称のFとか背中のクソ航空会社の名称とかめっちゃ気になる。。。そして元フリューゲルスの吉田とか田中隼磨とかね。でも隼磨、マリノスなんていう汚いチームに行ったから性格まで悪くなったかな?ボールボーイにボール投げつけちゃいかんでしょ・・・。
[PR]

by y_flugels | 2006-04-12 23:36 | ++FC TOKYO