闘志なき者は去れ

前節は磐田に快勝、とはいえ、その後のナビスコでは3-5-2を試して残念ながら敗戦、と未だに混迷を続けている東京。今日の相手の千葉はオシム体制になってからすっかりやられっぱなしで、磐田戦の勝利がホンモノかどうかを見極めるにはいい相手。すっかり春めいたスタジアムでの試合となりました。

試合前に執拗にホームとアウェイの緩衝地帯を設けていることをアナウンス。。。千葉相手にもめることもないんだろうけど、きっと赤いチームのせいでJから通達が来たんだろうなぁ。
そして今日の主審は世界の上川大先生。なにしろ2006年の日本代表候補(笑)ですからね。副審の廣嶋さんもそうですね。ということで世界レベルのジャッジ(笑)を見せていただくことにしました。

a0015766_21524857.jpg


試合はというと前半で早くも0-2。2点ともディフェンスの集中を欠いた得点。というかなんかたらたらしすぎ。。。疲れているのかも知れないけどさ。。。2点とも緩慢な感じから点を取られ、ブーイングしたくなるような内容。特に2点目なんて早いリスタートだったので、イヤな予感をしたら案の定、集中が切れていた。。。

後半に入り3バックにして一気に3人交代。これで宮沢、浅利、阿部ちゃんは出番なし。3バックにしてジャーンが入ったことで最終ラインは高さも対応できるし安定したと思ったら、3点目を献上。この失点でもディフェンスの集中が切れていた感じで「やる気あるの??」という感じ。
その後、お情けに近い、ハンドでのPK(さすが世界の上川。よく笛吹いたなぁ~)で1-3になってからはゴール裏のボルテージの上昇にあわせていけいけ攻撃。だいぶ前がかりでチャンスを作ってはいたけどフィニッシュがという感じで。赤嶺のプロ初ゴールもラッキーなGKのファンブルから・・・。で結果的には2-3で惜しかったね、という感じだけど。内容的にはどうだろう。

フォーメーションとか戦術云々の前に戦っていたのかな??今野は縦横無尽にボールを追ってたけど他は?特に声を大にして言いたいのは、梶山!はっきり言って、タラタラしたプレーしかできないんだったら試合に出るな!といいたい。テクニックはあるのかも知れないが、平均的に見れば、彼の良さ、がまったく理解できない。なぜ、スタメンで使われ続けるのか、そして、評価されているのか。あのやる気のないプレーの数々、スタンドの意気を下げる凡ミスの数々、はっきりいって見ているだけで不愉快。もし梶山を評価されている人がいれば100字以内でヤツの良い点を説明して私を納得させて欲しい。私的には梶山なんか使うくらいなら宮沢を使え、と言いたい。梶山のように戦っていない選手はピッチから去るべき。今日の試合を見て、強くそれを感じました。負けても、勝ちに行く気持ちが出ていれば試合後の拍手もできるだろう。しかし、梶山についてはそれは全く見られない。前から、それこそ去年から思っていたことだが、今日はあまりにそれが目立ったのでこの場を借りてコメントしました。少なくとも梶山出すくらいなら宮沢を出せ、という強い想いを込めてね。今野が左利きでかぶるから、という理由で宮沢でなく梶山が出ている、とかそういうオチじゃないよね??ガーロさん。

あと、やっぱ玉際が弱いというかトラップが下手というか、ボールを受けて簡単にはたけないのがつらい。その0コンマ数秒の遅れがあっという間にスペースを詰められ厳しい状況になる悪循環、だからこそ、シンプルにボールを動かすプレーヤーが欲しい。

そして上川先生ですが、さすがにカードを出すときの出し方がすてきでした。いや、審判するときには見習いたい、と思いますよ。それにしても今日の警告、遅延行為×2、異議×1、ラフプレー×1という内容もすごいが。今日は悪くなかったんじゃないかな?比較的流し気味だったし。1回、今野の決定的チャンスを邪魔したけどね(笑)むしろやばかったのはバック側の線審。赤嶺への肘打ちちゃんとみてろよ!




a0015766_2254237.jpg


ある『FC東京初心者』の観戦記録。さんで書かれていた東京のスポンサー様である、新宿さぼてんのカツサンド。

ようやく試合前にampmで見つけてゲットしてみました。

a0015766_2274379.jpg


カツはカツサンド用にちょっと脂身の多い感じのお肉でしたが普通のカツサンドでしたね。でも食べてみる価値はありますね。それにけっこう腹持ちがいいのでお昼ご飯には良さそうな感じですね。

でも残念ながらカツサンドを食べて勝つ、とはいきませんでした。
[PR]

by y_flugels | 2006-04-15 22:09 | ++FC TOKYO