消化試合はプレシーズンマッチの雰囲気・・・

ヤマザキナビスコカップの予選も終盤。すでに自力突破の望みが絶たれた東京とアビスパ福岡の対戦に行ってきました。ちょうどこの日は鬼太郎デーだったのですが、なんだかこの試合の持つ意味を考えるとイマイチの盛り上がりでした。

a0015766_21254740.jpg


そして試合前のピッチでは「FC東京と一緒にファイナルを目指そう」というイベントが行われていましたが、すでに予選突破は厳しい状態でちょっと寒い企画でしたね。

a0015766_21272050.jpg


アビスパ側。さすがにナビスコ、しかも九州のチームだと言うことを考えればこんなモノかも知れませんがちょっと少なすぎ。。

a0015766_21325295.jpg


選手入場の時に鬼太郎とネズミ男が登場するもなんか盛り上がりはイマイチでした。そして主審はキター家本、なんだか微妙な予感です。スタメンには代表組の代わりに塩田と増嶋が入り、戸田も復帰しました。どんな試合になるでしょうか?

a0015766_214216100.jpg


結果はと言うと前半は規郎の惜しいFKや宮沢のFK、そしてサイドからの攻撃など、マッタリとしながらも点を取るのは時間の問題、という感じの展開でした。いやむしろアビスパ相手に先制点を取れないことの方が問題で、何で点を取れないかなぁ~という微妙な雰囲気。G裏も今日は、まったり、コールなどもほとんどなくプレシーズンかサテライトを見ているような感じでしたね。
後半にはいると梶山に代えて伊野波、宮沢に代えてササ、戸田に代えて阿部という交代をしてきました。これはなにを意図するのか?梶山についてはガーロのコメントより。

(梶山は)いつもはもっと良いプレーが出来る選手だが、今日に関してはグラウンドで歩く機会が多く、マークも付けていない、パスミスも多いということがあった。良いプレーヤーだが、今日に関してはそういうところで代えた


とのことだが、今日よりもっと悪い日があったようにも思えたが。。。。

いずれにしてもそんなマッタリムードをしていたら、前がかりになったところの裏をつかれて再三カウンターを食らってしまう悪い流れ。塩田のファインセーブで逃れたモノの、いつ点と取られてもおかしくない内容。と思ったら予想通り、終了直前に失点し0-1で敗戦。
正直、前の日の試合で寒さと内容でつかれちゃったから、気持ちを入れて見てなかったせいかもしれない、でも予選突破がない状況で選手もサポーターもモチベーションが保てずに行った試合の結末なんてこんなもんだよね、という感じ。なんだか風邪気味でだるいせいもあり怒る気にもなれない、そんな試合でした。

そして家本・・・カード乱発は良いけど、前半は良かったけど後半は・・・意味不明でした。
[PR]

by y_flugels | 2006-05-14 21:35 | ++FC TOKYO