引き分けたからよかったものの

a0015766_2255632.jpg

負けてたら風邪が悪化するところでした。
昔からあの赤いチームのサポーターは嫌い(もちろん個人的に仲良くしている人は何人もいますが、あの集団が嫌い)なのですが、年々ウザさ倍増っていう感じで。試合終ってるのに歌を歌い続けている姿なんか自己陶酔以外のなにものでもないというか。だいたいスタジアム周辺に警察が警備しているくらい。それだけ集団になるとウザいんです。
まぁ水曜日の消化試合にたくさん来てくれたのはありがたいね。
まぢでこれで負けたら精神的にダメージ大、暴れなきゃやってられない感じです。
試合は後半はチャンスがあったものの最後が決まらずドロー。ちょっと戸田もまだ噛み合ってないかなぁ。今日は選手交代もなく、後半の雰囲気では宮沢か梶山のアクセントがあった方が良かった気もする。あとやっぱりゴール前でも少し積極的にシュートの姿勢をみせて欲しかったな。プレーに気持ちが入っていたとは思うけど。。。
あと、失点が怖くてガーロ、ちょっと弱気な采配かなぁとも感じました。
復活した浄もまずまず頑張ってましたね。次はどっちを使うのかな~。
しかしまだまだチームとしては成熟度は低いし、幸か不幸か土肥以外はフルメンバー残るし、W杯期間中に成熟して欲しい。あともう少し個々のプレーも丁寧に。ちょっと雑すぎ。
ゴール裏も残り数分まではコールリードなし。なんかプレミアっぽくてそれはそれて良かった。自然発生的に歌がはじまったりね。コアな人たちは別の意図があったんだろうけど…で終了間際のイケイケの時に太鼓を入れて盛り上がって、あそこで点が入ればねぇ…


最後に久々(というか今年初)の丈二…流れを止めるというか意味不明というか、今年からアドバンテージを積極的に取るようにしたんじゃなかったんですかぁ?という感じでダメダメでした。やっぱり丈二だね。





私は直接、この運動にも参加していないし、実際には、募金活動の場にも居合わせなかったので募金も行っていませんが、サポーターの間で話題になっていたある運動がありました。

あやかちゃんを救う会

鹿島アントラーズのサポーターのご夫婦の娘さんが難病にかかり多臓器移植をしなければならない状況で、鹿島アントラーズをはじめ、各チームのサポーター、Jリーグの球団、選手達が募金活動に協力して移植手術を行うことができたそうです。しかし今日、5月17日、小さい体でがんばっていた彩花ちゃんが亡くなってしまいました。

<多臓器移植>米で手術の彩花ちゃん死亡

募金もしていないし、なにも協力はしなかったですが、サポーターの仲間から話は聞いていたので他人事ではありませんでした。ご両親の心中を察するとあまりあるものがありますが、今は、とにかく彩花ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

※もちろん鹿島のサポーターも試合中は相容れない仲間達(本文のレッズのサポーター同様)ですが、試合を離れれば同じサッカー仲間ですからね。
[PR]

by y_flugels | 2006-05-17 22:05 | ++FC TOKYO