♪この気持ち~止まらない~俺たちは止められない

ついに来ました。浦和レッズとの直接対決。ここ東京のホーム味の素スタジアムでは優勝争いをしていたG大阪を倒し川崎を倒し、上位いじめの最後の仕上げはこの日、胴上げがかかっている浦和レッズ。相手に不足はなし、前日から高ぶる想いを抑えて朝を迎えました。
a0015766_21441514.jpg

スタジアムに向かう京王線の中からも赤いマフラーやユニフォームを着た浦和の人たちを目にするようになり、いやが上にもボルテージが上がっていきます。絶対に負けられない、そんな想いが駆けめぐります。飛田給駅。既に警察のパトカーなどが何台も来ていて厳戒態勢。万が一、優勝が決まったら無法地帯になるんだろうと横目にスタジアムへ。早くも浦和側の待機列は西調布駅まで続いているとかいないとか・・・。
開門。今回はマジで戦いたかったのでゴール裏で。試合開始までは高ぶる気持ちを抑える。試合開始前のアップ。まず先に出てきたのはいつもの土肥ではなく塩田、そう、この日のスタメンGKはこの大舞台で塩田。ここのところ土肥のパフォーマンスに???だったのでその部分の選択は正しいと思うが、緊張していないか、場数を踏んでいないかがちょっと心配。そしてフィールドプレーヤー、もちろん文丈もベンチ入り。文丈コールに早くも泣いているようだった。
浦和のサポーターが高ぶる気持ちを抑えきれず「レッズ」コールをはじめる。やっぱり聞くだけで虫酸が走る気分でブーイングで応酬。雰囲気はダービーのような感じ。アドレナリンが出て、テンションが上がっている中、今日はまず「T!O!K!Y!O!」でゲン担ぎ。そして楽しもうという心憎い演出から、普段歌ったことのない「スタジアムへ行こう」を大合唱(笑)しかも振り付けつき。このノリがいい。(ちなみに試合中も「ガンバが先制!」コールをしてそのあと「嘘情報!」コールで遊んだり。。。)
練習を終えて塩田はなんと文丈の10番のユニを着て退場、今日は選手とサポーターの一体感を感じます。
試合開始前のYou'll never walk aloneは浦和のサポートに邪魔されつつも気持ちの入った歌声、そして、新曲、「♪東京、東京、東京、東京~この気持ち止まらない!俺たちは止められない!さあみんな!立ち上がれ!飛び跳ねろ!荒れ狂え」から入り、「今日は負けられない日だ!叫べ俺の東京!」で一気にテンションをあげます。
a0015766_221016.jpg

↑見るだけでアドレナリンが分泌されてきます・・・くぅ~~~。

この試合は選手も気持ちが入っていたし、サポーターも気持ちが入ったサポートだった。それがいい感じにピッチに伝わり、普段見せないパフォーマンスを見せてくれたと思う。今野はあいかわらず良かったけど、特に今日は予想と期待通り、梶山がすごかった。あれだけでできるんなら普段も・・・という愚痴はさておき、別人のような活躍。憂太も良かったと思う。塩田もあの大舞台で冷静にプレーしてたしね。
前半から後半にかけて、けっこう東京の方が競り勝っていたし、決定的なシーンは作っていたように思う、なのであそこで点を入れていれば言うことなかったんだけど、さすがに優勝がかかっているチーム、そう簡単に点は与えてくれなかったね。
それにしても向こうの6番(あえて名前は出さない)けど、昔からイヤなヤツだと思ったけど、性格だけはかわんないねぇ。ウチがレッズの選手がケガしているからってボール出したのを返したボールに対してチェーシングするか?普通?あれでインターセプトしてシュートとか打って入れようというこすっからい魂胆見え見えだし、ヤツがボール返すときもGKに返すと合図しておきながら、東京側のタッチラインしかも深いところにけり出すとか、性格悪すぎ!許せないね。最低。
その点、まだ闘莉王の方がちゃんとしていると思う。
後半も押し気味にすすめていたけど、得点を奪えず、山岸もむかつくくらいに頑張っていた。特にシュート3本弾かれたときは、一気にたたき込みたかったけど。規郎は今日はあんまりボールが回ってこなかったから見せ場がなかったのが残念。最後はだいぶ、中盤も空いてきたし、憂太の運動量がだいぶ落ちていたから、あそこでもう1枚切る(試合中はだいぶ押し込まれてきたから前節のこともあったので「倉又動け!!」と切れていたけど)とかなかったのかな。まぁ結果オーライと言うことで。試合は0-0。まぁ東京的には久々の(それも塩田で)無失点、だったし、胴上げを見ることもなかったので勝ちたかったけど、まぁ最低限義務は果たしたかな、と。(笑)
レッズも1枚しか(それも伸二)カード切らなかった(三都主と相馬がありました。ご指摘ありがとうございました→jin31110さま)ですよね。最後の押し込まれてちょっとディフェンスがほころんでいる時間帯に、なまじ田中達也とか岡野とかスピードのある選手を入れられていたらかなりやばかった(ぜったいに両サイドぶっちぎられまくって)気もするから、そういう意味では助かった気もします(ギドも動けなかったのかな?)
レッズは好きではないけど、相手あってのサッカー、レッズもさすが首位、レベルの高いサッカーをしてくるし、サポーターを含めたスタジアムの雰囲気、ということであれば、やっぱり浦和戦、私的にはかなりダービーの雰囲気、ダービーのノリで良かったと思う。来年もミドリは上がってこないからダービーは浦和との試合なのかな?自分的には。宿敵だと思ってるし。
両チームの選手もガチンコでいい感じだったし、いい試合だったと思います(ただ主審とバック側の副審がかなり微妙だったけど・・・サッカー協会ももっとまともなレフリーよこせよ。最終節の直接対決は上川氏が吹くんだろうけど))
っていうか毎試合これくらいのパフォーマンスでやってくれればもっと順位上だったのなぁ(苦笑)残留組の中で暫定最下位ってどうよ(笑)でもこういう試合をされちゃうと、東京サポーターやめられないんだよな~。
a0015766_22233561.jpg

試合後は文丈の引退セレモニー。やっぱり胸が熱くなってしまいましたが、最後にシャーの2連発はよかったです。文丈の引退セレモニーも浦和側からも拍手が出て恙なく終わることができて良かったと思います。
とにかく今日は疲れました。喉も微妙に痛いし(苦笑)。でも、味の素スタジアムでウザいレッズのサポーターの歓喜の瞬間を目の当たりにすることなく、汚されることがなかったので良かったです。レッズの皆さんは地元で頑張って決めてください。あとたくさんのご来場ありがとうございました。



今日はチケット完売のはずだったのですがホーム自由2階かなり席が空いていました。
これって赤い人がホーム自由を買ったけど、ユニフォームとかマフラーとかまとって強制的にアウェイ側に退去させられたからなのかな??その人たちの分、という理解で良いのかな?
[PR]

by y_flugels | 2006-11-26 22:25 | ++FC TOKYO