取りこぼしの鹿島戦


a0015766_19312812.jpg
風邪気味のため、G裏ではなくバックスタンドでの観戦。
この日の相手は鹿島、去年は松本でやられてしまいましたが、今年はどうでしょう。
ヘナギもいないし、もしかしたら勝てるか?なんて淡い期待を持っていましたが、あえて言います。監督の差が出た試合でした。
a0015766_19294319.jpg

試合前の審判。このスキンヘッドは。。。ゲッ!奥谷だ…この審判、吉と出ればよいのですが、凶と出ると…去年もすごい試合になりました。今日はどうなりますか。審判発表の時「あ~あ」というため息にも似た声がw 思ったより壊れなかったけど、「シャツ入れろ!」とやたらうるさいのが目につきました。。。
a0015766_19301965.jpg
さて、試合前に目玉親父がスペシャルゲストで応援に駆け付けてくれました。このネタはおもしろい(笑)やられました。
前半からどうもディフェンスラインがズルズル、中盤で相手に良いようにもたれてしまい、危険な局面を辛うじてクリアというシーンが多かったように思えます。 ただ今日はチョペはなんか重そうな感じでしたが栗澤が良かったので、押し込まれながらも耐えれば…という感じを受けました。前半終了近くは東京ペースでしたね。
そしてゲームが動いたのが後半。いや~来ましたね、チョペゴール。やっぱりあそこで飛び込むあたりは、天性のものなんでしょうね。久々にヒロミジャンプも出たし、私的にも今季は消化不良ゴールが多かったので、興奮した得点でした。しかもラテン系、得点の後は俄然、動きも良かったし。
a0015766_19305628.jpg

しかし、その後が良くない。すぐに同点に追い付かれ、ワンパターンの石川、チョペを下げてノリオ&憂太。意図がわからないです。
あそこは確かに中盤のプレスが効かなくなってきたから中盤の選手を入れるのは分かるけど、私なら運動量の落ちてた栗澤が先では?とか、そもそも赤嶺とか何のために入れてたの?とか、もしかして私のサッカーの見方がまだまだ未熟なのかなぁ~いや、やっぱりあの交代は意図がわからん。で、負け。
結局、ホーム、3万人の観客、なんだったのでしょう。

試合終了と同時に一気にひいたお客さんが一番正直かもしれません。

はっきり言って去年のガーロより先が見えない試合展開。そろそろ次を考えるべきでは?あえて監督をかえるべきと言いたい。なにより試合が見ててつまらない!!

ちなみに今日は東京のチームは2チームとも茨城のチームに敗退。もう一つは得点も奪えず(唯一の得点はオウンゴールだって)最下位に惨敗、って人のこと言える状況じゃないか…
[PR]

by y_flugels | 2007-05-03 19:18 | ++FC TOKYO