勝つには勝ったけど・・・vs 横浜FC戦

a0015766_05633.jpg

約2週間ぶりのJリーグは前節同様、聖地国立での試合。前回はまだまだ夏の余韻が漂うナイターでしたが、今日はすっかり秋の気配、夕方になると、半袖だとちょっと肌寒い、そんな感じの夕暮れの国立での試合。
a0015766_018123.jpg

今日の対戦相手は横浜FC。ナビスコなどの対戦もあり、今季4回目の対戦となります。横浜FCのゴール裏は元横浜フリューゲルスのゴール裏の面々も多く残っているので、試合前にちょっと顔を出してきました。ホームなのに国立でやるなんて・・・という感じのようです。やっぱり集まりもあんまり良くなかったです。
横浜FCというとカズや山口、小村と言ったフランス最終予選のメンバー、そして私的にも山口そして途中加入の三浦淳宏と思い入れのあった選手もあるので、懐かしさ、そしてなんだろう、昔の恋人に会うような、そんな感じでした。
スタメン発表ではカズの時にはひときわ大きい東京サポーターの拍手、みんなカズのこと、リスペクトしているんだなぁ、と感じました。(カズも試合中、東京サポーターの声援に応えてくれたしね。そんなのカズと能活くらいだね)
a0015766_0261796.jpg

試合はと言うとスコア自体は2-0でしたが、もっと点を取っていい試合でした。内容的にはかなりダルダルで、ここのところ好調だった梶山がいないのが今さらながらに大きいと実感。やっぱり栗澤だとタメはできるかも知れないけど、ダイナミックな展開は期待できないなぁ・・・相手が横浜FCだから、この内容でも失点しなかったけど、次節の清水だったらやられそうな感じだし、なにより、横浜FC相手にこの攻撃、そしてこの得点は正直不満、見どころもあんまりなかったですね。リチェーリも途中出場の割にはイマイチの出来だったし、まぁ横浜FCがほとんどパスを出すことができないくらいのプレスがかかっていた時間帯があったのが収穫かな。にしてもショボイ試合でした。
横浜はアツが入ったものの、まだポジショニングとか機能していない感じでしたね。動きも昔のフリューゲルス時代の時のように使ってくれる人もいないから、あんまり運動量もないし。ただ、CKの精度、FKはやっぱり驚異的なものがありました。
今日の見どころはカズ vs 今野、山口 vs 今野、という対決かな。でもカズはなんだかんだ言ってゴール前の動きはやっぱり一瞬フリーになったり、すごいなぁ、と思いました。
で、今日の主審は家本(^^; 真打ち、赤紙、黄紙の乱発はなかったものの、この人にはアドバンテージというのが存在しないのだろうか?というくらい決定的なシーンを止めちゃうし、と思ったら流したりあいかわらずのはちゃめちゃぶり。前半終了間際には横浜FCの監督と口論になったのには笑いました、さすがです。でも後半はけっこうまともだった・・・別人のようだったなぁ・・・。
で、今日、こんだけ見どころのない試合で、最後に見せてくれたのが平山。ヘディングから胸トラ、そしてキーパーをかわしてのゴール。魅せてくれました。やりゃできるじゃんw 終了間際のゴールにはびっくりでした。

まさかの?ゴール後に盛り上がるゴール裏。
a0015766_058476.jpg

で、試合終了。結果は2-0。ま、内容はともあれ3連勝?これで降格争いも一段落かな。でもチームの力を測るには次節の清水戦、ここがポイントでしょうね。

それにしても対戦相手の巡り合わせもあるけど、ほんと、国立だと勝率いいなぁ・・・いっそ国立をホームにw (帰りも楽だし)



試合前の選手が練習をしている時間帯と、後半の試合中に2件、携帯電話に着信がありました。もちろん知り合いなら電話番号を登録しているので着信ありになっても名前が出るのですが、登録のない電話番号からの着信。しかも留守録にメッセージが入っていない。しかも着信は1回だけ(本当に用事があれば何度もかけると思うし)

こんな時、折り返しってしますか?私は知らない番号の時は変なワン切り詐欺などもあったし、絶対に折り返ししないようにしているのですが・・・。
でもある意味タチ悪いのが携帯の番号を変えたのに教えてくれなかった人からの着信、これがけっこうあったりもするんですよね~。なので折り返しをしないとそれはそれで・・・ということもあったりしましたが。
[PR]

by y_flugels | 2007-09-15 23:59 | ++FC TOKYO