天皇杯TDKとの最低限の戦い

a0015766_21292987.jpg

今日は暖かい秋の日、我が軍はホーム味の素スタジアムでコンサドーレ札幌を破ったTDKと対戦することになりました。TDKはJFLで現在、戦っているチームで元東京の松田が所属しているチーム。天皇杯は高校生や大学生、社会人にJFL、J2そしてJ1のチームがトーナメントでぶつかり合う大会、ということで、J1のチームが高校生に負ける可能性もあるある意味、ギャンブル性の高い大会です。かつて東京も「番狂わせ」とも言うべき、格下のチームに負けた事もあり、この試合も油断できません。
a0015766_21531196.jpg

TDKは企業チームと言うこともあり、横断幕には社名のロゴの入ったものもたくさん。これっていいのかな?とちょっと疑問だったりします。W杯とかだとスポンサー以外のロゴとかはスタンドとかで掲げちゃいけないしね。
a0015766_21544564.jpg

東京は格下とはいえ、ほぼベストメンバーでの対戦。前節は川崎相手に7失点という失態を演じたメンバーがそのままなだけにいささか不安も残る布陣です。ボランチは伊野波に代わって浅利が入っております。
さて、前半ですが、もう言うことないですね。相手が格下だっのをなめていたのか、覇気を感じるプレーをしている選手は塩田と今野と石川くらいで後はダルダルでしたね。特に茂庭と徳永のところはひどかったですね。裏は取られる、抜かれる、競り負ける、プロとして恥ずかしくないの?と言いたくなる始末。特に茂庭は去年のケガ以降、ポテンシャルが下がったよな~。いっそ、八田とか、吉本あたりをこの試合で使ってみた方が良かった気もします。もちろん前半終了時は0-0でブーイング。
a0015766_2225818.jpg

後半にはいると東京はメンバーを投入して攻撃的に。栗澤、赤嶺、川口を入れて打開を図ろうとしますが、どうも引かれているせいもありなかなか攻撃の形が作れない。得点はいずれもセットプレーから。まずは平山のゴール。その前にもオフサイドがあったり、GKのすばらしい反応もあってやばいなぁと思っていたのでこの決めてくれたのは大きかった。でもよくないのはその直後の失点。元東京の松田にカウンターから決められ1-1。これはやっちゃいけないでしょう。どうもそのあたり、守備の部分で大いに不安を感じます。そこはなんとか修正してもらわないと。
a0015766_2211194.jpg

で、今日の試合、一番戦っていた今野が決勝ゴールを頭で決めて2-1。かろうじて勝った、そんな感じでした。それにしても今野、点を取ったとき、すごくうれしそうだったなぁ・・・一番戦っていた気がします。
a0015766_22112120.jpg

次の相手は新潟、かと思いきや、ここは番狂わせでサガン鳥栖が勝ったので、鳥栖と戦うこととなりました。鳥栖のサポーターというとむかしかりゆし時代に言葉をかわしたメンバーがいるのと、選手としては元かりゆしの高地がいるので、それはそれでまぁ楽しみかな。ということで丸亀の帰りの飛行機が無駄にならずにすみましたw



天皇杯で丸亀に行かれる皆様!!12/08の帰りの飛行機、JALの高松発の最終便は10:00の時点で先得は残席2ですよ(普通席・クラスJは満席)。航空券の購入はお早めに!
[PR]

by y_flugels | 2007-11-04 22:11 | ++FC TOKYO