平山にあわせたサッカーでまさかのドローの磐田戦

a0015766_041849.jpg

今日は仕事でこんなところにいました。決して、クラシコ対策とか視察できたわけではありません。ソリッドスクエアというところにはじめていきました。ちなみにランチはラゾーナ。
ということで川崎から南武線で分倍河原、そこから京王線で飛田給といういつもと違ったルートで行ってみました。意外だったのは南武線って混んでいるんですね~けっこうラッシュ並みに混雑でした(18時頃)あんなに混んでいるとは思いませんでした。
a0015766_0125716.jpg

今日の相手はジュビロ磐田。前回のナビスコ@磐田ではすばらしい勝利を収め、行けなかった私はむしろ負け組、そんな感じでした。
a0015766_0151529.jpg

今日の磐田のスタメン。なんと中山がスタメンでした、これには拍手。そしてもちろんお約束で「おれたちの能活」にも拍手。
a0015766_021351.jpg

さすがにダービー直後ということ、しかも水曜日と言うことでサポーターの数も少ない感じですし、ややパワーも、ってあれと比較しちゃいけないですね。。。
a0015766_0415885.jpg

ジュビロのゴール裏。そういえばナビスコカップで優勝すると、来年、ワイハで行われる大会に出れるんでしたっけ~~行きたいなぁワイハ。実は一回も行ったことないんです。。。
a0015766_0472517.jpg

今日は羽生、浅利、あたりはお休み。キャプテンは塩田、そして、最終ラインは茂庭、ブルーノとカップ戦と公式戦でメンバーをかえられるのもいいですね。まさかJのベストメンバー規定に引っかからないよなw ひさびさの栗澤スタメン、そして平山もスタメンです。
前半はなんだかバタバタしてあんまり流れはよくなかったですが、10分過ぎたあたりからけっこうガツガツ、昔にはない東京の激しいプレスでボールを奪えるようになってからは、主導権は東京に。惜しいシーンもあったけどカボレの前線からのチェックも効いていてけっこう磐田がバタバタした感じになっていました。昔だったら逆だったのに。でももちろん磐田の高い位置でのプレスもあるからプレス合戦、でも東京がやや上、そんな感じでした。
途中ケガ?でカボレから赤嶺に前半早々代わったりしましたが、赤嶺も献身的なプレーでチェックをしていきます。前半は0-0。やや不満も残りますが、まぁ及第点。
ハーフタイムに修学旅行生が写っていました。いいなあ~これで東京好きになるかな?きっと戻った宿舎でチャント歌ったりするんだろうなぁ。
a0015766_135266.jpg

後半、こっちに能活、もちろん能活コール、そしてそれに答える能活、お約束ですね。やっぱ能活大好きw
ジュビロのサポーターもこっちの平山コールに中山コールをかぶせたり遊んでいましたね。
後半は完全に東京ペース、かなりいい感じでボールを回せて、(前半もそうでしたが、SEXYでしたよね)あとはフィニッシュだけ、という感じ。最後はさすがにマコ、秀人だから堅いなぁ。
a0015766_1125572.jpg

先制は東京、タテパスを抜け出して赤嶺が華麗に決めました。これはきれいだったなぁ・・・その後も得点のチャンスがあったんですけど、その後がよくない。途中で大竹に代わりましたが、やっぱり大竹、いいわ。攻撃にリズムができるよね。栗澤も悪くなかったけど、セットプレーの精度やらパスの強さ、ボールのキープ、奪取、大竹と比較すると・・・・。
で、今日の最大の注目は平山、だったんですけど、どうだろう、これで反町がU23に選んだら相当、反町の目はおかしい、ということになるんだろうなぁ、という位よくなかった。
スピードあるサッカーをする東京では足の遅さが目立つし、今日はフィジカルでもなかなかいいようにボールをキープできないし、シュートもほとんどなかったし。
もっと点を取れる展開だったけど、平山への温情が仇となって追加点を奪えなかった。それがロスタイムの失点につながったんだと思います。
今日は間違いなく勝てた試合だよな。。。もったいない。
a0015766_120244.jpg

ということで悔しい引き分けでした。
でも過去の東京の歴史をひもとけば磐田と言えば子ども扱いされて手も足も出なかった相手、そう考えれば、ずいぶんと変わってきたなぁ、と。全盛期より磐田も力が落ちているだろうし、もちろん東京もレベルアップしていますけどね。
[PR]

by y_flugels | 2008-04-16 23:56 | ++FC TOKYO