最終新幹線との戦いとなったアウェイでの 京都戦

a0015766_21173517.jpg

3連休の最終日のナイターという嫌がらせのような日程となった、京都でのアウェイの試合。普通の会社員的には連休明けの最初の日は遅刻もせず、爽やかに出社したいもの。となればできることならその日中に東京に戻って自宅から向かいたいと思います。しかし、冷静に考えて、試合終了を21:50頃とした場合、新幹線の最終が21:32発。かなりのぎりぎり、ちょっとドキドキの参戦になりました。こんな試合のようなロスタイムを取られた日には・・・という感じです。
なんだかアウェイの洗礼というか嫌がらせ、と言うかそんな感じです(笑)
a0015766_21211494.jpg

試合前にはサッカー専用スタジアムを作ろう、と言うことでビラ配りなども行われていました。サッカー専用スタジアムができるのはいいけど、きっと、京都駅から離れたところに作られるんだろうなぁ・・・。そしたらナイターアウェイだったら1泊コースだよね。
a0015766_21223054.jpg

京都のスポンサー。京セラはいいとして、その関係のKDDI、それもいいとして、任天堂にワコールってなかなかすごいけど、そっかこれらはこのあたりの会社か・・・。ってかなぜにあの航空会社がスポンサーに!?節操ないなぁ・・・。
a0015766_21241364.jpg

まさに陸上競技場という造りのスタジアム。しかも、フラットな感じなのであんまり見やすくはないですね。
a0015766_212525.jpg

そしてなぜか、イスのバルーン。そういえばこの右あたりに噴水があって、前に西京極に来たときにイケイケの連中が噴水に飛び込んでいたなぁ。。。
a0015766_21273464.jpg

スタジアムグルメはサンがバーガー。から揚げのチリソース風味が挟まったサンド。なぜにサンガ??鶏だからか??
a0015766_21283755.jpg

試合前のアップ。スタジアムの造り上、このあたりでご挨拶。ってか、ここホームとアウェイが逆なんだよね・・・。
a0015766_21294014.jpg

京都のゴール裏。そういえばなにかの雑誌に、京都のゴール裏はJ連のM氏がプロデュース?して行われているんだとか・・・なんだか、それも微妙だなぁ・・・。
a0015766_2132627.jpg

試合前のアップを見て・・・もしかして、このスキンヘッドは・・・あぁ・・・今日の主審は奥谷ですか・・・。荒れなきゃいいけど。
a0015766_21325849.jpg

そして試合前にはこんなスコアボード表示が。さすが京都ですなぁ・・・。
a0015766_21335673.jpg

ちょうどこの頃になるとキレイな夕日が・・・。
a0015766_21343751.jpg

そして今日のスタメンは、塩田に長友、今野、佐原、徳永、MFに浅利、梶山、石川、羽生、そしてトップにカボレ、平山と前節と同じ布陣でした。
a0015766_21362491.jpg

試合は前半開始早々は京都の速攻にあってリズムをつかめない感じでしたが、徐々に東京ペース。意識してスペースを狙って走ってボールを受けようとか、特に右サイドはそういうのが見られていい感じでした。前節、鹿島を破っている京都相手に押し気味に試合を進めていきます。ただ、気に入らないのはセットプレー。CKでせっかくのチャンス、2回とも誰もいないファーに蹴ってるし・・・こういうのは流れを悪くするので良くないし、取れるときに取らないとやられてしまうイヤな展開でもありました。前半は塩田のファインセーブなどもあり、0-0で終了します。
a0015766_21393184.jpg

後半にはいると京都も動きを修正してきましたので、お互い、一進一退の攻防が続きます。先制は京都。しっかりとCKを蹴って、味方選手にあわせてのゴールでした。しかも水本に決められたのが腹立たしいですね・・・。その後はがたんと京都ペース。ボールへの寄せは早いのでカットされるは、タックルで取られるは、こぼれ球は奪われるわで、押され気味。しかもせっかくボールを受けても動いていないので出しどころがない、みたいな、かなり厳しい展開。
今日は早めに大竹、エメルソンを入れてきたけど、少しはリズムはよくなった来たもののゴールが遠い。エメルソンが放ったミドルもバー直撃だし。セットプレーの1点が重くのしかかる、と言うそんな感じでした。城福監督の切った最後のカードは赤嶺。てっきり、うごきの緩慢な平山に代えて、かと思ったら、カボレと交代・・・う~ん・・・。と思っていました。そしてロスタイム。ゴール前で平山、ゴール前に人がいたから?なのか、シュート打たずに横パス。しかもカットされる・・・これにはさすがに怒りましたね。いくらここのところいいポストをしていると言っても負けている試合でFWがあれをしたら一気に評価下げますよね。そんな感じ。
a0015766_21451422.jpg

そして最後のセットプレー。ロスタイムも2分を経過。新幹線の時間も迫る。そんな感じだったので、「このセットプレー見たらスタジアムを出よう」と思ってみていたら、なんと、なんと、This is Football !!! 赤嶺の気迫のヘッドが決まって同点・・・。京都まで来て、勝ち点1をなんとかもぎ取り、足取り重たいアウェイにならずに済みました。この時はホントなら同点だから勝った訳じゃないし大はしゃぎするほどでもないけど、まさに逆転したかのような騒ぎでした。
できれば次節は赤嶺をスタメンで使って欲しいなぁ・・・平山は少し休ませて。そんな感じもしました。
とりあえずはまだ勝ちはないですがなんとか、勝ち点1をゲット、運だけは残っている、そんな京都の夜でした。とりあえず、前回の対戦も3-3のドロー、2分けですか。。。
試合後は選手の挨拶も見ずにスタジアムをあとにして西京極駅へダッシュしたのでした・・・なんとか最終の新幹線に間に合いましたがそれはまた別の話。
[PR]

by y_flugels | 2008-07-21 23:59 | ++FC TOKYO