お菓子杯終戦

へたれな私はこの結果を受けて、大分遠征を回避しちゃいました。いや、本当のサポーターならそういうときこそアウェイに行くべきだろ、というお叱りを受けてしまいそうですが、さすがに・・・。と言うより、私が行ったアウェイはここのところ負けまくりなのでゲン担ぎも兼ねて、と言うわけです。

ということで19:00ちょっと前に恵比寿のフットニックに入って観戦。今日は赤い人もいないしALL TOKYOサポーターと言うことで同じ意識を持って試合を見ることができました。
東京は2点差以上で勝たなくてはいけない試合と言うことで、早い時間帯での先制点が必須です。前半開始直後こそ大分に押し込まれていましたが(いきなりの大ピンチもありました)、徐々に東京ペース、特に先制点が欲しいと言うことでかなり前がかりな時間帯が続きます。今日はここのところ精彩を欠いていたカボレ、エメルソンの両外国人もいい動きをしていたように感じます。そして待望の先制点はエメルソンの絶妙なパスからカボレがGKの動きを見て、うまくバウンドさせての技ありのゴール。見事でした。

その後も再三、大分のゴールを迫りますがなかなか追加点が奪えず、逆にお尻に火がついた大分も猛攻をかけてきます。ひやりとするシーンもありましたが、何とかしのいでいましたが、終了間際の時間帯に鈴木慎吾からのセンターリングをあわされて1-1に・・・。このシーン、最終的には浅利がマークを外された形になりましたけど、その前に簡単に鈴木慎吾にセンターリングをあげさせてしまったところに問題があったように感じました。前半終了間際の絶好のチャンス、羽生のダイレクトボレー・・・あれは決めて欲しかったなぁ。。。

後半にはいると時間が欲しい東京はガンガン攻めていきますがなかなか得点に結びつかない、そんなイライラする時間帯が続きます。この日は前の選手はけっこう良かったように感じましたが、赤嶺がけっこう消えているような感じもして、でも後半はだいぶボールにからんでいましたね。ただ疲れのせいかボールをもっても突破力がないというか横につないでしまう時間帯が多くてなかなか打開できませんでしたね。交代選手も平山、石川、川口、しかも浅利と金沢を下げて、ということで城福監督の攻撃の意志を感じました。ただ、やっぱりフィニッシュの精度がよくなかったな。後半は特にかなりのチャンスがあっただけに残念でした。
赤嶺のヘッドがポストに当たったときには運のなさを憂い、その直後に金崎のミドルがバー直撃したときはまだツキがある、そう感じたものでしたがロスタイム5分・・この時間帯は熱かったな。。。セットプレーの連続でここで決められれば、という感じだっただけにここで決まらなかったのが勝負を決した、という感じでした。いや、実のところ、最後のCKとFKでは塩田が上がっていて、1回、塩田の足下にボールが来たときにはうまくミートしなくてゴールできなかったけど、あれでゴールしちゃったらきっと、フットニックで失禁してたかも、という位、お店のテンションは高かったですね。この時間はシュートが外れる度に「ふぅ~」という悲鳴にも似た溜め息雰囲気、まさにイングランド風でしたね。久々にいい雰囲気のフットニックだった気がします。

試合的には気持ちを感じた試合だったけど残念ながら決勝トーナメント勝ち上がれず、でした。
残念でなりません。

にしてもスカパー!、城福さんの浅利への指示とか、おもしろいし、なにより実況アナウンサーの意味不明なコメント、この日は「東京のサポーターは浦和なんかのサポーターに比べておしゃれ」というのは笑いました。
[PR]

by y_flugels | 2008-08-06 22:45 | ++FC TOKYO