6年前の借りを返した 磐田戦

a0015766_2302333.jpg

10年一昔と言いますが、サッカー界において6年一昔、と言うのでしょうか。この日の対戦相手のジュビロ磐田、6年前に磐田スタジアムで対戦したときはこんな結果でした。
その時には信男や浄さんが交代で出てきたり、メンツ的にもすごいメンバーでした・・・当時、J1昇格して発展途上だった東京サポーターは、J1のすごさを身をもって体験したのでした。
時代は変わって今や、ジュビロ磐田はJ2降格圏内でぎりぎりの戦いをしています。東京はここを勝てば、まだまだ優勝の望みがある(なんておこがましいですが・・・)そんな立場の逆転現象が起きていました。
a0015766_2371336.jpg

試合前はフードコートでハンバーガーを購入。オムライスも捨てがったけど、なんとなくハンバーガー気分だったので。
a0015766_238840.jpg

チェダーソースのとろけるチーズバーガーにポテト、量も多くなく、ちょうどいい感じでした。なぜかハンバーガーを食べると無性にコーラが飲みたくなります。
a0015766_23131758.jpg

この日の磐田のサポーターは気持ちが入っていました。状況が状況なのでしょうが、試合前から磐田コール、そして到着した選手もピッチに出てサポーターに挨拶。今までの「いい人、東京」だとこういう展開にはめっぽう弱く、相手に塩を与えてしまうケースがあるんでちょっとイヤな予感。
a0015766_231503.jpg

試合前にはチビッコチアリーディングによる応援が。確か去年もあったような、で、勝った気がします・・・今年も勝てますでしょうか。
a0015766_23354578.jpg

今日の東京は赤嶺、羽生、今野抜きということで、DFが長友、茂庭、佐原、徳永、MFが梶山、浅利、石川、エメルソン、FWに平山、カボレ、と言うメンバー。まさに飛車角抜きくらいですがそれでも全然、遜色のないスタメンですね。そういう意味では層が厚くなった気がします。

先制は東京。試合開始直後こそ、磐田と一進一退でしたが、徐々にペースをつかんできて、東京がボールキープする時間が多くなったのですが、エメルソンからの絶妙なパスからカボレが抜け出し、シュート。川口のまたを抜いて先制ゴール。まさにエメルソンのテクニックとカボレのスピードがかみ合ったすばらしいゴールでした。
さらに畳みかけるようにサイドを使った攻撃がこの日は冴えまくりました。今度はナオが突破してセンタリング、真ん中に走り込んだ選手には合いませんでしたが、なぜか走り込んできた佐原がけり込んで2-1・・・こんなサッカー東京のサッカーじゃないっていうくらい、すばらしい攻撃でした。さらに、押せ押せでいきたいのですが、ミスから2-1に・・・すごくもったいないし、磐田に勇気を与えてしまいましたね。そこから前半終了までは磐田にペースを握られてしまいました。
a0015766_23423882.jpg

後半も15分くらいまではすっかり磐田ペース。やっぱり東京は磐田には相性が悪いのかな、と思わせる内容でした。そんな空気を吹き飛ばしたのがエメルソンに代わって入った大竹。エメルソンも前半から献身的な守備で再三のピンチを救ってくれましたが、攻撃という面では大竹が入って、ピッチを広く使えるようになり、リズムが変わりましたね。カボレがサイドを駆け上がって中に入れたら、ナオがディフェンスともつれ合いながらもゴール、と思ったら相手DFに当たってのオウンゴール、これで3-1。さらに畳みかけるように、カボレがサイドを再三ついて、相手のゴールエリアまで入り込んできます。そして、カボレが粘って粘って中に入れたら、こんどはしっかりナオがけり込んで4-1。今までの東京、こんなにきれいに攻撃がかみ合ったのなかったでしょう・・・こっからはもうG裏、東京サポーターはお祭り騒ぎ・・・

ナオが今度はしっかり決めてスタンドは大盛り上がり。唯一の不安はナオゴール負けジンクス、ですが、今日は平気でしょう。もうこのあたりになると、もう、スタジアムはカーニバル、でしたね、。すごい盛り上がりでした。でもスタジアムは「もっともっと!」というムード、城福監督が切ったカードは鈴木達也。さらに前線でかき回す作戦です。これが功を奏して、相手DFの中途半端なクリアをカット。ペナルティエリアの外に出てきた能活を交わし、相手ディフェンダーを交わし、さらに能活をかわして、能活が滑ったところをシュート・・・これが決まって気づけば5-1ですよ、5-1。
a0015766_23554050.jpg

磐田相手に5-1なんて、昔は考えられなかったですよね。もう、こうなるとスタジアムは興奮の坩堝、いつもこんな試合をやってくれれば言うことなしですよね。これぞ、ホームでやる試合、という感じです。
それにしても久々に気分のいい試合でした。この後は、もう、集中の切れた磐田の攻撃をしっかりとしのいでゲームセット。
a0015766_23571097.jpg

ロスタイムにはいる前から「眠らない街」を歌って、勝利の時を待つ、そんな感じでしたね。スタジアムの雰囲気もすごくよかった。
a0015766_23575934.jpg

これで、柏、大宮、川崎、磐田と4連勝。次節の札幌、下位ではあるものの大分から2点取っているので油断は禁物ですね。でも最近はかなり茂庭のコンディションがあがってきたので、最終ラインもだいぶ安定してきました。攻撃もかみ合ってきましたし、10月攻勢にむけて、しっかり勝ち点3を次も獲っておきたいところですね。
a0015766_23594647.jpg

つい1ヶ月前まではホームで勝てずにブーイングだったのが嘘のような、そんな試合後の挨拶です。
a0015766_004180.jpg

この日のヒーローインタビューは鈴木達也、自分の運を東京に捧げたい、結果を残してようやく、東京のサポーターに認められた、泣かせる言葉連発でした・・・次あたりは勝って、今ちゃんに「勝って浮かれてないで・・・」と諭されたい気分です(笑)

それにしても能活はあんな惨敗なのにしっかり、いじりコールにも応えてくれて、いいヤツだ。

a0015766_022255.jpg

試合後もずっと残っていた磐田のサポーター。無様な負けに怒りの抵抗なのでしょうか?結局どうなったのかな。
それにしても東京にこんな惨敗をするようではちょっと心配ですね。。。J2降格もちょっと現実味を帯びて来ちゃったかな、、、という感じでした。なんだか盛者必衰じゃないけど、チームの補強、強化の難しさを垣間見ましたね。

a0015766_041855.jpg

こういう試合の後はこの琥珀色の飲み物がめっちゃうまい!
[PR]

by y_flugels | 2008-09-24 23:52 | ++FC TOKYO