ジキルとハイド vs 山形戦

a0015766_22352550.jpg

平日の夜は国立で試合のナビスコカップ。会社員に嬉しい都心部での試合、しかも19:30開始ということで余裕を持ってスタジアム入り。この日は東京ヤクルトスワローズとのコラボデーでした。
a0015766_231330.jpg

試合前にはドロンパとヤクルトのマスコット&チアガールズとのダンスショーもありました。ドロンパもしっかり踊れていましたね。
a0015766_2332389.jpg

今日の対戦相手はモンテディオ山形。過去1回対戦していて、その時は辛うじて勝利。今日は代表がいないので手強い相手と言って良いでしょう。
a0015766_2351029.jpg

山形のゴール裏。この日はGKに大志スタメン。小林監督、分かってらっしゃいますね(笑)。ということで試合前に「大志コール」
a0015766_239642.jpg

今日のスタメンはブルーノ、平松のCBに北斗と徳永がサイドバック、梶山、田邊、米本、石川の中盤にカボレ、平山の2トップという組み合わせでした。
a0015766_23101750.jpg

前半、この日の東京はプレーの一つ一つが精彩を欠いていたように感じました。最終ラインのブルーノと平松もコンビネーションがイマイチでさらに、スピードがないこともあり、裏をつかれて決定的なシーンを作られていたりもして。先制点もそんな感じから生まれてしまいました。FWに引きつけられて、飛び込んできた選手にスコーンとシュートを打ち込まれてしまいました。完全に崩された感じでしたね。その後もパスはつながらない、裏は取られる、そんな感じの見ていてイライラする内容でした。途中、スピードを生かした攻撃があったのですが、飛び出そうとした北斗が削られ途中交代。椋原が入ったものの流れを引き寄せるまでには行きませんでした。
a0015766_23171629.jpg

ハーフタイム、ドロンパとつば九郎たちが場内を一周していましたが、そのころ、ベンチ裏ではものすごい喝が入っていたようです。
a0015766_23294660.jpg

後半も開始から10分くらいは前半を引きずっている感じでしたが、ふとしたところから梶山がスコーンと放ったミドルが決まって同点に追いついて、選手には躍動感が、そしてサポーターもダルダルな雰囲気から一気に火がついた感じでした。1点取られたとき、取られ方、その後の雰囲気が悪かったので、サポートも微妙でしたが、ここからボルテージあがりましたね。その後は一気に東京ペース、ボールが回る回る、そしてカボレのスピードを生かした攻撃なんかも見られたりして、気づけば3-1と逆転。梶山が出したカボレの3点目のふわりとDFの裏に落としたパスなんかいやらしかったなぁ。梶山もゴール決めて波に乗った感じでしたね。
ただ、田邊も波があっていいシーン悪いシーンもあったけど、代わりに入った大竹がどうも壁に当たっているのかこの日もうまく試合に入り込めていなかった感じがしました。前線、中盤から前でボールをプレスして回せるから後半は最終ラインの不安定さを感じさせなかったと思います。
その後も平山のオーバーヘッドなんかもあってもう1~2点とったら良かったのに、とも思いました。
a0015766_23341223.jpg

久々に安心してみてられたロスタイムでした。内容は前半は悪かったモノの、後半はまあ盛り返したと言うことで及第点の試合だったでしょうか。まあ後半に逆転したから余韻とかで言えばすごく良かったですね。
ただ内容的にはまだまだ厳しいので上位の鹿島、浦和、ガンバあたりと当たったときは厳しい戦いになりそうな感じでした。
a0015766_23354068.jpg

久々に気持ちのいい、試合後の挨拶でしたね。ただ北斗とカボレのケガの具合が心配だったりもします。
a0015766_23393140.jpg

お立ち台は絶好調のナオ。この日も90分よく動いていたと思います。今年のナオはすごいね。
「絶好調!」コールも起きたり・・・でもまだまだ、と言ってました。そして駒沢で!と決意を新たに。
[PR]

by y_flugels | 2009-06-04 23:40 | ++FC TOKYO