負けても予選突破 vs 名古屋戦

a0015766_22114935.jpg

前節のナビスコカップでは5-1とホームで快勝、この試合は0-4で負けなければナビスコ予選突破という試合、一瞬、恵比寿観戦も考えたのですが気づいたら新幹線で名古屋に向かっていました。
a0015766_22183947.jpg

試合前、小腹が空いたので売店をウロウロしていると、名古屋グルメを見つけたので購入。
あんかけスパゲティ。どっちかというと中華風のスープスパを食べている感じ。
a0015766_22244685.jpg

名古屋のゴール裏には4-0という横断幕が掲げられていました。それに対して東京のゴール裏は「4-0東京!!」コールにはじまり、「5-0東京!」「6-0東京!」「7-0東京!」「8-0東京!」と煽っていきます。
さらにはこの試合が東京戦では初スタメンのケネディ、ということで「ケネディ、ケネディ、大統領!」といじりコールをしていきます。この日の東京の置かれた状況から余裕のサポートです。
a0015766_22314282.jpg

この日の東京のスタメンはターンオーバー。ということでなんと今季初スタメン、塩田がゴールを守ります。他にも徳永を休ませて、椋原、米本を休ませて草民、平山を休ませて赤嶺、と今年、もう少し頑張って欲しい選手が入ってきました。
a0015766_22342446.jpg

やはりモチベーションや試合の入り方が難しかった感じで、名古屋がペースを握っている感じでした。それでも今野がしっかりケネディを抑えて得点を許しません。正直、今野の守備を見て、日本代表の試合でも田中さんじゃなくて今ちゃんだったら最終予選違ったのでは?と思ったりもして。でもやっぱりあの高さは脅威でしたが、今ちゃんとブルーノの守備にいらついている様子でした。
名古屋も楢崎や玉田を外してきたので、「半分勝負を捨ててる?」と思ったら、あっさり先制を許してしまいます。それもちょっとした隙を突かれての得点でした。
a0015766_22513211.jpg

ハーフタイム、8月に行われる安城七夕まつり(日本三大七夕らしいです)をPRしに、安城七夕親善大使が場内を一周。
a0015766_2331748.jpg

そして名古屋のシャチ君も場内一周。
a0015766_237125.jpg

後半。メンバーの変更はなく、とりあえず失点を防いで、追加点があればいい、という感じの試合運びになるかと思います。ところが後半も名古屋に押され気味。正直、代わりに出てきた選手が今ひとつだった気がします。特にこの試合感じたのは、草民が中央突破にこだわりすぎて周りが見えてないなぁというところ。持ちすぎて囲まれてボールを取られてというシーンが多かったように感じました。あと、守備も正直、米本に比べると弱いかなと、そういう意味では米本の代わりはちょっとまだキツイかな、という印象でした。
ただ、流れは名古屋に傾きかかってきている感じで、ほんとは休ませたかったであろう、徳永とナオを投入するも、今度は頭で吉田に決められ2-0。こうなると名古屋は「いけるぞ!」という感じを持ったのでしょう、イケイケになってきました。
a0015766_23143982.jpg

そうなると、東京は3人目に平山を投入。ホントは平山も休ませたかったんだろうけど、4点入れられてしまっては元も子もないので前戦からプレスをかけてきますが、なかなか流れを引き寄せられずという感じでした。
それでもやはり好調のナオがドリブルで突破し、平山がゴールを決めて1-2に。これで実質7-3となり、東京の突破が決まりました。そういう意味ではこういうシーンでもしっかり決められる平山も逞しくなったなぁという感じです。
この試合の主審は丈二、やっぱり丈二は丈二でしたが、なにより東京のスルーパスをカットして、名古屋にパスしたときには「ゴラァ~~」って思ったりしました(苦笑)
a0015766_23192511.jpg

これで準決勝進出、相手は「浦和希望」だったのですが、まさかの敗戦で(苦笑)、またしても清水。
さすがに向こうも同じ相手に6連敗はないだろうと思うしやりにくい相手だなぁと思います。
a0015766_23205217.jpg

久々の1番の後ろ姿です。
[PR]

by y_flugels | 2009-07-29 22:11 | ++FC TOKYO