最後なにが起きるか見ようじゃないか vs 清水戦

a0015766_2331738.jpg

今回は体調不良だったことと、”静岡は鬼門”ということで、チームの勝利のゲン担ぎをして、行きたい気持ちをグッと抑えて恵比寿で観戦。恵比寿のフットニックは開店前から行列になっていたようで、試合開始1時間弱に行ったときにはすでに席は埋まっていました。
このお店、基本的には東京サポーターの集うお店なのですが、遠慮もなく清水のサポーターが前回のナビスコ準決勝の時同様、来ていたのにはイラッと来たなぁ。達也の先制ゴールのあと、岡崎にすぐ決められたときに後ろの方で雄叫びが聞こえたときはかなり殺意を覚えたけど(笑)、太田のオウンゴールの時はお返しとばかりにリプレイが出る度に「イェ~イ!!!」って盛り上がったなぁ。
この試合、長友が途中で交代して椋原に代わったんだけど、カボレ、石川に次いで、長友まで・・・って今までなら思ったんだけど、この試合は不思議と、長友が引っ込んでも「やばい」とか「キツイ」とは思わなかったなぁ。そして、その感じ通り、ガタッとチーム力が落ちずに試合が終わったような気がしました。ナオがいなくても達也、長友がダメでも椋原、みんなが少しづつ頑張ることで確実にチーム力、総合力はアップしている感じがします。
今日は誰がいい、とか悪い、とかそんなのではなく、チーム全体で戦って勝ち取った勝利、まさにそんな感じでした。内容も清水相手にこれだけできれば、言うことない、そんな感じです。
もちろん、オウンゴールの前の赤嶺の飛び出しがホントにオフサイド?とか、丈二のジャッジは相変わらず、とか、いろいろあったけど、今日は勝ち点3が取れたし、内容もそれなりに追求できたし、良かったと思う。この勢いでナビスコ、そして宿敵浦和戦に立ち向かいたいですね。
a0015766_23391670.jpg

こういう結果を見ると、今日、ゲン担ぎをして行かなかったのですが、行かなかったことをやや後悔してしまいます。こうなったら、城福監督が前に「最終戦に我々はなにかを起こす」と言っていましたが、こうなったら、最後、新潟に行ってなにが起こるか見てやろうじゃありませんか!
[PR]

by y_flugels | 2009-10-25 23:48 | ++FC TOKYO