丸亀決戦の前の視察を兼ねて 大宮 vs 仙台

a0015766_19413390.jpg

ナビスコカップ決勝に進出したために、10月最後と11月最初の土日は天皇杯は免除?というか日程変更。しかも変更後は11/11の平日夜間に長崎という罰ゲーム・・・さすがに行けないなぁ~と思う反面、サッカーみたいということで一番近場の試合を探したところ、次の長崎で草津に勝ったらぶつかるであろうチームの対戦があったので大宮まで行ってきました。
a0015766_2023416.jpg

J1下位の大宮とJ2上位の仙台、力的にはどうでしょう?やや大宮の方が有利な感じもしますが、来年J1に昇格を目指す仙台とすればここは互角に戦っておきたいところです。開始早々から大宮のペース。仙台の守備が弱いというか、やはりここがJ1とJ2のレベル差なのでしょうか、スピード、パスの展開について行けず、大宮が自由にボールを回す時間が続きます。特にラファエルとドゥドゥの2人にボールを預けてという展開で再三チャンスを作ります。
a0015766_20213218.jpg

おもしろいもので先制はセットプレーから仙台。サッカーはいくら攻めていても点を決められないとセットプレーでやられることがあるのですが、まさにそんな展開でした。ここから徐々に仙台もペースをつかみだし、カウンターからなんどかチャンスを作りますが、大宮のカウンターに対応できずにペナルティエリアで倒してしまいPK。この判定は妥当だったと思います。これを決めて1-1の振り出しに戻ります。
a0015766_20241089.jpg

後半は仙台もだいぶペースをつかんできたのか一進一退の攻防。というより両チームとも最後のパスのミスなどが目立ち、決定的なチャンスをつかめずにいます。特に仙台は真ん中をガッチリ固めて守っているので、クロスを闇雲にあげても跳ね返されるだけで、崩す工夫がないと大宮は厳しいなぁ、と見ていました。一方、仙台も攻撃の枚数が少ないのでカウンター狙い、という感じで、見ていておもしろさはなかった感じがします。
a0015766_20331478.jpg

結局、延長戦へと入ります。天皇杯は30分の延長戦、そしてPKと決着がつくまで戦い続けます。
だいぶ日も落ちて肌寒くなりました。
a0015766_20402451.jpg

試合が動いたのは延長前半。ペナルティエリア近くでファールを取られた仙台がFKのチャンス。ここで梁勇基のFKが壁の脇を通って、GKの手をかすめてゴール。これで仙台が再びリードを迎えます。梁勇基が決めたことで仙台のゴール裏は盛り上がっていましたね。
その後は大宮が必死の攻めをしますが、どうも上がりが遅く、ラファエルなどがあがっても孤立するシーンがあり結局、仙台がしっかり守りを固めて2-1で逃げ切る形となりました。
a0015766_2048298.jpg

結果的に下克上という形になりましたが、この試合はどちらが勝ってもおかしくない試合でした。
ただ、両チームともやはりJ1の上位との対戦ということを考えると、パスミスが多く目立った試合で、そういう意味では厳しい戦いになるような印象を受けました。
実際、丸亀ではウチが草津に勝てば対戦をするわけですが、どちらと対戦しても、東京のサッカーであれば、かなりいい戦いができそうな感じもする反面、あれだけ真ん中を固められたときにどう崩すのか?を考えないと、相手の術中にはまってしまうような気もしました。
a0015766_20531120.jpg

次の丸亀へ進めるのは仙台となりました。特に際だってすごい、という選手もいなかったのですし、それほど、強い、とも思わなかったのですが、やはりセットプレーで点を決めてくるあたりは、セットプレーに弱い、東京としては要注意かもしれません。
a0015766_2055121.jpg

彼らとは丸亀で対峙することになるのでしょうか。まずは草津戦ですね。
今日の主審は西村・・・第三者的に見るとちょっと、プレー再開のポイントの位置など細かいなぁという部分もありましたがそれほど、変なジャッジはなかったように感じました。得点にからんだファールもまぁ妥当かと。
[PR]

by y_flugels | 2009-10-30 19:35 | +Football