☆☆ カップ奪還!! 【祝】ナビスコカップ優勝《その2》

a0015766_23524661.jpg

いよいよ試合開始。スタメンは小平での練習を見てほぼ予想通り。権田に最終ラインが椋原、ブルーノ、今野、徳永、中盤に梶山、米本、羽生に達也、FWは赤嶺と平山。控えに塩田、佐原、藤山、平松、長友、北斗、近藤。この時は「あぁ、浅利はベンチ入らなかったんだ」くらいにしか感じていませんでした。
a0015766_23593236.jpg

試合開始。開始してから数分はお互い、様子を探りながらの展開。無理をして攻め込んだり必要以上にボールを追い回したりせず、ジャブの撃ち合い、という感じでした。先に流れをつかんだのは川崎。徐々に前線の猛獣(鄭 大世、ジュニーニョ、レナチーニョ)が牙を剥き始め東京ゴールを脅かしました。10分くらいの谷口が1対1、これをこの日の陰の立役者、権田がファインセーブするもこぼれ球がフリーのジュニーニョに!「終わった」と思ったらこれをふかしてくれて助かりました。その後、東京もいつものボール回しから徐々に流れをつかみはじめたら、するすると抜け出したヨネが得意のミドルレンジからシュート、これがなんと川島の手を弾いてサイドネットを揺らして、東京のゴール裏も大きく揺れました!いや~まさか入るとは思わなかった、そんなシュートでした。
a0015766_071035.jpg

なんと、またしても東京が1-0で先制!ここから一気に東京は緊張の糸がほぐれたのか、いつものパス回しが決まりだして流れをつかんでいきます。川崎相手にも臆することなく、自分たちのサッカーをできるようになってきて、正直、見ていて、今までのクラシコと違い、安心して見ていることができました。
a0015766_09083.jpg

鬼門の後半。今まではここでやられて逆転という苦汁を味あわされていたので、ここは落ち着いていきたいところ。後半も東京がしっかりボールをつないで自分たちのサッカーをし続け行きます。しかし、川崎も黙っていません。強力攻撃陣ががんがんと攻めてきて押し込まれる時間帯が続きます。でも最後のところで今ちゃんがしっかり締めて、さらに権田がファインセーブと簡単に片付けられないほどの、見事なセーブの連続で川崎の攻撃を封じ込めていきます。そうなると追加点が欲しい、そんな風に思っていた矢先に、カウンターから左サイドの達也に出たボールを達也が深くサイドをえぐってクロスをあげる、それを猛然と走り込んできた平山の頭にドンピシャ!!めっちゃキレイなヘディングシュートで2-0。この瞬間、スタジアムのテンションが最高潮に達したんじゃないかな。未完の大器とか揶揄されていたけど相性のいい国立でさすがの大物ぶりを発揮する素晴らしいゴールを平山が決めてくれました。やればできる子なんだねぇ。。。
a0015766_0145541.jpg

この2点目は大きかったですね。自分自身もこの瞬間に、なんとなく勝ちを確信しました。ゴール裏の雰囲気も、変に緊張感とか悲壮感もなくファイナルを楽しむ、そんな感じの雰囲気に、選手達も気持ちに余裕が出たのかもしれません。この後はずっと川崎に押し込まれる時間帯が続きますが、権田を初めとする守備陣の集中で完全に川崎の攻撃をシャットダウン。特にこの試合を通じて猛獣(外国人3人)と猛獣使いのケンゴとのホットラインを分断していたのが大きかったように感じました。
それにしても達也のバーに当てたゴールと長友の1対1は惜しかったなぁ・・・長友もケガを押してよく頑張りました。
a0015766_019360.jpg

ロスタイムは4分。でも別段長くは感じなかったなぁ。東京がしっかり守りきっていたし、この戦いぶりなら、万が一、失点しても同点に追いつかれることはないと確信していました。だから、早く4分終わって、最高の時を迎えたいと思っていました。このロスタイム4分、そんなにあったか?という感じでしたが、まぁあったんでしょう。
この日の主審は村上。正直、試合が始まる前はあんまり評判の良くない審判なだけに不可解な判定で試合をぶち壊さなきゃいいなぁと思っていたけど、この日については特に不可解なジャッジもほとんど無く、ストレスなく感じた、そんな感じでした。やりゃ、できる子なんだ、みたいな。
a0015766_0235256.jpg

そして長いホイッスルの後、試合が終了。ついに東京が最高の場所に到達しました。

この日は誰が良かったとか悪かった、というのはあんまり感じなくて、出ている選手がみんな、それぞれが特長を生かして、役割を十分に果たしたと思います。そういう意味では個々の能力とか個人技、ではなく、チーム力で勝ち取った勝利だと思います。片や川崎は前線3人があまりに強力な個人技を持っていて、さらに、猛獣使いのケンゴも個人技が高いから、東京が先制されて、同点に追いつきたいあまり、個人技に頼り過ぎてバランスを崩し、なかなかゴールを奪えない焦りもあってズルズルいった感じを受けました。

それにしても前回の時はPK勝ちでなんとなく、やりきった感じがなかったのですが、今回は内容もよく、やりきっての勝利ということで非常に満足度の高い優勝となりました。いや、ホント、このサッカーは見ていて、楽しすぎてやばいです。

☆つづく(コメント欄は試合の最後にまとめて開けます)
[PR]

by y_flugels | 2009-11-04 23:52 | ++FC TOKYO