屈辱以外の何物でもない

本当に多くの駆けつけてくれたファンの方たちにはホームにも関わらず浦和レッズのファンに歌を歌い続けられ、非常に悔しい思いをさせました。あれだけ歌い続けられるのは屈辱以外の何物でもない。我々が今できることは年間順位で浦和レッズよりも上に行くことしかない、それしかないと思っています

J's Goal 城福監督のコメントより

a0015766_2135567.jpg

ナビスコカップ決勝の余韻冷めやらぬまま迎えた、味の素スタジアムで迎えたホームは憎き浦和との対戦。
自分としてはダービー以上に負けられない一戦。
a0015766_21415885.jpg

このゴール裏を見るといやが上にも気持ちの高ぶりとボルテージ、そしてなにより、ヤツらの応援を聞くとアドレナリンがビンビンと出てきます。負けられない戦い。
a0015766_21444411.jpg

スタメンはナビスコカップ決勝と同じメンバー。浦和はケガで出場が危ぶまれた闘莉王も出場してきました。
a0015766_21482161.jpg

前半、なんどかチャンスは浦和には作られたものの、全般的には東京の方が主導権を握っていたと思います。ナビスコカップ決勝の疲れも多少あったけど、いつも通りのぶれないサッカーをしていたと思います。ただ、やはり研究されていたのか、梶山、米本のところへのチェックが厳しかったのと、サイドをきちんとケアされていた、なにより、悔しいけど最終ラインのオフサイドのコントロールにまんまと引っかかるシーンがなんどか見られました。ここでチャンスは作るものの決めきれなかったところがあったように感じました。
a0015766_2151406.jpg

ハーフタイム、味パンダとドロンパ。この日は味の素デー、味の素製品をもらいました。
a0015766_2152289.jpg

後半。立ち上がり、ちょっとあんまりいい入り方じゃないなぁ、と思った矢先にエジミウソンにワンチャンスを決められて1-0。腹立たしいくらいにボルテージの上がる相手のゴール裏。その後、東京は立て直しを図ってパスをつないでリズムを作ろうとした矢先、浦和が1人退場、ちょっとイヤな感じがしました。案の定、浦和はガチガチに固めてカウンターというつまらないサッカーをしてきます。こうなると、今の東京のウィークポイントでもあるスペースがなく攻め手がなかなか・・・東京は今ちゃんを前にあげて怒濤の攻めをしてきます。特に、今ちゃんの鬼守備、そして鬼攻めあがり、まさに鬼神という感じでした。さらにこの日はブルーノも上がってきて、ブルーノの惜しいシュートもあり、でもなかなか決めきれず。赤嶺があそこで決めれば、というシーンが多かった。そういう意味ではもっともっとシュート練習をしないと!!
a0015766_21583846.jpg

というよりこの日も劣勢で交代枠2つしか使わず・・・FWが1人ベンチにいるのに使わない、いや、使えない・・・そういう意味では、祐介、そして攻撃枠の大竹、もっとしっかりしないと。

西村・・・微妙でしたが、梶山がイエローをもらって2試合出場停止・・・次節とその次、どういう布陣で来るのか?

とにかく悔しい、悔しくて、帰宅後、ふて寝してしまいました。5年もこんな屈辱が続くなんて。。。
とにかく悔しくて腹立たしくて屈辱感のある試合でした。これでナビスコ優勝が色あせることはないけど、気分的にすっかり霞んでしまった、そんな試合でした。

ただ、目覚めて、まさかの柏の勝利と監督のこのコメントを読んで少し落ち着きました。
監督がしっかりサポーターの気持ちをくんでくれていたのが嬉しかった。



a0015766_2223491.jpg

この日、ケータリングはこんなネオ屋台が来ていました。
a0015766_2235068.jpg

豚トロとハーブチキンの丼。なかなかおいしかったです。
さすがにおいしかったせいか、すごい行列でした。最近、だいぶ味スタグルメも充実してきた感じですね。
[PR]

by y_flugels | 2009-11-08 22:04 | ++FC TOKYO