終戦

a0015766_22121712.jpg

2年ぶりの丸亀陸上競技場。それにしても天皇杯、アウェイ遠征は嫌いじゃないけど、ちょっとチームによってドサ周り度合いが偏りすぎ。鹿嶋なんてずっと鹿嶋だしね・・・。この差はなに?
a0015766_22255421.jpg

長崎の試合から中3日で迎えた対戦相手はベガルタ仙台。J1昇格を決め勢いづいているチームですし、先日、大宮との試合を見ても分かったとおり侮れない相手。しっかりやらないとやられてしまう、そんな相手ですから油断はできません。
a0015766_22274929.jpg

この試合のスタメンは権田、椋原、ブルーノ、佐原、平松、梶山、米本、羽生、鈴木達也、近藤、平山という布陣。
達也以外は前節の草津戦と同じメンバーです。
a0015766_22285682.jpg

開始早々に佐原が肘打ちを受けて流血。立ち上がりからうまくリズムをつかめていない、そんな感じでした。風もあったからかもしれませんがロングボールはつながらず、パスは仙台がしっかり研究をしていたのか、梶山、米本をマーク、そして、サイドもしっかりケアして、スペースを与えない感じ。東京もいい時でしたら、それをこじ開けるような馬力があるのですが、この日はそれが全然見られませんでした。仙台がよかったと言うより、うまく研究されていたのと、東京にパワーがなかった、そんな感じでした。そういう流れだと必然的にトラップが相手の足下に流れてカウンターを食らう、と言う展開になるのですが、まさにそんな感じでした。
そんな中、先制は仙台、米本のクリアがドフリーの選手の前に転がりシュート。この日も再三、ファインセーブしていた権田が抑えられずに、1-0となります。
それにしても見ていて、平松のサイドバックは怖すぎでした。そもそもCBだから、というのを差し引いても、仙台の選手に簡単にサイドを抜かれて再三ピンチを作られていました。これなら、CBの経験も豊富な藤山を使うべきだったんじゃないか、と思いました。
a0015766_2236210.jpg

後半そんな流れを打破すべく、長友を投入しますが、なかなかサイドを駆け上がるシーンが見られず、流れをつかむことができません。春先の悪い時期に戻ったような錯覚に陥りました。こうなると仙台は守りを固めてカウンターとなるのですが、まさにそれがぴたりとはまり、2-0になります。1-0の時は「同点に追いつけば」と思ったのですが、2-0になった瞬間、この日の東京では2点を返すのはきついなぁ、とやや絶望的に感じました。ただ、負けられない城福監督、選手に「落ち着け、落ち着け」という指示を出しますが、それがなかなか伝わらず、攻め急ぐばかり、最後はパワープレーに出るため、佐原をあげての攻撃となりますが、仙台もしっかり引いて守っているので、ロングボールは跳ね返されるばかり・・・得点の予感もないまま、ロスタイムに。
そして、絶望的なカウンターからの3点目が入り、東京の、浅利と藤山の天皇杯は終わりました。
この日の東京は全くいいところがなかったと思います。
a0015766_22422188.jpg

怒号もブーイングもない、沈黙の中の選手の挨拶。わずかな拍手がありましたが、重い空気が流れていました。選手もサポーターも呆然、というところでしょうか。

それにしてもこの日の主審の田辺はひどかった。ジャッジ以前に、試合を全くコントロールできていませんでした。まだ治療中なのにリスタートの笛を吹いたり、相手の27番と佐原が熱くなってやりあっているところの対応も全然できていなかったし、しかも意味不明なドロップボールとか・・・ポジショニングが悪いから東京のパスコースに突っ立っていたりして、邪魔すぎだし。見ていてかなりイライラしました。きっと選手もイライラしていたと思います。天皇杯は開催地、レベルの低い審判の割り当てなど、不確定要素が多い、だから、波乱もあるんだろうけど、今回は半分は波乱だったとしても半分は必然的な負けだったような気がします。

仙台の方が明らかに寄せの速さ、などコンディションが良かったのは否めなかったですが、やはり、J2相手に3-0負けは凹みます。

まぁクソレフリーのジャッジを差し引いても東京はひどかったけどね。



ネットなどでのみんなの反応を見ると、ナビスコ決勝(国立)、J1(味スタ)、天皇杯(長崎)、天皇杯(丸亀)とほぼ中3日で続いていて連戦の疲れなどがあったから、致し方ない、という意見が大勢を占めている感じがします。
でも、選手も監督もそれは言い訳にしたくない、と言っていました。
私も同感で、それは言い訳にしてはいけないと思います。確かに選手層が薄いし代表がいない中でこの日程はあり得ない、確かにそうかもしれませんが、今年の東京の目標を考えると、それは負けた言い訳似すぎないと思っています。
今年の東京の目標、ACL出場
ENEOSの撤退、株主であるampmのファミマへの統合、正直、来年の補強費用がどれだけ捻出できるか不確定な中、最悪は今の戦力をなんとか維持し、+α、ユース組の昇格でやらなくてはならないとしたら、そうは言ってられないと思います。

ACLに出る、と言うことはこれくらいの厳しい日程をこなし、かつ、リーグできちんと成績を残していくことが要求されます。ACLに出て疲れたからリーグで負けが込んでJ2降格、なんて許されないですよね?

だとすれば、やはり、これくらいの日程は来年を考えると、しっかりとこなした上で、結果を残していくべきだったと考えていますのでこの敗戦は、まだ、東京はACLに出るのは時期尚早なのかもしれない、そう考えてしまう試合でした。
[PR]

by y_flugels | 2009-11-16 22:53 | ++FC TOKYO