寒くて不愉快な蘇我での試合。

a0015766_1212836.jpg

今年も残すところあと3節、この日勝てば、4位に浮上するということで、相手はJ2降格の決まったジェフ、ここのところいい試合ができていませんでしたが、再びラストスパートをかけるには絶好の相手。
フクアリに来るのも当分ないだろうなぁ~、ということで、しばしのお別れです。
a0015766_12143393.jpg

雨とすごい数の行列に意気消沈しカレーは断念、スタジアム内の喜作にするも言うに及ばず大行列。その間、JEFの社長のお詫び挨拶があったようですが音声のみ。
a0015766_1218103.jpg

ここはピッチとスタンドが近くていいですね。この日は梶山がお休みと言うことで羽生をボランチに下げて北斗を入れるという布陣でした。
a0015766_12194013.jpg

ここのスタジアムいいんだけど観客席が少ないのが難点ですね。ゴール裏もさすがにこの日は立ち見が出るくらいの混雑でした。
a0015766_12213973.jpg

J2降格にもかかわらずかなり盛り上がっていて、サポーターの数も多かったですね。そういえば社長挨拶の時にもブーイングがほとんど無かったのはちょっと驚きでした。
a0015766_18164134.jpg

前半から東京はどうも前回に見た仙台戦@丸亀と同じようにうまくかみ合っていないというか、そんな印象を受けました。例えて言うなら春先の調子を落としていた時期と同じ感じの流れ。パスはつながらない、動きは連動しない、スペースをうまく使わない等々・・・むしろ千葉の方がボールへの寄せ、動きなど良かったので、「どっちがJ2降格するチーム?」と思ってしまったほどでした。
なんどか決定的なチャンスを作られるものの、最後のところでなんとか防いだり、ジェフのミスに助けられたり。その当たりの精度の低さが下位に低迷しているチームなのかもしれません。
特に椋原のサイドが完全に狙われていた感じで、そこから決定的なシーンを何度も作られました。
そんな中、巻が代わったことでさらにジェフはいい攻撃をするようになり、先制はジェフ。ブルーノが倒されたのをスルーされ、そのままゴールに流し込まれて先制。このあたりから、ジャッジに不信感を抱くようになります。しかし、「得点の予感」が感じられない中、前半終わり間際に赤嶺が同点ゴールを決めて振り出しに。
これで落ち着いて、本来の姿を見せてくれるだろう、と期待しました。
a0015766_18221046.jpg

ハーフタイムのショーを挟んで・・・。
a0015766_18331879.jpg

後半。さて、監督の檄も飛んで、気合い十分、と思いきや、いきなり、坂本のクロスが、「あれ?」という感じで飛び込んできたスキンヘッドの頭にあわせられネットが揺れました・・・・「え!?」という感じで2-1と逆転されます。
ここから、なんだろう、今までの東京なら、逆転されても自分たちのペースでサッカーができるから、ボールを回して、となるのですが、残念ながら、最近は自信を失っているのか?焦りからミスが続きます。さらに輪をかけて、不可解なジャッジが続き、イライラは募るばかり。そんな中、まさかの選手交代・・・「え!?点を取った赤嶺に代えて祐介!?」
正直、祐介を私は評価していないのでこの交代は「ないわ」と思いました。案の定、走れない、競れない、さらには負けているのにボールを激しくチェーシングして運動量で相手を圧倒できない、さらにはファールを流されボールを取られても取り返しに行くどころかいつまでも不服そうな態度、見ていてかなりイラッと来ました。
そんなイライラがさらに平山のもったいないイエローカード2枚目を受けてしまいます。1人足りなくなって、完全に劣勢になりました。前がかりになったところをカウンター、ボランチに今野を上げて、攻撃シフトをするも万事休すでしたね。
結局、ジェフに1-2で敗戦。去年に引き続き、フクアリであり得ない負けを期してしまいました。

それにしても、この日の主審の岡田はひどかった。試合終了から退場するまで「クソレフリー」「八百長」「岡田やめろ」と怒号とブーイングが飛び交うなんて久々じゃないかな?それくらいひどかった。正直、気分悪いったらありゃしない。

本来は定年なので引退しているべきなのですが、わざわざコイツのためにルール改正して定年を延長してこのざま、鹿島-川崎の例の試合中止の件もそうだし、この日のジャッジもひどすぎ。
老眼なのか知らないが、ハンドを何回見落とせば気が済むんだろう・・・。しかもJEFのハンドは全部スルーでウチのハンドは相手選手のアピールで取る、とか、あり得ない。平山の肘打ちだって許されるべきではないが、その前にジェフの選手が徳永に肘打ちするのをスルーとか、どこ見てんだ、って言う感じ。まぁこの日は副審もひどかったが。
さらには平山のオフサイド後のシュートが遅延なのだとしたら、その後の、後半のジェフの選手のあからさまな時間稼ぎは明らかにカードになるべきだと思うが、それをスルー、そして最後に帳尻あわせで東京とJEFのカードの数を合わせる、もう、いいから引退してくれ。
まさに「晩節を汚す」とはこのことだね。

まぁ唯一の救いは城福が退席にならなかったことかな。さすがにキレて、試合後に握手無しで帰って行きましたね。

それを差し引いてもいいところがなかった試合でした。残り2試合、終わりよければ~と言うわけではないですが、最後、しっかりとした戦いを見せて欲しいです。
正直、11/3の戦いを見ていると、枕詞に使われる「ナビスコカップ王者」という言葉がむしろ恥ずかしくなるくらいです・・・。もう、そのことは忘れましょうや。
[PR]

by y_flugels | 2009-11-22 23:24 | ++FC TOKYO