<   2006年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

新潟でデンマークとの決勝T

死のリーグと呼ばれるグループリーグを突破したイングランドはデンマークとの決勝トーナメントを新潟で迎えます。実は新潟に行くのはこの時がはじめて。この時は新潟のB級グルメなど知るよしもなく、コシヒカリのおにぎりとかで満足した気がします。

新潟までは上越新幹線で一気に。新潟に着くと駅前にはシャトルバスの乗り場がすぐにわかりました。こうやって待ち時間と乗車時間をしっかり表示してくれるのはわかりやすかったと思います。

a0015766_20581985.jpg


スタジアム(ビッグスワン)に着くと、大阪で見たダッチワイフを発見。写真を撮らせてもらいました。

a0015766_20591956.jpg


デンマークサポーター。ちなみに写真の右は私が写っていますが、写真を出してしまうとこのBlogのお客さんが限りなく0になりそうなので自主規制しました(笑)

a0015766_212123.jpg


デンマークといえばバイキングのふるさと、ということでバイキングの角?をかぶったサポーターを何人か見ることができました。でも比率としてはデンマークのサポーターが少なく、イングランドのサポーターがとにかく多かったように思います。

a0015766_2141713.jpg


ビッグスワンのまわりには親水公園があり、水辺があってのんびり歩くにもいい感じの場所でした。いくら6月とはいえ、新潟、寒いのに・・・

a0015766_2151890.jpg


イングランドサポーターのオヤジが入水・・・もちろんTVカメラをはじめ注目の的です。

a0015766_2155518.jpg


スタジアムの外にはスポンサーのブースがあり、そこではいろいろなグッズをもらえたり買えたりイベントに参加できるのです。W杯は試合前からお祭りを楽しむのがEnjoyする方法です。

a0015766_2175947.jpg


スタジアムに入りました。やはり日が落ちてくるとちょっと寒くなってきます。それにしても至る所にイングランドの旗が飾られています。

a0015766_2192951.jpg


選手が出てきてウォーミングアップ。ここからは1発勝負のトーナメント、負けられない試合です。ちょうど私の席はデンマークよりということでデンマークの練習が目の前で見ることができましたが、そもそもイングランドのTSTなのでイングランド側に席を割り当てられるのが普通では?とも思ったのですが。。。

a0015766_21113731.jpg


そしてスタメン発表。デンマークではここのところ、気になっていたトフティン。風貌がすごい豆タンクみたいだし。そういえばこの大会のあと?暴行で捕まったような。。。

a0015766_21141143.jpg


そして試合開始。とにかくこの試合のイングランドは予選では守備的でどちらかというとちょっと消化不良な内容だったのが、この試合では前半からガンガン攻撃を仕掛け、先制点を奪い、追加点、気づけば3-0ですから。試合終盤には大脱走を歌いながら、スタジアムの中をぐるっと隊列で回ったりして大騒ぎのイングランドのサポーター。イングランドにとってはお祭り騒ぎでしたね。

a0015766_21175857.jpg


これは相撲取りの格好をするイングランドサポーター。大盛り上がりでした。

a0015766_2118561.jpg


大盛り上がりのゴール裏。ちょうどこのあたりにトランペットを持ったサポーターの中心がいました。

試合後も新潟の街はイングランドサポーターの歓喜の歌声が響いていました。そして試合開始が20:30だったので終了が23:00近く。本来なら新潟に宿泊しなくてはならないのですが、この日はJRの機転で深夜の新幹線が出ていました。なんと、全席自由で東京までノンストップ。ちょっとのんびりして0:00過ぎの新幹線で帰りました。なんと、全席自由なのでMAXのグリーン車に乗って帰京。これはおいしい。で、最後尾の車両に乗ったのですが、前の方の車両ではなにが起きていたのか。。。聞くところによると車内では缶ビールを飲みまくり、サポーターソングをエンドレスで歌っていたらしい>イングランドサポーター。恐るべし。

東京駅に着くと眠そうな顔をしたイングランドサポーターがめいめい1人東京都推奨ゴミ袋1袋位を持参しておりて来るではないですか。中は・・・缶ビールの空き缶。1人で新幹線の2時間ちょいの間にそんなに飲んだのかよ・・・ありえない。。。というか恐ろしい。。。

またまた世界のサポーターのすごさを知った瞬間でした。
[PR]

by y_flugels | 2006-04-30 21:23 | ++FIFA World Cup

キョン×2祭で鯱を撃沈

今週の驚きのニュースといえば、構造計算書の偽装の姉歯氏が東京地裁に出頭する際に”かぶりもの”を取った姿で公の場に出てきた、とか、ホリエモンがすっかり痩せてしまった、とかありましたが、なんと言っても我々の世代ではアイドルだったキョンキョンが20歳の男の子とおつきあいをしていたということ。
というかキョンキョン、もう40かよ!?という驚きもありつつ、それにしてはきれいだよなぁ~とか。

ということで今日の味の素スタジアムは寒かったですが、試合開始直後からゴール裏のテンションは上がりまくり(多分寒かったから?)。

a0015766_2393599.jpg


試合開始から「なんてたって東京~東京はやめられない!」を歌いまくり。(祝キョンキョン?)今日はけっこうテンション上がり目の雰囲気でいい感じ。名古屋もぱっとしないチームだし、玉田がいるけどそんなに強い相手じゃないかな?という印象。そして前節、まぁまぁ良かった、宮沢、今野、梶山、ルーカスの中盤での試合となりました。

a0015766_23122779.jpg


相手がマリノスと比べると格下、なこともあり、前半からボールをポゼッションして、サイドからガンガン攻撃を仕掛けます。気温が低いせいか?規郎の動きもいいし、なにより中盤のボールへの寄せが今までにないくらいいい感じ。ちょっと期待できるかな?と思ったら、いや~~来ましたね、ルーカスのヘッド、信男がサイドからクロスをあげて赤嶺にあわせると思わせておいて、2列目からルーカスがずどーん!すごくきれいなヘッドでした。
さらに!この日はその後も攻めまくり、今度は規郎のクロスをコースをかえて再びルーカスがヘッドで2点目。めっちゃいい感じ、前半20分にして2-0。まさに東京はやめられない!気分。その後も攻めまくるも、名古屋の時間もあったもののいい感じに前半終了。ルーカスといえばホームの名古屋戦は調子いいですね。

a0015766_23182274.jpg


後半。選手交代なし。今日の内容なら交代いらないでしょう。トップの赤嶺と川口も気持ちが入っているし。なにより、この日は今までダメ出しをしていた梶山、めっちゃよかった。ボールへの寄せ、そして気持ちの入ったプレー、そして若いのに老獪なプレーの数々、いろんな意味でこのチームは梶山の調子でこうも変わるの??という感じで。
ただ、GKとの1対1を外しちゃったのは愛嬌?いや、きっと梶山は簡単なシュートは案外、決められなかったりして。。。(難しいシュートは決めるのに。。。)
あとは宮沢のFKも惜しかったし、後半は惜しいシーンが多かった。よくプレミアリーグとかで見ていて、歓声のあと「フゥ~~~」っていうシュートが外れたときの雰囲気、そんなのの連続。そしてノリノリでしたね、「なんたって東京!」ホントに東京はやめられない、という感じで。
後半、リチェーリ、お帰り文丈、そして伊野波を入れて2-1で逃げ切れました。名古屋の得点のミドルもめっちゃきれいでしたね、悔しいけど。
あと名古屋はなんで俊哉は控えかなぁ。。。もったいない。俊哉が入って、かなり前線にためができるようになって、リズムが変わったし。それにプレーしながらコーチングできるから、脅威だよね。あと2列目からのジャンピングボレーのイメージがあるけど、危ないシーンもあったし、ちょっと自由にしすぎだったかな。

あと、試合終了直前の伊野波・・・・あそこで横パスはどうよ・・・「シュート打てよ!!!」(コールもされちゃったけどね)。そこがちょっとがっかり。

後半は点が入らなかったけど、終始、ボールもポゼッションできたし、これくらいやってくれればいいんじゃないかな。ここんところ消化不良が続いていたから、GWのスタートにいい気分になれました!(ちょっと気分がよいので乱文お許しを)

a0015766_23301835.jpg


試合後、名古屋のゴール裏はちょっともめていた感じでしたね。まぁちょっと内容的には良くなかったですね。というか名古屋の応援って昔からそうだけど、あいかわらずいろんなチームの応援と同じなのが多いよね、ガンバちっくなのもあったし。

a0015766_23312933.jpg


そして今日の主審の高山さん、一昨年くらいはマリノス-草津で3人の退場者を出したり、大久保(元C大阪)に「落ち着いてください」などと言われるくらいの暴走レフリーだったのですが、その印象は強かったものの、最近はいい感じになってきた、というネットでの評判でしたが、その評判に違わず、悪くなかったですね。アドバンテージもしっかり取っていたし、流れを切ることもなかったし。こういうレフリングならストレスもたまりませんね。
[PR]

by y_flugels | 2006-04-29 23:31 | ++FC TOKYO

なにわでマッタリ消化試合

a0015766_011553.jpg


現時点で2位のイングランドはこの試合、勝ちか引き分けで予選突破、負けるとアルゼンチン-スウェーデンの結果次第という状況で、1位抜けした場合にはセネガルと、2位の場合にはデンマークと対戦になります。個人的にはセネガルも見たいですが、戦いやすさ、1試合でもイングランドを見るためにはデンマークの方がいいかなという感じでした。宮城の試合を気にしつつの観戦です。相手のナイジェリアは予選敗退が決まり戦意喪失、宮城の試合の方がおもしろみでは上かも知れません。
今回はオフィシャルエアラインのJALで関西空港より大阪入りです。

a0015766_0131115.jpg


大阪と言えばミナミ、ミナミと言えば別名ひっかけ橋ともいうべき道頓堀、グリコの看板は日本代表バージョンです。ちなみに写真下の看板は川に飛び込まないようにとかかれています。

a0015766_0134322.jpg


大阪のミナミと言えばもう一つ忘れてならないのは”かに道楽”の看板。かに道楽もW杯モードです。
もう一つ有名な”くいだおれ人形”はもう人が多すぎて写真取れませんでした。。。

a0015766_0141575.jpg


地下鉄を乗り継いで長居まで向かいます。地下鉄の中ではナイジェリア人サポーターが早くもサンバにも似たアフリカンチックなリズムで太鼓を叩いていました。個人的にはアフリカンチックなリズム、好きなんですよね~。で長居公園に到着。普段ならすんなり行けるのですが、この日はうねりながら。。。けっこう時間かかりました。
ちなみにこの日はW杯の観戦中一番暑かったと思います。

a0015766_015155.jpg


そしておなじみのセントジョージ旗になぞらえた横断幕。
このころになると日本人サポーターでベッカムヘアーで観戦に来る人が増えてきました(苦笑)。

a0015766_0153724.jpg


そしてこちらもおなじみゴール裏の光景。この日の気温は結構高かったので上半身裸の人も多く見られました。しかし日本・韓国以外でこんなにサポーター来てたのってこことアイルランドくらいじゃない??

a0015766_0162622.jpg


選手入場、ゲンを担いでかアルゼンチン戦と同じセカンドユニで登場。それにしてもナイジェリアのユニフォームの色は少し派手すぎと言うかなんというか・・・。

a0015766_0171857.jpg


試合はと言うと前半こそ攻めていましたが、後半は完全に引き分けねらいの間延びした試合。イングランドサポーターからもブーイングが起こるほどでした。途中、宮城に行っている友人からメールで経過が入るのですが、それをイングランドサポーターが気になるようで「どうなっている?」と聞かれました。結局、スコアレスドロー、予選3試合、すっきりする内容の試合ではなかったんですがとりあえず予選突破。次は新潟行でデンマークと対戦になりました。

a0015766_0181185.jpg


試合後、スタジアムの外は大渋滞。正直、誘導は最悪、私が行った中でもワーストと言って良いでしょう。いままでさんざん、代表の試合をしてきたのに全く経験が生かされていません。
で前に見えるのがダッチワイフですがスパイスガールズつまりベッカムの奥さんのことを指しているようです(笑)

a0015766_0184279.jpg


近づいて撮影してみました。。。POSH SPICEとかかれていますね。

a0015766_0191292.jpg


そして先ほども書きましたが誘導が本当に最低。まったく機能せず。なんのためにあるかわからない柵を跳び越えていく人も多数出てきています。だいたいイングランドサポーターがアルゼンチン戦で騒がなかったので気が抜けたのでしょうか?警備も甘々です。

a0015766_020398.jpg


こんなん人形を持ち込んでいるイングランドサポーターもいました。。。それにしてもよくダッチワイフを持ってきたものです。。。フランスサポーターの鶏には負けますが(苦笑)。

a0015766_0205479.jpg


この日は日帰り、難波に出て再び関西空港へ向かってそこから今度はJASで帰りました。この誘導の悪さで時間には余裕を持っていたのに難波駅に着いたのはなんと19時近く、2時間も立ち往生してしまいました。そんなんで大阪の美味しい物も食べられなかったし、急遽、ラピードに乗る羽目になりました。試合内容といい誘導といい今大会最低の観戦でした。
[PR]

by y_flugels | 2006-04-28 23:10 | ++FIFA World Cup

仙台でカリブのかおりを

日本代表の試合がある日ですが、この日は仙台へ。昨日の夜、最終便の1本前で帰京し、朝の新幹線で仙台へと向かいます。(その方がパックなどを使っているために格安だったのです)すでに東京駅にはメキシコ人サポーターが大挙にいて”、メヒコ”コールしていました。もちろんメキシコ人のとんがり帽子をかぶっていて、昨日までのイングランドサポーターとが別で陽気なサポーターたちという感じでした。

a0015766_23592368.jpg


仙台駅に着き新幹線出口から仙台駅のコンコースに降りようとすると、すでに先発したメキシコ人サポーターが新幹線で後から来たメキシコ人サポーターを「メヒココール」で出迎え!ある意味、パニックになっていました。恐るべしメキシコ人。

a0015766_00926.jpg


宮城スタジアムからは仙台駅からシャトルバスもあったようですが、イマイチよくわからなかったのでJRで行きました。JRは試合当日につかえる割引切符を発売。300円という価格の安さ(正規で買ったらどのくらいなのかな?)とフリーパスという利便性で協力。今回はけっこうJRの割引切符を利用させてもらいました。

a0015766_012679.jpg


これはインディアンのような民族衣装?をまとったメキシコ人サポーターと女性サポーター。サンバにも似た不思議なリズムで踊っていました。

a0015766_015880.jpg


こちらはさらに?陽気なエクアドルサポーター。よく考えたらエクアドルはW杯初出場、見ているとW杯に初参加の初々しさみたいのも感じます。4年前の我々を見ているようです。

a0015766_023665.jpg


これもメキシコ人サポーター。前回のイングランドサポーターとは雰囲気が違うラテンのノリです。

a0015766_031592.jpg


これが後々悪名高き?宮城スタジアム。この日はめちゃめちゃ風が強くて物は飛ぶわ、砂は目に入るは髪の毛はゴワゴワになるはコンディションは良くなかったです。

a0015766_03461.jpg


そしてこれがスタンド。いすはちゃっちいち、シートピッチは狭いし、ピッチまでの距離は遠いし正直、W杯をやるにふさわしいかどうか疑問の残るスタジアムでした。

a0015766_042590.jpg


私の席はエクアドル側。しかしその中の1ブロックがメキシコ人サポーターの集団だったり、バイロム社のいい加減な発券が実態として明らかに。
それにしてもエクアドルサポーター、老若男女、はるばる南米からお越しになりました。中には「ブエナビスタ・ソシアル・クラブ」という映画に出てくるような歳を取った老人も結構いました。恐らく一生に一度しか日本に来ることなんかないだろうし、W杯がなければ日本になんか来ないだろうと思うと、なんとかいい思い出を作って欲しいと思います。

a0015766_051540.jpg


そしてエクアドルのビッグフラッグ。そういえばエクアドルサポーター、けっこう多くの人が黄色のアフロをかぶっていました。

a0015766_054835.jpg


そしていよいよ選手入場、タレントではメキシコに軍配が上がるが、前日、まさかのイタリアの逆転負けでエクアドルにもチャンスがあるだけにおもしろい戦いになりそうです。

a0015766_062286.jpg


メキシコ選手の国歌斉唱の時のおなじみのアイ~ンでなく敬礼をしての国歌斉唱。

a0015766_07543.jpg


エクアドルサポーターがゴール裏で日本人も巻き込んで応援しようと煽っています。ちなみに正面で横を向いている彼は相当熱いヤツで点が入ったときには号泣していました。ちなみに手前のカラフルなアフロをかぶった彼は試合後に「もう予選突破できないからチケットくれてやる!」と騒いでいました。私は断ったのですがちゃんと初勝利の横浜国際に行ったかな??

a0015766_08613.jpg


試合はエクアドルがカウンターで先制するもメキシコが底力をだして逆転勝ち。エクアドルの予選突破はなくなりました。試合後にさすがにエクアドルサポーターの落胆ぶりはすごいものがあり、階段に座り込んだりしていました、が、メキシコとエクアドル、同じスペイン語圏で近いと言うこともありユニフォーム交換なども行われていました。
が、試合後の宮城の誘導は最悪で動線はめちゃくちゃ、シャトルバスの乗り場も混乱し、途中で列を切るなどもしなかったためにパニック。誘導の手際の悪さを露呈しました。しかも行き先別に列を一応分けているもののそれがどうなっているかわからないため、さらに混乱。スタジアムの施設自体よくないのにさらに泥の上塗りという感じでした。

そしてこの夜は日本-ロシア
[PR]

by y_flugels | 2006-04-27 23:57 | ++FIFA World Cup

平日二連敗

a0015766_21431369.jpg

仕事帰りに観戦は先日の三ツ沢以来。相手はマリノス、そして二週間ぶりの東京。少しはいい方向になったか…
伊野波がDFで入って新しい布陣。どうなるか?前線も赤嶺と川口との新しいスタメンの組み合わせ。試行錯誤がうかがえる。
まぁ一ヶ月前に比べると支配率があがった時間帯もあり、少しづつ良くなっている感もあるけど、やっぱりパスの出しどころがなかなかなかったりは課題がまだまだ。
でも宮沢のサイドチェンジは効果的だなぁ。やっぱこれは大きな武器だと思いますよ。
先制点は左サイドから破られて、規夫の守備力が穴だったり、いつまで我慢できるか、という感じ。
東京の同点ゴールはあれっ?ていう梶山のヘッド。あいかわらず得点する時のシュートは不可思議だよね。なんで入るの?という感じで。
二点目はミドル。キーパー反応できず。味方に当たったのか?それとも…なにが起きたかわかりませんでした。
その後は攻めまくった(というか放りこみまくり)のですが万事休す。1-2で負け。ゴール裏も拍手とブーイングで割れてましたね。
私的には原の時にすでに気になっていたボールへの寄せの遅さ、偶発的なパス回し、トラップの技術の低さあたりが、ポゼッションサッカーになって顕著になって来たと思う→戦術ではない気がするんだよなぁ…。次に期待ですね。

More
[PR]

by y_flugels | 2006-04-26 21:43 | ++FC TOKYO

これから帰京

a0015766_21111377.jpg

日帰り出張終了~これから搭乗します。
[PR]

by y_flugels | 2006-04-25 21:11 | +Travel & Trip

福岡

福岡に着きました。ちょっと肌寒いです。

a0015766_0145279.jpg

[PR]

by y_flugels | 2006-04-25 10:44 | +Travel & Trip

これから

a0015766_8235098.jpg

福岡へ出張行ってきます
[PR]

by y_flugels | 2006-04-25 08:23 | +Travel & Trip

因縁のイングランド-アルゼンチン

a0015766_2192626.jpg


いよいよスタジアムに入ります。札幌ドームは外側に芝生の養生するスペースがあるのですがここには緊張の一戦を前に放水車や救急車などが待機。写真には写っていませんが、機動隊が点呼を取っていました。
札幌ドーム、警備は厳重なのはいいんですが、なぜか紙パックの飲み物も没収対象になりそうになり、思わず警備員と口論に。だって紙コップが良くて紙パックがダメなのは解せないし他の会場ではOKだったのに。ということで結局、口をその場で開けると言うことで事なきを得ました。

a0015766_21103215.jpg


スタジアムの中に入りました。正直、ひんやりしてしかも暗いし、なんか野球場っぽい感じで必ずしも見やすいスタジアムではないと言うのが第一印象でした。ただ比較的傾斜がきついのでそういう意味では全体が見えるかな?という感じです。そして世紀の一戦を表す貴重な旗の写真。過去、この対戦は数々の遺恨を残してきました。”マラドーナの神の手”やフォークランド紛争、そして前回大会のベッカムとシメオネの関係等々。今回もなにか起きそうな、予感です。

a0015766_21141635.jpg


観覧席のしたにある売店ゾーン、それもビールの発売がはじまった直後の映像です。ほとんど即席パブ状態(苦笑)ちなみに右側にはユニオンジャックの服を着たサポーターの姿も・・・。

a0015766_21145432.jpg


即席パブ画像その2。ひたすら飲みまくりです。ちなみに食料はお弁当が売られていたのですが、正直、味はイマイチ。で、きっとイングランドサポーターも日本に来て、その土地の食べ物が食べたかったのでしょう。。。和風弁当を食べていましたが箸が使えず、しかもお弁当なのでご飯が固く、手で食べている人を多く見ました。まさにゴッドハンド!?

a0015766_21152123.jpg


そして世紀の一戦、いよいよ試合開始直前でボルテージが上がりまくります。

a0015766_2116599.jpg


GKの練習。シーマン。

a0015766_21163868.jpg


選手が出てきてアップしているの図。一応はベッカム様も写っているはずだが多分、立って柔軟しているのがそうかも。

a0015766_21171150.jpg


こっちはイングランドサポーター側のゴール裏。白と赤で一杯です。そしてなにより横断幕の多さにびっくり。よくもまぁこんなに持ってきたものです。

a0015766_21174925.jpg


こっちはイングランドサポーター側のゴール裏。白と赤で一杯です。そしてなにより横断幕の多さにびっくり。よくもまぁこんなに持ってきたものです

a0015766_21182323.jpg


そしてこれがイングランドサポーターにとって一番恐ろしく、そして私自身、見たかった選手の一人、いや日本人にとっても忘れられないバティ様。(日本がW杯で最初に点を取られた選手)

a0015766_21192223.jpg


そしていよいよ試合開始。選手の入場です。よく見るとコッリーナさん(主審)の姿も見えるはず。。。この試合を裁くには世界一のレフリー、コッリーナさんしかいないでしょう。その世界一のレフリングにも期待です。

a0015766_21201056.jpg


整列して国歌の斉唱です。アルゼンチンの国歌の時にはもちろん会場全体がブーイングです。そこまで憎き相手とは・・・いやが上にも緊張感が高まります。

a0015766_21204725.jpg


ゴール裏にはビッグフラッグが。そういえばこの大会でビッグフラッグ出たのって埼玉とこの試合くらいでは??それにしてもドームの反響でイングランドコールがスタジアムを覆い尽くします。アルゼンチンは超アウェイ状態です。

a0015766_2122354.jpg


試合開始。「カモン、イングランド」コールが鳴り響きます。地鳴りのような応援、しびれますね。
まさに「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!」という感じで。

a0015766_21232213.jpg


ベッカムのコーナーキック。これでも間近に見たということになるのでしょうか?フラッシュそしてすごいカメラマンの数です。

a0015766_2124267.jpg


そして前半、因縁を払拭するかのごとくベッカムがPKを決めて先制。スタジアムのボルテージは最高潮に。『GO WEST』の替え歌で「♪ ONE ZERO ! OH ENGLAND~」の大合唱!そして周りのイングランド人からは「スコアーボードをバックに記念に写真を撮ってくれ!」とせがまれる始末。それだけ因縁の相手だということを実感。日本もこういう因縁の相手を持つことで厳しい戦いをしてレベルを上げていくことも大切かなと思います。

a0015766_21251830.jpg


もちろんゴール裏はお祭り騒ぎ。イングランドサポーターソングメドレーのカラオケ状態で歌いまくります。あの野太い声とは若干遠いですがそれでも、他の国の試合とは違った雰囲気でひさびさに背筋がぞくぞくしてきます。

a0015766_21362712.jpg


ベッカムのフリーキック。角度・距離的にも直接には厳しい位置。。。天下の宝刀FKが見たかった・・・。
そしてコッリーナさんもばっちり!

a0015766_21265220.jpg


試合自体はベッカムの調子もそれほどではなかったし、内容的には1-0のスコア通り、派手な試合ではなかったのですが雰囲気的にはなかなか楽しめました。イングランドとしては今大会屈指のアルゼンチンに勝ったのは非常に大きいと思います。写真の左端でガッツポーズをしているシーマンをはじめ守り勝った、そんな感じです。

a0015766_212754100.jpg


もちろんゴール裏はお祭り騒ぎ。

a0015766_21282525.jpg


そして喜びに沸くゴール裏に向かって先陣を切ってガッツポーズをするベッカム。わかりますか??

a0015766_21293385.jpg


そして「♪ ONE ZERO ! OH ENGLAND~」の大合唱。さ~てこのままオールでイングランドサポーターのお祭り騒ぎは続くのか?それにしても優勝したような騒ぎです。

試合後の誘導は今大会で行った会場でも屈指の仕切りですばらしいものでした。バスを待たされてイライラすることもなく、動線がめちゃくちゃでわかりずらいこともなく。そしてシャトルバスの中でもイングランドサポーターは歌を歌い、そして旗を掲げてうれしさを表現。でももちろんフーリガンではなくやんちゃ坊主という感じ。どうやら札幌最終だったこともあり、警備員からパクった帽子なんかをかぶって大騒ぎ。(どこから入手したのか謎)。まぁ窓から顔を出して歌う、奇声を上げる、信号待ちでとなりの車の女の子にナンパするといった感じでしたが、確かにそういうのを見慣れていない日本人は驚くかも知れません。
すすきのに着くとトゥナイトやその他、マスコミが大勢集まってフーリガン騒ぎを撮ろうとスタンバイ、もちろん窓から顔を出しているイングランド人は格好のシャッターチャンス。しかしおそらく思った通りの写真は撮れてないように思えます。
ちなみにイングランドサポーターでトランペットなどの音が聞こえたと思いますが、そのサポーターたちと偶然にも同宿でした。たまたまトランペットの音色が聞こえて、外に見に行くとなんとホテルの前に来て、ホテルの中に入ってきました。これにはびっくりです。
結局のところ、すすきのの夜にラーメンを食べに行って(しかもフーリガン騒動?で店はほとんど休店だったのですが)、見た限りではイングランド人を囲む日本人の方がよほどたち悪い、そんな感じでした。(それはその翌々日のロシア戦で明らかとなったのですが)

翌日は・・・
[PR]

by y_flugels | 2006-04-24 21:34 | ++FIFA World Cup

因縁の対決、イングランド-アルゼンチンの行われる北の都で


これが噂のイングランド対アルゼンチンのチケット。試合前には数倍の価格でインターネットオークションで取引が行われていました。

a0015766_1935352.jpg


羽田空港から早くもイングランドのユニフォームを着たサポーターたちが多く見られましたが、残念ながらその多くは日本人。ごっついイングランドサポーターの姿はまばらで若干の拍子抜け。戦前に「イングランドのサポーターはほとんど来ないで日本人でスタンドが一杯なのでは?」という危惧が頭をよぎる。

a0015766_1936558.jpg


昼下がりの大通公園はミニベッカムがボールと戯れるそんなほのぼのとした光景で、マスコミ等がバカみたいに煽っていたフーリガン騒ぎはどこに吹く風・・・それにしても因縁の対決でこんなにほのぼのとしていていいのでしょうか?

a0015766_19374724.jpg


日本と言えば”はちまき”。イングランドの人とおぼしき男性がイングランドの赤十字の旗の入ったはちまきを売っています。それにしてもほのぼの。ごつい奴らはホントに水際で追い返されてしまったのか・・・

a0015766_1938203.jpg


と思ったらどこかでみた旗が・・・スタジアムに飾られている旗が干してあるのか?それとも飾ってあるのか??公園に掲げられていました。。。でもなんかのんびりした感じです。。。

a0015766_19385118.jpg


そして後ろを振り返るといましたいました!!愛すべき人たちが(笑)。。。。しかし早くもビールを飲んでしまったのでしょうか?それとも移動の疲れか裸で昼寝中。っていうかすごいビール腹・・・。

a0015766_19394490.jpg


ちょっと飾られている旗を取らせてもらいました。SPORTSMAN FCって!?

a0015766_1940141.jpg


そんな中、少数派のアルゼンチンサポーター発見!でもやさしそうなおじさんなのでイングランドサポーターとの衝突はなさそう。南米チックな応援歌を歌っていました。

a0015766_19411165.jpg


と思ったら気づけばうようよ一見(笑)ならず者系の人が集まってきました。ちなみにみんな缶ビール持っています。手前のコンビニ袋の中ももちろん缶ビール。。。アルコール発売禁止だったはずでは!?(苦笑)

a0015766_19414944.jpg


TVクルー的にはいい絵はないとは思いますが、それでも写真的には日本じゃない光景が広がっています。時たま、イングランドコールが起きますが、それほどの騒ぎはなかったです。

a0015766_19424030.jpg


試合前になぜか抱擁する二人。それを好奇の目でイングランドサポーターも。きっと「この大事な一戦に熱いねぇ~~」っていう感じでしょうか?

a0015766_1943897.jpg


これはアルゼンチンサポーターとイングランドサポーター(裸の男性)が交流をしている図。W杯やねぇ~~。っていうかなんでイングランドサポーターは脱いでいるヤツが多いんでしょう??

a0015766_19434141.jpg


これはバーミンガムから来たサポーターの旗のようです。こんな旗が公園中に飾ってありました。

a0015766_19441624.jpg


ちょっとだけアルゼンチンサポーターが盛り上がっている図。「バモバモ!アルゼンチーナ!バモバモ!アルゼンチーナ!」を歌っているの図

a0015766_1945179.jpg


札幌で数少ない観光名所の時計台の前はTVクルーはいるものの閑散とした感じです。よく考えれば欧米の人間にとって時計台は自分たちの国にある古い建物に似たものだろうし、なにより小さいですからね。。。ちなみにここでNTVの真山アナウンサーに遭遇。

a0015766_19454192.jpg


そして雨が降ってきたし開門の1時間前になったのでシャトルバスで札幌ドームに移動する。チケットがあると無料というのがうれしいサービス(って後になってどこでもやってることに気づいたのですが・・・)です。バスに揺られること30分、札幌ドームに到着します。やはり北の大地、6月とはいえ、底冷えがします。しかもちょっと風邪気味なのでなおさら。。。いよいよ試合です。

☆つづく
[PR]

by y_flugels | 2006-04-23 19:46 | ++FIFA World Cup