<   2006年 07月 ( 41 )   > この月の画像一覧

台風と全面対決しに沖縄へ<その5>

さて、サッカー観戦をしたあとは夜に備えるために早めに那覇市内へと車を走らせます。試合終了後には日差しもきつくなり、まさに沖縄の夏!の夕方という感じになり、ちょっと暑くなってきました。すると、あれ?いけないモノ(お店)を見つけてしまいました。
a0015766_21503736.jpg

この看板が目印の沖縄といえばブルーシールアイスですよね。そしてここは直営店のBig Dip牧港店。A&Wのドライブスルーと並んで沖縄を走っていると入りたくなる欲求に駆られるお店です。
a0015766_21555568.jpg

お店の中のケースにはいろんなアイスがたくさん。シングルじゃあもったいないし、ダブルにしようか、それともパフェにしようか、悩んでしまいます。こんな時、優柔不断の虫がうずきます。
a0015766_21595298.jpg

で、悩んだ末、これにしました。で~ん!生クリームがいい感じにあるし、キウイにピーチ、中にはバニラアイスにベリーのソースがかかったアイスが。。。さらに、
a0015766_2212533.jpg

その下にはバニラとマンゴーとあれ?ピンクはなんだっけ?の3色アイス!ちなみにこのアイスは店頭限定のようです。ということでアイスを堪能して、暑さ対策。
a0015766_2263067.jpg

途中トロピカルビーチでややサンセット気分を味わいました。沖縄のサンセットは暑さも和らぎ、風も涼しくてすごく大好きです。のんびり海岸線を歩いたり気持ちがよいです。
a0015766_2291337.jpg

で、ホテルについて車をおいて、お散歩がてらおもろ町までゆいレールで向かいます。お目当てはそう、国内唯一のDFSショップです。なんと、沖縄から本土に向かう航空券を持っていると、香水とか時計とかお酒がなんと免税!で買えてしまうのです。まさに海外旅行気分です。これは沖縄型特定免税店制度といい、一応、2007年まで認められている制度です。
a0015766_22144244.jpg

で、おいらが購入したのは、夏に向けてというわけでもないのですが、自分用の香水を。いろいろ試したんだけど、なんとなく、スーッとする感じで気に入ったので。
a0015766_2220286.jpg

沖縄のお土産といえばおきなわ屋、ですが、その国際通りのお店の上にある、お店に入ってみました。おきなわの海、というお店です。
a0015766_22234680.jpg

食べたのは名前をこれまた忘れてしまったのですが、ゴーヤとソーミンとフーミンが一緒になった”まさに”チャンプルー。しかもラフテーまでついちゃって実に美味しかった。チャンプルーとご飯って言う組み合わせ、なにげに好きだったりします。ご飯がうまく感じますね。ごちそうさまでした。

で、このお店の近くにある波照間というお店が前に沖縄に来たときは開店直後でそれほどでもなかったのですが、今回はお店の前に行列が。そんなにおいしいのかな?気になります。
a0015766_22285519.jpg

この日のみ泊まったのはJALシティ那覇、オープンしたばかりのホテルで国際通り沿い、旧山形屋の跡地に建てられたホテルです。この日はオープン記念の格安プランがあったので泊まってみました。
a0015766_22304782.jpg

なにより国際通りに面している、ということより某店とはまさに目と鼻の先、という立地条件にあることも、格安プランであることとは別に使い勝手がよいホテルです。(笑)
a0015766_22323893.jpg

フロントです(夜中に撮ったのでフロントに人はいません・・・)
a0015766_22333567.jpg

ホテルのロビーです。これも夜中に撮ったので誰もいません。
a0015766_2235061.jpg

バス&トイレ。黒でまとめられているシックなデザイン。けっこう広くとられていました。
a0015766_2237966.jpg

そして、なにより今回、このホテルに泊まって一番よかったのがベッド。なぜか、実は生まれて初めてシモンズベッドに寝たのでした。噂には聞いていたシモンズベッド、やっぱりすごい。ポケットコイルマットレスというらしいのですが、これが寝た瞬間、ベッドに寝ているという感じをさせない感じなのです。疲れのせいもあるのですが熟睡、そして、寝起きも背中が痛くなったり変な疲れがなかったりしない、恐るべしシモンズベッドです。
で、せっかく、こんなにすばらしいベッドで寝れることになったのに・・・

☆つづく
[PR]

by y_flugels | 2006-07-31 22:40 | ++沖縄

初ホームでのFC琉球観戦@北谷

今回の台風と対決した沖縄旅行の”実は”メインであった、FC琉球の観戦。実は試合を見るのは2度目なのですが、ホームで見るのははじめて。このスタジアム自体は何度か来てはいました。
スタジアムの前にはこんな車がありました。
a0015766_21255574.jpg

これが噂のワラビ~というキャラクターの書かれた車を発見。これがワラビ~なんですね。この車が何台あるのかは分かりませんが、走っていたら目立ちますね。
a0015766_21314861.jpg

試合前のFC琉球のウォーミングアップ。ジョージ与那城監督も練習に立ち会っています。あんまり選手はわからないんだけどなぁ。。。(苦笑)
a0015766_21332426.jpg

琉球BOMBERZというチアガールが試合前にもり立てます。ちょうどパフォーマンスがはじまったときに突然雨が激しく降ってしまいましたが、それにめげずにパフォーマンスを演じてくれました。というか佐川の時にもチアガールがいたけど、流行なのかな?
a0015766_2138760.jpg

ちょうどバックスタンド側にはFC琉球のサポーターの人たちが集まっています。ただ、メイン側にも太鼓を叩く人がいたので、一緒にやった方がいいんじゃないかなぁという気もしました。(なんの事情も分からずに言っています)応援がバラバラになっちゃうし、バックからの声は通らない感じもしたし。
a0015766_21404719.jpg

選手入場。先ほどの琉球BOMBERZが選手入場口で選手を迎えます。
a0015766_21414575.jpg

両チームの選手が出そろいました。右が栃木FC、左がFC琉球。実はFC琉球のホームのユニフォームの実物を見るのは今日がはじめて。
a0015766_21435463.jpgこの日の主審は大岩真由美さん。女性初の1級審判で、2005年にJFLデビューしました。しかも同い年なんですね。男子プレーヤーを相手にどこまで吹けるか、注目です。1級審判なので将来的にはJ2、そしてJ1でも吹けることができるので、将来はJリーグで吹くことになるんですよね。それはそれでどんな感じなんだろうとも思いますが、J1、J2はサポーターのヤジも厳しいからなぁw
a0015766_21495293.jpg

試合開始。やはり台風の影響か風はビュービュー、ときおり雨も激しく降ったりするので、ピッチコンディションがイマイチだったこともあり、やはりプレーの精度も落ちることもあり、試合としてはちょっと微妙な感じでした。この日のFC琉球は前回同様、コンビネーションがイマイチな感じでした。あんまり東京も状態がよくないので、あんまり言えないのですが、サッカーの攻撃には”必然的”な攻撃と”偶然的”な攻撃があると思うのです。前者は組織的にパスを回したりチームとしてコンセプトを持って崩して得点までつなげる、のが必然的な攻撃であり、後者はなんとなく打ったミドルが入っちゃった、とか、個人の能力でドリブル突破して、とか偶然が伴う得点、強いチームは、例えば2002年頃の磐田なんかは前者の色が濃く、ぜんぜん歯が立たなかったのですが、やはりそういう必然を持っているとチームは強いと思うのですが、まだこの時の琉球にはそれが見られなかったですね。パントキックも意図を感じられないキックだし、コンビネーションもあっていなかったしあんまり得点の”ニオイ”はしませんでした。(かなり記憶が薄れていますが。。。)
a0015766_2244932.jpg

途中、相手選手と頭をぶつけて、止血をする望月選手。実は試合終了までキャプテンマークをしていたのでリカルドかと思っていた(汗)

で、大岩審判ですがちょっと微妙なシーンも多かったのですが、まぁあんなモノかなぁという感じ。基準がぶれない、という評価があったのですが、それはちょっと私が見た限りではやや微妙な感じでしたが、あんだけの荒天の中ではよくやった方かな、という感じです。栃木のサポーターからはダメ出しされていましたが、JFLの審判と言うことで言えば合格点な感じです。
a0015766_22212247.jpg

試合後の与那城監督のインタビュー。記者の質問に丁寧に答えている姿が印象的でした。
a0015766_22293396.jpg

続いて望月選手。”勝ち点1おめでとうございます”、というコメントに、”ホームなので勝ち点3が欲しかった”、と悔しさをにじませていました。

台風と全面対決しに沖縄へ<その5>へつづく
[PR]

by y_flugels | 2006-07-30 22:26 | +Football

花火だけが唯一の救い【お口直し編】

お口直しに今日のファイアーワークスデーの花火をご覧ください。
a0015766_091093.jpg

ちょうどバックスタンドの通路で見たので、障害物があったのはトリミングでカットしました。
a0015766_011654.jpg

やっぱり花火はきれいですね~。
a0015766_0115723.jpg

ピンクの花火、夜空に朝顔が咲いた感じです。
a0015766_014265.jpg

これは青赤の東京カラーの花火。ちょっとピンぼけで見にくいのが失敗かな。
a0015766_0161830.jpg

最後のフィナーレ。やっぱり花火の最後はこのタイプで〆ないとね。
a0015766_0174625.jpg

結局、試合内容のなさを花火でごまかされた感じもしないでもないですが、まぁ夏はやっぱり花火、ということで。
[PR]

by y_flugels | 2006-07-29 23:27 | ++花火

花火だけが唯一の救い


今日は年に一度のファイアーワークスデーそして浴衣デー。やっぱり日本女性は浴衣が一番だよね。なにより上げた髪とその襟足、うなじを見るとドキッとしてしまいますね。まずは目の保養wを済ませたあとは、前節、5-1というすばらしい結果を残した東京のプレーを心待ちに試合開始を待ちました。
a0015766_23325610.jpg

どうでもいいけど、広島側のゴール裏はあいかわらず人が少なく、ホーム側の自由はなんと完売、これは浴衣効果?花火効果なのかな??あとはやっぱりW杯効果で生観戦をしたいという人が多いのかも知れませんね。サッカーに飢えている、というか。。。
a0015766_23422081.jpg

この試合の主審はなんと丈二(>_<) 試合前に発表あったときは審判なのにブーイングを食らうとは。。。ちょっと試合の行方が心配です。
で、試合ですが、まず今日は丈二云々のレベルではなかったですね。ひどいというかなんというか。バック側の線審がぜんぜんオフサイドを見ていない、とか気になる部分があったけど、それを超えるくらいの出来の悪さでしたね、東京。松本の時にも書いたけど、やばいですね。ぜんぜんチームとして機能していない感じだし、選手が効いてないのですよ、ぜんぜん。それに加えて、今日は3バックの最終ラインの集中もなかったですね。2点とも集中が切れたところでの失点という感じでした。
a0015766_23522879.jpg

選手交代で中盤を減らして、前の人を増やしたことで最終ラインとトップとの間がスカスカになってしまったことで、ルーズボールを広島に拾われる、最終ラインから組み立ててもパスの出しどころもなく、まわりを探すシーンが多い(シーズン序盤じゃないんだし)など、ぜんぜん、チームとして動けていない感じ、さすがに開幕から3ヶ月以上も経ってこの状態だと、厳しいなぁという感じです。ガーロのサッカー、というのがどんなサッカーなのか、ポゼッションサッカーを標榜していたけど、まだまだ未完成、もう少し完成を待たなくてはならないのか、でも、そろそろ我慢も限界かなぁ、という感じです。ルーカスと伊野波がいない、なんていうのは言い訳にならないでしょう。だいたい、憂太と信男とナオの3トップ?ってどうかなぁ~という感じだし。それに中盤がスカスカなんだから宮沢を入れるとかそういう選択はなかったのかな?今野も途中で切れてしまったのか、ちょっと落ちてしまいましたね。梶山も今日は機能してなかったなぁ。
采配もそうだけど、暑さもあったとは思うけど後半の早い時間帯に0-2になったのに、ぜんぜん、動こうとしないし、点を取りに行こう!という気持ちが感じられない覇気のないプレーにはがっかりだね。
a0015766_23583839.jpg

早くもゴール裏は我慢の限界に達してしまったようです。試合後には強烈な皮肉コールの数々。「原東京!」、「ササ」コール、「ガーロ辞めろ」などフロントの方針に反旗を翻すコール。確かにフロントのここのところの方針について???という部分もあるし、(ササのレンタル移籍とか補強面とかね)フロントが今日のコール、そしてゴール裏はもとより普段はおとなしい(選手に温かい)バック、メインからも耳をつんざく大ブーイングと指笛、を見聞きして、どう感じるか、だね。(厳しいブーイングも必要です
今日の試合後のガーロのコメントをみると、「責任を感じる」というフレーズがやたら出てきているけど、今日のコールなどで辞任とか考えちゃったかな?
a0015766_032727.jpg

それにしても今日の試合はせっかく3万人というひさびさのたくさんのお客さんが来たのにこの内容はひどいね。次は当分先、赤いチームの試合は見に行く予定はないので(といったら行ったら怒り倍増って言う感じ)、その時はどうなっているか。

おまけ
[PR]

by y_flugels | 2006-07-29 23:18 | ++FC TOKYO

台風と全面対決しに沖縄へ<その4>

さて翌日。台風は久米島のあたりにあって風はビュービュー、雨はざぁざぁという感じで、今日のメインイベントは行われるのか?という状態でした。朝の新聞では開始時間を変更することもある、と書かれていたのですが、「まぁこの天気じゃ無理だろうなあ」ということでチェックアウトまでホテルでのんびり。10時過ぎに電話したところ、開始時間が2時間遅れると言うことになったので、午前中は軽く観光をすることにしました。
a0015766_0295552.jpg

まず向かった先は首里城の近くにある、玉陵。もちろん世界遺産で尚氏のお墓、いわゆる王家の墓になります。
a0015766_0314184.jpg

この日は首里城、さすがに台風のせいか、ほとんど人はいないので駐車場も余裕だったし、玉陵も人がぜんぜんいませんでした。写真は有名な守礼の門の前。
a0015766_0324965.jpg

入場料を払って中にはいると鬱蒼としたガジュマルの木の中を歩いていきます。先日からの雨で木々は緑を鮮烈にはなっている、そんな感じでした。
a0015766_034919.jpg

並木道を抜けると大きな塀に囲まれた場所に出ます。入り口は一つ、中はどんななっているか、外からうかがい知ることにできない感じです。すごく荘厳な雰囲気です。
a0015766_03736.jpg

石で造られた門をいよいよくぐります。昨日の今帰仁でもそうでしたが、この石造りは見事です。
a0015766_0383962.jpg

中にはいるとさらにちっぽけな入り口があり、その背後には大きな建物のようなもの、がでーんと構えています。これが王家の墓です。
a0015766_040139.jpg

いよいよもう一つの入り口をくぐってみます。琉球王朝の王家の方々への敬意を胸に門をくぐります。
a0015766_041751.jpg

日本にある古墳やピラミッドなどといった有名はお墓にも負けるとも劣らない立派なお墓です。沖縄のお墓はそれ自身が特徴があって有名なのですが、このお墓はそれ以上に立派で特徴のあるお墓でした。
a0015766_0424493.jpg

墓のてっぺんや手すりの上にはシーサーが座っています。これは小さいシーサー。芸が細かいです。
a0015766_0435927.jpg

続いて向かった先は識名園。琉球王最大の別邸、国王一家の保養や中国皇帝の使者である冊封使(さっぽうし)の接待の場にも利用された場所です。私の記憶が確かなら、前に一度来たことがあって、ここでガイドさんがお庭を説明したあと、休憩所でぶくぶく茶を飲んだ気がするんです。(でも行ってみたらそんな休憩所も跡形もなく、ぶくぶく茶も飲めず。あれは別の場所だったのか未だに謎です)
a0015766_045577.jpg

この日は台風で横殴りの雨。入り口で「この雨の中、本当に入るの?」みたいか感じで言われてしまいましたが、はい、やることないので入ります、という感じで入りました。まずは石畳の道を進みます。
a0015766_047352.jpg

これはわき水が湧いている場所。場所自体は珍しくないのですが石を積んだこの造形美が見事。
a0015766_0494345.jpg

池にでました。もちろん他にお客さんはいなくて、台風で散らばった落ち葉などを掃除する識名園の職員の方のみがいるだけでした。絶対、変に思われたに違いない。
a0015766_0511216.jpg

池の中の島にある建物。茶室かな?なんとなく建物の造りが中国風で、中国の影響を受けているのでしょうか。
a0015766_0532928.jpg

中にある、琉球チックな建物。ここじゃないよなぁ~昔、ぶくぶく茶飲んだの。。。ちなみに台風の影響で中には入れませんでした(言えば開けてくれるよ、とは言ってくれたのですが・・・)
a0015766_0545398.jpg

そろそろ時間も近づいてきたので、車を北谷へと走らせます。美浜のあたりはすごいですね、町営の大きな無料駐車場があるんですね。なので車で行っても停めるとこの心配はなく安心です。
a0015766_0561725.jpg

美浜に行くのなんか久しぶりだなぁ。ということでランドマークの観覧車をパチリ。
a0015766_0571550.jpg

その前に、腹ごなし。沖縄といえばやっぱタコライスでしょう、ということで58号線沿いにあるオブリガードに向かいました(前に沖縄のお兄さんに連れてってもらったお店です)
a0015766_0591454.jpg

キャベツどっさりのタコライス。しっかりチーズものっかっています。けっこうボリュームがあるのでお昼ならタコライスのみ、サイドメニューなしでもOKです。
a0015766_102943.jpg

食後は腹ごなしを兼ねて海沿いを歩きます。さすがにサンセットビーチもこの日は遊泳禁止。遊泳禁止の旗がたなびいていました。
a0015766_114595.jpg

さすがにこの日のサンセットビーチは誰もいませんでした。そりゃそうだ。でも天気は曇り空になってきて気温も上がってきました。なんとか平気かな。
a0015766_123935.jpg

目的地のそばにあったお風呂。ちゅらUと言うそうです。さすがに屋外のお風呂は台風の影響でお休みでしたが、ここはノーマークでした。今度、入らなきゃ。
a0015766_141152.jpg

ということで今日のメインイベントの会場へ向かいました。

明後日につづく
[PR]

by y_flugels | 2006-07-28 23:06 | ++沖縄

台風と全面対決しに沖縄へ<その3>

a0015766_23323185.jpg

次に向かった先は沖縄のアダムとイブ伝説のある島、古宇利島に向かいます。この古宇利島に行った理由はただ一つ、島を架ける古宇利大橋を渡ることにありました。この橋は池間大橋、来間大橋と並んで絶景と聞いていたからです。
a0015766_23452665.jpg

橋のたもとには休憩所があって、そこから橋の姿を眺めることができます。エメラルドグリーンの海に架かる白い橋、どんなかんじなのでしょう。
a0015766_2347692.jpg

まずはぐーっと坂を登っていきます。まさに空にのぼっていくような、そんな感じです。
a0015766_23484648.jpg

そして下り坂。まさに海を架ける橋、という感じです。風を受けて走ると気持ちのよい橋でした。島自体はこじんまりとした島で、ざーっと一周して引き上げてきたのですが、途中でドラマの撮影が行われていました。
a0015766_23501987.jpg

帰り道に寄ったのが読谷のやむちんの里。沖縄の焼き物の工房が集まったエリア(里)です。
a0015766_23511847.jpg

人間国宝の金城次郎さんの窯もここにあります。
a0015766_2352750.jpg

圧巻だったのは2つの登り窯。一つは北窯。
a0015766_23531527.jpg

もう一つが読谷山窯。こちらは赤瓦の窯で風情がありました。ブラブラ歩くヤムチンの里で陶器を見たり、工房をのぞいたり。陶器なんかはカップルできたら面白い感じかな(どの食器でそろえる?みたいな)と思いました。
ちょうどこの頃から台風が接近してきたせいか、風がビュービュー山が鳴るという表現がふさわしい感じに風の音が激しくなりました。
a0015766_23555051.jpg

帰りも58号線で戻ります。そしてかならず通るのが基地で有名な嘉手納ですが、ここにはもう一つの名物があります。
a0015766_2357124.jpg

海外の交差点ではおなじみですが日本では珍しいロータリー式の交差点、嘉手納ロータリー。ひさびさに通ったのですが、昔はちょうどロータリーの円の中に占領時代を感じさせる古い建物があったように思っていたのですが、今はなくなってしまったのですね。
a0015766_23584063.jpg

58号線の嘉手納から北谷、伊佐あたりまではこんな感じで広い車線と南国っぽい街路樹のある中央分離帯を走ります。私的に沖縄を走っているなぁ~と感じさせてくれる道です。
ただこの頃は台風の風が強く、信号待ちで車を止めていると車が左右に揺らされて、ちょっとひっくり返るんじゃないかなぁ?と感じてしまいました。それくらい強い風が吹いています。
a0015766_23595825.jpg

そしてそんなドライブに欠かせないのがBGM。私は沖縄で車を運転するときはかならず、89.1にチャンネルを合わせます。American Forces Network、昔で言うFENです。これがまた、なんかアメリカの西海岸を走ってるっぽくて気持ちよいのです。
a0015766_031574.jpg

那覇市内の宿に戻る前に温泉に寄りました。天然温泉アロマ、JAの運営です。といっても名前はアロマなんて入っているからおしゃれな雰囲気ですが、実際には健康ランドに近いようです。できた当時行って以来、ひさびさの訪問。のんびり湯船に浸かりました。
a0015766_0161837.jpg

夜はやっぱりステーキ。いつものジャッキーでは芸がないので今回は88に行きました。歩いていったのですが、ちょうどパレット久茂地の交差点を渡っているときに最大瞬間風速最高値がでたあたりの時間帯。信号が赤で信号待ちをしているのに、こらえきれずに風で押されて交差点を渡る羽目に。車が来ていなかったからよかったのもの、来ていたらどうなったことか。それだけ風速30mって強いんだなぁ~と実感。恐るべし沖縄台風。
そしてこのステーキハウスのある辻のエリアは別の顔をもっているエリア。男性一人で歩こうものなら黒服のお兄さんやタクシーの運転手に声かけられまくります。タクシーなんかは「ニーニー、そっちあぶないさー(ぼったくりエリアだよ)。ほれ、乗りな」と何度言われたことか。。。それらを振り切って到着。
a0015766_0284041.jpg

スープとサラダ。この粉っぽいスープとサラダとドレッシングはジャッキーと同じ感じ。B級グルメの香りがしますが、実は好き。
a0015766_0263453.jpg

で~~~ん!ステーキです。しっかりがっつり食べさせていただきました。

☆つづく
[PR]

by y_flugels | 2006-07-27 23:27 | ++沖縄

台風と全面対決しに沖縄へ<その2>

この日は台風が宮古島を通過すると言うことで夜には台風が接近する可能性が高くなってきました。なので、もともとここに行こうと思っていたのですが、一縷の望みをもってとまりんに行ったものの案の定ダメでした。
a0015766_2291410.jpg

ということで予定変更。翌日もサッカーの試合を見るし、値段を調べたら24時間だと帰る日の空港に行く時間まで借りれることが分かったのでレンタカーを借りてみました。
a0015766_22113415.jpg

乗ってから気づいたのですが、これって車のメーカー、そして車種、色、まさに屈辱のWe're REDS仕様じゃん・・・。OTL....青い航空会社と並んで乗りたくない組み合わせだ。
a0015766_22135450.jpg

台風が来ている割にはけっこう天気がよかったので58号線をひたすら北上。この名護直前の海岸線を走るのが実は大好きです。
a0015766_22152563.jpg

まず向かったのは瀬底ビーチ。しかし、予想通り、台風が近づいていて遊泳禁止。とはいえ、実際にはビーチにも行けたので水に入っている人も結構いました。私も膝下まで入っちゃいました(汗)
a0015766_22165875.jpg

沖縄に来たらやっぱりこの海の色、この景色ですよ。見ているだけで癒されます。そしてホントなら海に入って遊びたかったのですが、それができなかったのは残念。
a0015766_2218847.jpg

ビーチについて1時間もしないうちに本部警察のパトカーが来て、パトカーから海から上がるよう退去指示が出て、ビーチに入る道の入り口には、よく事件現場に貼ってある黄色いテープで封鎖されちゃいました。残念。
a0015766_22221097.jpg

で、向かったところは備瀬のフクギ並木。ことのはのmiyuyukiさんのところでも紹介されていました。
a0015766_2224992.jpg

街そのものが散策コースとなっているので、のんびり涼しい風を感じながらぶらぶらと。なんか突然、キジムナーが出てきそうな、そんな雰囲気です。人も少なくのんびりできました。
a0015766_22254639.jpg

で、歩いていたら体が暑くなってしまいました。そんなときはクールダウンしないとね。ということで案内板の近くにあった売店で買ったのがこれ。そう、沖縄に来てアイスといえば、これしかないですよね。
a0015766_2227234.jpg

で、備瀬でお散歩を楽しんだら、定番のちゅらしま水族館はめちゃ混み(台風なので行き場のなくなった観光客レンタカーでごった返していた)なので回避して、これまた行ったことのなかった、今帰仁城跡に向かいます。
a0015766_22295057.jpg

お城の入り口。ここを入ると琉球時代へタイムスリップです。この石の入り口の出来具合からして、すごく感動、よくまぁここまで石だけで積んで造ったな、と。
a0015766_22315625.jpg

ここの入り口を入っての石畳がすごく印象的でした。なんか天空のお城とかそういうところの城壁の中に入ったあとのシーンに似ているので。鳥とかさえずったりしている雰囲気しませんか。
a0015766_22332231.jpg

首里城と違い、城壁などの石堤しか残っていないのですが、山という地形を生かして城が造られているので、場内を巡るにも起伏の激しい石畳を上ったり下りたり。
a0015766_22344175.jpg

これは城の中にあった古道。昔はこの道を通って城の宮殿?まで歩いたそうです。
a0015766_22363131.jpg

今帰仁と言えばこの城壁。なんとなく万里の長城に似ているのは、向こうの文化を継承しているのでしょうか?それにしても、昔の人はマニュアルでここまで造ったんですよね。ただただ驚くばかりです。
a0015766_22381075.jpg

で、坂を登ったり下りたりしたので、お腹が空いちゃいました。ということで売店で購入、サーターアンダギー!美味しいですね。

☆つづく
[PR]

by y_flugels | 2006-07-26 22:39 | ++沖縄

台風と全面対決しに沖縄へ<その1>

ここのブログでも毎日のように気にしていた台風、なぜかというと、そうちょうど台風3号が沖縄に目指しているまさにその時に沖縄に行くことになっていたのです。行けるかな、行けないかな、と右往左往していたのですが、結局、飛行機が飛ぶことが判明したので、行くことにしました。で、いつものように、仕事を定時で切り上げてそのまま羽田空港へGO!この日常から一気に非日常に変わる急激な変化が実は快感。モノレールを降りると改札の外にこんな看板を発見。
a0015766_21305917.jpg

よ、よーじやカフェ!?よーじやといえばあの京都のあぶらとり紙で有名なお店ですが、でもよーじやにカフェなんかあるのかよ!?と思ったら、あったんですね、京都に3店。ということで羽田空港にもできるそうです。
飛行機の出発は19:30、そして那覇に着くのは22:00ということで飛行機に乗る前に腹ごしらえ。なににしようかと悩んだら、なんとそのよーじやカフェの工事現場の隣に見つけてしまいました。
a0015766_21355717.jpg

浅草の有名な洋食屋さんの一つ、ヨシカミ。行きたくてもなかなか行けなかったお店です。それが羽田空港に出ている、と分かれば即決、ヨシカミで軽くご飯を食べることにしました。
a0015766_2138377.jpg

で、なにを食べたかというと王道、カレーライス。カニコロッケとかいろいろメニューはあるのに、口にしてしまった言葉はカレー、なにしろ洋食屋さんのカレー好きなもので。味はまさに洋食屋さんのカレーでした。
a0015766_21395549.jpg

空港の本屋さんで機内で読む本もゲットして、出発準備はOK、いざ沖縄に向かいます。フライト自体は台風の影響はなさそうで、2000年の沖縄行きのように台風を心配してのフライトにはならなそうな感じです。
a0015766_21433984.jpg

この夏、JALの沖縄線に乗ると大塚製薬から発売されたSOYJOYが配られます。ということで私もいただきました。味は・・・スニッカーズって言う感じかなぁ。。。ちなみにこの日は普通席、沖縄線のクラスJはなかなか取れないですね。
a0015766_21451645.jpg

飛行機は着陸するときにちょっと揺れたものの台風の影響を感じさせないフライトでやや遅れての到着でしたが、これも羽田渋滞によるものでフライトに台風は影響なし、という感じでした。
飛行機を降りてボーディングブリッジに入った瞬間、独特の湿ったにおいとモワ~ンとした空気、まさに沖縄の空気を感じることができてうれしかったです。今の空港になってから、そういう感覚を味わえることがなかったので、ひさびさにこの感覚、キターという感じです。古いターミナルでは毎回、感じることができたんですけどね。
a0015766_21475832.jpg

空港ターミナルには台風に関する掲示がでていました。明日からフライトに影響が出るから注意してね、というもの。今日はほぼ予定通りに飛んでいたようですが、果たして明日からどうなることやら。この日はホテルに向かい、その後、例の場所(笑)に行ったのでした。

☆つづく
[PR]

by y_flugels | 2006-07-25 21:51 | ++沖縄

ブッフェレストランオッティモイタリアで食べ放題

6月最後の金曜日、会社の人と錦糸町にあるOLinasにあるイタリアンバイキングのお店、”ブッフェレストラン オッティモイタリア”(長っ!)に行きました。もともと会社の人は家が千葉方面だったので、中間をとって錦糸町にしました。錦糸町なんて行くのはいつ以来?仕事で来ることも少なかったので、もしかして7年前に当時つきあっていた彼女と「エリザベス」を見に来た以来か!?
この時はなんとなくイタリアも調子よかったし、イタリアンの気分だったのですが、まさかこの値段で食べ放題、とは・・・なにしろ1554円ですよ、1554円。飲み放題をつけてもソフトドリンクなら2000円でお釣りが来る、これは行かないわけがない。ということで金曜日ということもあったのですが、20:00頃にお店に着いたときには20人くらいの行列が・・・。ラストオーダーが21:00だったので時間ないじゃん、という感じなのですが、なんとかぎりぎりセーフ、とりあえず、取れるだけとって、という感じになってしまいました。
a0015766_2329927.jpg

実はこの値段で・・・と思うのですが、メニューも豊富で、すっかり炭水化物とりまくってしまいました。もちろんデザートも。一緒に行った会社の人はもうかれこれ7年以上も一緒に飲んでいる仲間で、そう、ちょうど7年前につきあっていた彼女とのことでもいろいろ相談したりした方。今回も、なかなかご飯に誘っても来てくれないお姉様について相談をしたところ、で結論は「当たって砕けろ」って。当たるのはいいけど、はじめから砕けろ・・・って言われるのも(苦笑)。でもまぁ当たらなきゃどうしようもないわけで、でもその当たるきっかけもなかなか作れなかったり葛藤が続く日々です。

で、話戻って、すっかり食べてお店を出たときなのですが、実はこの日はスパンデックスが混在している生地のシャツを着てしまったのですが、ゆえにちょっとぴちぴちのシャツだったわけで、ふと、自分のお腹を見ると、あ””””””すっかり妊婦状態になっている。。。ベルトにお腹が乗っていました・・・ OTL....食べ放題は要注意ですね。

要注意なお店(笑)の公式サイトはこちら→ブッフェレストラン オッティモイタリア
[PR]

by y_flugels | 2006-07-24 23:35 | +おいしいもの

KIHACHIのイートインでさっぱりと

ここのところ、もう7月も終わりだというのにぱっとしない天気が続きますね。こういう天気が続くと体もちょっとだるくなったり、テンションが下がり気味。と言うことで、というわけでもないのですが、6月の終わりにまたまたデパ地下に行くと、KIHACHIのイートインを発見。なんか体がだるかったので、こういうさっぱりしたモノを欲していました。
a0015766_133988.jpg

ライチヨーグルトソーダフロート。ヨーグルトとライチの味がほんのりのクリームソーダ。アイスの甘味を楽しんだあとはさっぱりとしたソーダ、を味わい、梅雨時の蒸し蒸し感を吹き飛ばしました。
お値段も367円とお手頃価格です。
[PR]

by y_flugels | 2006-07-23 23:59 | +おいしいもの