<   2008年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

カレッタ汐留の海をイメージしたイルミネーション sanpo

a0015766_121787.jpg

汐留にあるカレッタ汐留の地下の広場では青い発光ダイオードを使ったイルミネーションが飾られていました。
a0015766_154442.jpg

真ん中にある鐘を中心に青いネオンが囲む形で飾られています。時間になるとそれらが音楽に合わせて色とりどりに変化をしていきます。
a0015766_171148.jpg

なんだかおとぎ話の魔法の国とかに来たような、そんな感じを受けるイルミネーションです。
a0015766_17561.jpg

青いイルミネーションは海をイメージしています。
その海に浮かぶろうそくをモチーフにしたイルミネーション。
a0015766_18596.jpg

鐘は鳴らすことができます。順番待ちはすごい行列でした。
a0015766_195869.jpg

鐘を鳴らした後は記念撮影をしてくれます。
a0015766_1112579.jpg

このイルミネーションはちょうど、波しぶきをイメージした感じになっているので頭上までイルミネーションが光っていますね。
a0015766_1123425.jpg

カレッタ汐留を離れて次は日本テレビの方へと向かいます。
a0015766_1132368.jpg

日本テレビの前には白く光る木がありました。ある時間になると・・・。
a0015766_114936.jpg

赤く光る不思議な木です。

More
[PR]

by y_flugels | 2008-12-31 23:54 | +TOKYO SCENE

北海道の友人からの贈り物

a0015766_0271279.jpg

北海道に住んでいる友人から突然宅急便が届きました。クール宅急便・・・中身は一体何なのか、期待がふくらみます。
a0015766_0304234.jpg

ジャン~~~!!出てきたのは夕張メロンのゼリーに六花亭のお菓子に、花畑牧場の生キャラメル・・・。まさに北海道の甘いモノづくし、さらに鮭の燻製などもついてきました。

ありがとうございました、我が友人。
[PR]

by y_flugels | 2008-12-30 23:35 | +おいしいもの

今年一番の悔しい終戦 vs 柏戦

a0015766_912523.jpg

やってきました天皇杯準決勝はエコパ(静岡県)。実にここに来るのは6年ぶり。前回は2002年ワールドカップの準々決勝、ブラジル-イングランドでした。その時は掛川からバスで行ったのですが、今回は愛野駅から歩いてスタジアムへ。
a0015766_9162840.jpg

エコパとは、「エコー(歓声のこだま)」、「エコロジー(環境)」を意味する「エコ」と、「パル(仲間)」、「パーク(公園)」を意味する「パ」を組み合わせて、「エコパ」となったそうです。
a0015766_9464673.jpg

開門前の東京の待機列。かなりの人数が来ています。みんなの気合いと気持ち、そして、国立への熱い想いが伝わってきます。駅からの道でも間違いなく柏より東京のサポーターが多かったです。
a0015766_9572930.jpg

対戦相手は柏レイソル。なんだか辞める監督のために、と感傷的なモチベーションで勝ち上がって来たチーム、我々はもっと高い高い望みを賭けて戦います。モチベーションのベクトル、次元が違います。負けられない試合です。
a0015766_959662.jpg

小平で書かれたサポーターの熱きメッセージがスタジアムに横断幕として掲げられました。
a0015766_1002167.jpg

ついに来ました準決勝。セミファイナルは東京ガス以来、9年ぶり?の舞台です。新しいステップに向けて、ここは越えなくてはならない壁です。
a0015766_105254.jpg

遠路はるばる青赤なメンバーがたくさん、静岡まで来ました。
ただ、この日のサポートは・・・個人的には・・・後で書きます。
a0015766_1063762.jpg

この日のスタメンは仙台での清水戦とほぼ同じ。出場停止の茂庭に代わって藤山がスタメン入りでした。柏はフランサがスタメンではないんですね・・・スタメンで使えば、と言う気もするんですが、向こうは向こうのやり方があるんでしょう。で、主審は扇谷、なぜか上が黄色、下が黒・・・「お前は柏のスパイか」と思わせるスタイルでした。このブタ野郎、東京で笛を吹くと、ろくなことをしないのですが、この日も基準の分からない笛、流しすぎで東京が受けた反則をスルーしまくり、で、見ていて腹立たしいジャッジが多かったです。これはこの試合、勝っても言おうと思っていました。
a0015766_10101349.jpg

前半は一進一退の攻防、東京が押す時間もあれば、柏が押す時間もあって、なかなかの好勝負。開始直後は柏が押し気味に時間を進めていて、あわや先制点というヘディングシュートを塩田が掻きだして押さえたりでツキは東京にある感じ。あの時は肝を冷やしました。
そんな中、東京が徐々にペースをつかみはじめ、特に、梶山がこの日は良い方の梶山だったのでボールをキープして主導権を握っていきます。そんな中、この日は古巣相手で気合いの入っていた、そして再三チャンスをつくっていた、達也が中に切れ込んでシュート。これが決まって先制しました。この時は東京側ゴール裏は興奮の坩堝と化していました。その後も東京ペースで試合は進んでいきますが、最後のところで得点を奪えず、1-0で前半終了です。終了のホイッスルの後は達也と塩田に対する賞賛の拍手と、扇谷に対するブーイングが入り交じった感じでした。
a0015766_10204838.jpg

後半、柏はフランサを入れてきます。ただ、東京も豊富な運動量からボールを高い位置でボールを奪って柏に攻撃のチャンスをつくらせないようしますが、柏に押し込まれる時間帯が長く続いていますが、最後の最後で集中して点を許しません。ただ、李が入ってからはさらに柏の攻撃する時間が増えてきます。東京はカウンターで得点を奪おうとしますが、決定的なチャンスもことごとく外して1-0のまま時間が進みます。
中盤が開き始め、私も見ていてすごくイヤな予感をしていました。特に李が入ってからは柏ペース、時間的にもそろそろ一枚切ってもいいのでは?・・・と思った矢先にフランサに決められ、同点。追いつかれただけなのでまだまだ行ける、という感じだったのですが、なんだかイヤな雰囲気を感じました。ここで東京は羽生に替えてエメルソン、、達也に替えて石川と入れてきます。ここで今年の東京の課題、千葉戦もそうだったけど、羽生が代わった後に前線からのプレスが緩くなってきて、という時間帯に入ってしまいます。柏の方は一気に勢いを盛り返した感じでした。その後は、見ていられないほど、押し込まれる時間が続いて、浅利を入れて、フランサをケアして、守備的に・・・と思った矢先、憎たらしいことに李に決められ逆転・・・。
その後は、東京は祐介を入れて、東京はパワープレーに出ますが、完全に引き気味になった柏の守備陣にことごとく跳ね返され、万事休す。この試合、エメルソンと祐介の交代は、大竹と平山じゃなかったな?と思ったりした結末でした・・・大竹だったら追加点を取るための打開ができたのではないか、とか思ったりもして。
a0015766_10382755.jpg

終戦。柏は決勝進出、そして東京はベスト4という結果だけが残りました。
すごく悔しい敗戦でした。内容的には東京が勝ってもおかしくない内容だったし、柏がそれほどまでにいいサッカーをしていたとは思えません。なにより、扇谷の不可解なジャッジにリズムも崩されました。選手へは拍手が送られましたが、その瞬間は拍手をすることすらできず、ただただ、ピッチを見るのが精一杯でした。
思えばこの試合、選手の練習している時間帯に本来であれば、コールなどで選手を鼓舞して、サポーターのテンションもあげて気合いを入れるべきだったのでしょうが、ゴール裏の場所取りの調整をごちゃごちゃやっていて、グダグダな感じでそれができませんでした。ケチのつけはじめはそこからだったのかも知れません。
辞めて他のチームの監督になる人と長く戦いたい、ただそれだけのモチベーションに、我々の高い目標への想いが負けてしまったのが悔しくてなりません。
来年、この並んでいる選手で何人が他のチームに行くか分かりませんが、来年、このメンバーでこの日の悔しさを胸にもっと高いレベルの戦いをして欲しいです。
a0015766_1043216.jpg

試合後はなんだか静岡にいるのがイヤだったのでそのままスタジアムから駅へ直行し、予定を切り上げて、食事もせずにそのまま東京に直行することにしました。
しかし、愛野駅、JR東海が増発もせず誘導もめちゃくちゃ(静岡方面の入場規制をしておきながら、浜松方面は入れますと入れておいて、実際には動線を分けてないから、どんどん、静岡方面に行く客が入ってきて、意味無し。ほんと、JR東海って東海道新幹線のことしか考えてない会社だということがよく分かった)、準決勝、たぶん、スポンサーがスルガ銀行だからやったんだろうけど、関東2チームをここまで来させるなんて、サッカー協会も考えて欲しいし、静岡県サッカー協会ももっとしっかり運営をして欲しい。結局、売店が劇混みでなにも買えなかったし。
天皇杯のドサまわり、は否定しないけどだったら、大阪とかどこからも行きやすい場所にして欲しい。なんだか後味の悪い準決勝でした。
a0015766_10475185.jpg

帰りは18きっぷで東京まで4時間近くかけて帰りました。疲れだけが残った年末観戦納めでした。
電車の中で仲間と話しながら、結局、このままACLに出ても、リーグと両立はこのメンバーでは難しいし、そう考えると自動降格3チームだとまずはリーグで勝つことが大事だよね、という結論に達しました。
ただ、去年にはここまで楽しめる、そして、元旦国立への期待はなかったし、来年に期待できるチーム作りができていなかった、ことを考えれば、ここまで引き上げた監督と、それについてきた選手に感謝ですね。来年はこの日の悔しさをバネに頑張って欲しいなぁ。
それにしても東京にとっては静岡県はほんと、鬼門なのかも知れません。

元旦はチケットは持っていますが、どうするか決めていません。
[PR]

by y_flugels | 2008-12-29 23:17 | ++FC TOKYO

レインボーブリッジのスペシャルライトアップ

a0015766_2310628.jpg

レインボーブリッジがクリスマスと年末年始の期間にスペシャルライトアップが行われます。
毎年、クリスマスと年末年始ですが、このように虹の七色じゃないですが、レインボーカラーに橋桁が染まります。
職場からの帰り道によく、眺めて帰ります。
[PR]

by y_flugels | 2008-12-28 23:08 | +TOKYO SCENE

国際フォーラムのクマさんのクリスマスツリー

a0015766_22563113.jpg

国際フォーラムの地下1階にクリスマスツリーが飾られていました・・・。ホワイトクリスマスツリーですが、なんだか近づいてみると・・・。
a0015766_22574050.jpg

クマさんでできたクリスマスツリーでした。。。しかもこのクマがめちゃくちゃつぶらな目をしていて、男性目線から見てもかわいい。
a0015766_22582693.jpg

もちろん持ち帰ってはダメですが・・・持ち帰りたくなるくらいかわいらしいクマのクリスマスツリーです。2009年1月4日まで飾られているそうです。
[PR]

by y_flugels | 2008-12-27 22:59 | +TOKYO SCENE

両毛線に乗ったときに食べた上州の冬

a0015766_21281399.jpg

野暮用で高崎に行ったときに両毛線に乗りました。
帰りはかなり遅くなったので車内で駅弁を食べながら帰ることにしました。
a0015766_21311371.jpg

高崎駅で買ったのは”上州の冬”というお弁当。
どうやら、冬限定のお弁当のようです。
a0015766_21341278.jpg

一見幕の内弁当のようです。実際そうなんですけど、一応、上州の素材を使ったり上州の料理の入ったお弁当のようです。
・上州牛のすき焼き
・ぶりの照り焼き
・大根煮
・榛名豚焼豚
・厚焼き卵衣揚げ
・レンコン煮
・椎茸煮
・赤こんにゃく煮
・黒こんにゃく煮
・竹の子煮
・ゆずもち

という中身でした。
[PR]

by y_flugels | 2008-12-26 21:37 | +おいしいもの

ベッカーズのベーコンエッグバーガー

a0015766_22453426.jpg

ひょんなことから恵比寿に行くことになり、用事の前に軽く昼食を、ということで入ってみたのがベッカーズ。JRの駅にあるファーストフードですね。昔はベッカーズと言えばクロワッサンサンドのイメージがあったのですが、最近はハンバーガーをやっているんですね。ということで、ベーコンエッグバーガーのセットを頼んでみました。他のファーストフードに比べて値段は割高な感じを受けました。それとポテトがコーヒーカップに入って出てきたのはある意味、斬新でした。
a0015766_2301493.jpg

ハンバーガー。パンがちょっと焼きが入っていて香ばしい感じでした。ハンバーガー自体もなかなか美味しかったと思います。あとセットで100円位安ければ言うことなしなんですけどね。
[PR]

by y_flugels | 2008-12-25 23:02 | +おいしいもの

東京タワーフォトヒストリー展

a0015766_21315978.jpg

東京タワー50周年を記念して、東京タワーではフォトヒストリー展が行われていました。
東京タワーの建設時から当時の写真などが数々展示されていました。
しかし、一番、私的に興味深かったのがこちらです。
a0015766_2134249.jpg

東京タワーが完成した当時の昭和30年代をモチーフにした映画、「三丁目の夕日」の街を忠実に再現したジオラマです。
a0015766_21365330.jpg

クネクネした路地にナショナルの懐かしい看板、まさに映画で出てきたシーンが再現されています。
a0015766_21374421.jpg

そしてなにより、忘れちゃいけないのが、鈴木オート。やっぱり鈴木オートは堀北真希扮する六子が集団就職でやってきた場所。
a0015766_2141222.jpg

その面した場所には駄菓子屋を営む、書生、芥川のお店兼住宅。
a0015766_21423337.jpg

こういう模型は見ているだけで楽しいですね。つい、時間を忘れて見入ってしまいました。
[PR]

by y_flugels | 2008-12-24 21:52 | +TOKYO SCENE

50年目の東京タワーはレインボー

2008年12月23日は東京タワーの50回目のバースデー。半世紀、東京のランドマークとして、君臨していた東京タワー。50周年の記念で今年はスペシャルなライトアップが行われます。
a0015766_23141583.jpg

通常バージョンの東京タワーのライトアップ。冬はこの赤っぽい感じのライトアップがメインですが、12/25まではスペシャルなライトアップが行われています。(以下写真は12月中旬に撮影)
a0015766_23162471.jpg

20:00~20:10の間だけ、ダイヤモンドヴェール・スペシャルレインボーと題して、虹の7色を模したライトアップがされています。
a0015766_23184550.jpg

展望台のところにはTOKYOの文字と50周年の50という文字、が飾られていました。
a0015766_23134950.jpg

今年のこのレインボーはかなり個人的には気に入っているライトアップです。個人的にはてっぺんの部分もライトアップの色を合わせてくれれば完璧だったのに、って思います。
10分間限定というのもお宝度も高いライトアップだと思います。年内は12/25まで行われるそうです。
a0015766_23214718.jpg

20:10から22:00までは、ダイヤモンドヴェール・ホワイトダイヤモンドという白をベースにしたライトアップ。ダイヤモンドの煌めきをイメージしているそうです。
a0015766_2323658.jpg

近くで見ると、白というよりちょっと青味のかかったライトアップのように見えます。少し離れたところから見た方が良いかも知れません。
[PR]

by y_flugels | 2008-12-23 23:24 | +TOKYO SCENE

神宮外苑 イチョウ祭りのイチョウ並木

a0015766_22252269.jpg

12月上旬のある日、神宮外苑の絵画館前に行きました。ちょうどこの日は真っ黄色のイチョウに染まったイチョウ並木の散策をすることができました。
a0015766_22265016.jpg

段々と関東でも紅葉の時期がずれているのでしょうか、黄色に染まったイチョウを見ることができたのは12月に入ってから。12月にはいって急に寒い日が続いて急に黄色く色づいたようです。
a0015766_2228560.jpg

この日は12月にしては思ったより暖かい日だったこともあり、絶好の散歩日和。イチョウ並木を歩く人が多くいました。
a0015766_2229399.jpg

12月だというのに秋のような青空とイチョウです。
a0015766_22293929.jpg

前日の夜に雨が降ったこともあり、かなり、黄色に染まったイチョウの葉が道に落ちてしまっていましたが、これがかえって黄色い絨緞を敷き詰めたような黄色い世界が広がっていました。
a0015766_22313355.jpg

イチョウ並木と言えばドラマなどでもしばしば出てくるお店、セラン
a0015766_22332018.jpg

花壇の花の上にもイチョウの葉が落ちていました。黄色い花壇に紫の花という組み合わせもきれいでした。
a0015766_22342551.jpg

黄色い花壇の花の上にもたくさんのイチョウの葉が落ちていました。
a0015766_2235367.jpg

お散歩していたワンコを発見。。。ワンコも黄色い絨緞の上で気持ちよさそうでした。

この日の神宮外苑ではイチョウ祭が行われていましたが、今年は時間がなかったので行きませんでした。
[PR]

by y_flugels | 2008-12-22 22:24 | +TOKYO SCENE