<   2010年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

まさにアニマル vs 名古屋戦

a0015766_2314168.jpg

今年もナビスコカップの季節がやってきました。今年はカップウィナーという立場での参加になりますので、恥ずかしくない戦いをしておきたいところです。
a0015766_2315472.jpg

初戦の相手は名古屋。去年は決勝トーナメント1回戦のホームで完膚無きまでに叩きのめした相手ですから、今回も叩いておきたいところ。なにしろ、大型補強をして気づけば、帰化した闘莉王を入れてスタメンのウチ5人が外国人という反則チーム。負けるわけには参りません。
a0015766_23172380.jpg

スタメンは権田、椋原、平松、今野、キム ヨングン、徳永、羽生、北斗、ナオ、達也、平山という布陣。
試合開始早々はボールが持てたのですが徐々に名古屋ペースで試合が進みます。特にこの日はボールはつないで連動性のある攻撃ができた時間帯もありましたが、パスミスやボールを奪取されるシーンも多く、ここ4試合と違い、ピンチらしいピンチもけっこうありました。どうしてもケネディ、マギヌンの2トップにフィジカルで負けるシーンも多かったですし、4針縫った影響があったのか、羽生の調子もイマイチでしたね。どちらかというと、攻め込んで「あ~」という溜め息のシーンが多かったです。そんな中、カウンターを食らってケネディにループシュートを決められ先制されます。このシーン、もう少し守備陣が激しく当たりに行ってもよかったんじゃないか、とは思いました。
a0015766_23214881.jpg

後半に入りやはり調子の上がらなかった羽生を下げて森重を入れて、今野をボランチに上げるという戦術に。これでだいぶボールが収まるようにはなってきたんですが、どうも中盤でボールを奪われるシーンが多かったように感じました。今ちゃんも大宮戦ほど良くはなかったのか、パスミスも多かったです。そんな中、まさかのPKを与えてしまいましたが、権田がファインセーブ。正直、流れ的に終わったとは思ったのですが・・・。
さらに重松を投入すると前線でプレスが効きだして、東京が高いラインからの攻撃を繰り広げられるようになります。そして、徳永からサイドを駆け上がるナオにいいパスが出てそれをナオが中央の平山に、これがきまって1-1の同点。これでイケイケと思ったら、また逆転され、しかも点を取ったあとにちょっと集中がキレた感じでの得点だったので、ガクッと来ちゃいました。今までならこのまま1-2で負けてしまう感じだったのですが、ここで、やっぱり東京のワンダーボーイと言っていいでしょう、重松がロスタイムにやってくれました。
この日、途中出場で出てきたモノの精彩をイマイチ欠いていた大竹からのパスを受けて、ゴリゴリ相手DFを引き連れて突進、倒れ込みながら振り抜いたシュートが決まって、2-2。興奮したね~
というか、まさにFWってこうだよね~というプレーで見せてくれました。この同点ゴールは大きかったです。
ただ試合終了直前のナオが足を痛めたシーンは大丈夫だったのかな?
a0015766_23273113.jpg

敗色濃厚な試合でしたが、権田のファインセーブに重松の気迫のゴールで2-2の同点。勝ち点1をもぎ取りました。これは大きな勝ち点だったと思います。今までだったらこのまま1-2で負けていた試合だったと思いますし、そういう意味で強くなってきたのかな、とは思います。
ちなみに今日の主審ははじめて見るような方ですが、前半は良かったですが、後半はちょっとコントロール効かなくなってきたなぁ、と感じました。前半と後半でこれだけ差のあるレフリーも珍しいかな・・・後半だけ見たらちょっとひどかったなぁ。
a0015766_23312257.jpg

今日はシャーはなしでしたが、黄色いスパイクのアニマル重松にはこれからも目が離せません。
やっぱり聖地国立、私は好きだなぁ。仕事帰りに行くにもちょうどいい場所だし。ここだとなんとなく負ける気がしません(笑)

残念ながらクラシコは急なプライベートな用事で参戦できなくなってしまいそうなのですが、なんとか、録画でもして見たいと思います。皆さんのレポートも楽しみです。
[PR]

by y_flugels | 2010-03-31 23:33 | ++FC TOKYO

大江戸温泉再び

a0015766_22144942.jpg

ということで、割引価格のうちに行っとけ、ということで、またまた大江戸温泉物語に行って参りました。
これはちょうど2月の中旬くらいだったでしょうか。それにしてもこの日は前回と比べてすごい混雑でした。この時はなんと、洗い場まで大混雑・・・体を洗うのに行列ができるくらいでした。
ある意味、タオルで前を隠した男子が裸で並んでいる姿はすごい光景です(苦笑)
a0015766_22172281.jpg

どうしてもここに来ると江戸の雰囲気の食べ物が食べたくなってしまいます。ということで、またまた天丼、今回はおそばまでつけてしまいました。


[PR]

by y_flugels | 2010-03-30 22:18 | +TOKYO SCENE

東京マラソン1ヶ月前の話

a0015766_2242547.jpg

今さらながら東京マラソンの話です。といっても、東京マラソンの当日からさらに1ヶ月も前の話、東京マラソン事務局からこのような封筒が送られてきました。
a0015766_22445770.jpg

封筒の中身はこんな感じで半分以上はスポンサーの広告やパンフレットだったのですが、大事なのは当日の注意事項などが書かれた用紙と受付の時に提出する引き換え用紙。特に引き換え用紙は紛失したら再発行されないので、なくさない要注意が必要です。
a0015766_22512731.jpg

そんなわけで本番も近づいてきて、案内も来たので皇居で最終の調整を行うこととします。ただし、直前にはあんまり走らない方がいい、ということなので2週間前をメドに、某SNSのメンツと最後の調整として30キロ(皇居6周)を走りました。
a0015766_22531913.jpg

さすがに2月に入ると、東京マラソン直前と言うことで、かなりのランナーが皇居の周りを走っていました。
a0015766_22543015.jpg

さすがに20キロを過ぎるとこの、半蔵門から桜田門への下りがかなり膝に負担がかかってきて痛みを伴うほどでもありました。本番前にケガをしてはいけないので無理はしないように、でも距離は走っておきたかったので、我慢して走りきりました。
a0015766_22555062.jpg

結局、2月の第2週に30キロを走ってからは膝の痛みもあったため、練習は控えてしまい、ぶっつけ本番という形になってしまいました。その部分ではやや調整に失敗した感もありましたが、逆に、それでも30キロを走りきったことで、当日の自信につながったのも言うまでもありません。
[PR]

by y_flugels | 2010-03-29 22:57 | +RUN

花冷えの大宮公園で・・・ vs 大宮戦

a0015766_21534266.jpg

桜も開花宣言が出されて大宮公園の桜でも見るべ~なんて思って向かった大宮はなんと、気温6℃・・・めちゃくちゃ寒かった。まさに花冷え、そんな言葉がピッタリな気候でした。すでに開門1時間前にはすごい行列でようやく中に入って席を確保。そういえばここで見る試合は・・・負けた記憶がないな。同じ埼玉でも、片や勝ったことがない、片や負けたことがない・・・どういう違いなんだろう。
a0015766_21561640.jpg

そんなわけで試合前、寒くてラーメンを・・・と思ったらすごい行列で全く列が進まず・・・。途中で諦めてこちらのパンにしてしまいました。ラーメン、今日だとみんな食べたいだろうなぁ~、食べたかったなあ。
a0015766_21573225.jpg

ということでゲットしたのはポタージュとこのコロッケサンドでした。サクッと食べていざ試合。
a0015766_2159376.jpg

試合前、手術を終えた大宮の塚本選手がベンチ裏に。ビジョンにその姿が映ると大宮サポーターだけでなく東京サポーターからも拍手が。ただ・・・正直、東京サポーターとしては、複雑な心境。この手のシチュエーションだと「いい人、東京」モードを発動してしまいそうで(^^; しかし、帰宅後に見た、J's GOALのこの写真はいい写真だよな~って思った。試合前だけど、ラグビーで言う「NO SIDE SCENE」という感じだもんな。
a0015766_2235497.jpg

この試合ではスタメンは権田、長友、今野、森重、椋原、羽生、徳永、北斗、石川、赤嶺、平山という面々。一方の大宮は藤本、ラファエルがケガで欠場のようでした。この日、東京は前の試合より、パスの精度、組み立てはだいぶ良くなってきたなぁと感じました。特に徳永のボランチ、当たりの強さというかフィジカル面ではかなり優位に立っていたと思うし、ナオが調子を上げてきたので裏のスペースを突く攻撃も見られたし、北斗も攻撃的なプレーができていた、羽生もうまく攻撃にからんで、後は、最後のフィニッシュが。。。という感じを受けました。ただ、気になったのが今ちゃんが、ボールを持ったときに長友がかなりフリーになっているのに、そちらに出さずに真ん中に当てて、という攻撃が見られて、そこでボールを取られたり、最終ラインまで下げざるを得ないシーンも見られて、ちょっとリズムに乗りきれない感じでした。ただ、主導権は東京が握っていたように感じます。そんな中、試合が動いたのが前半10分、大宮のボランチのアン ヨンハが一発レッドで退場。スタジアム目線ではアフター気味にスライディングしたけど「あれで一発レッド?厳しくね~?」という感じでした。(あとからの情報ですねを4針縫うけがを負うほどのひどいタックルだったようで・・・そういう意味では妥当なジャッジだったかも)ちなみにこの主審は村上で、去年のナビスコの決勝を吹いたのですが、そのときは、「おお、だいぶマシになったなぁ」と思ったのですが・・・。
これで11対10なわけですが、正直、逆に東京、相手が1人少ないと攻めあぐねて点が取れないことも多いのでいやな予感もしたわけです。
そんな中、前半終了間際には再び、相手のDFの要のマトがアフター気味のスライディングでイエローで2枚目、退場と言うことに。相手は9人です。最初のアン ヨンハのファールが赤だとこれは黄色にせざるを得ないかな、という感じでしたが、逆の立場だったら内心穏やかではないでしょう。
そんなわけで、攻め手を欠いて0-0で終了。笛の瞬間、大宮の選手だけでなく、大宮のベンチからも監督、スタッフがピッチに飛び出して抗議をするシーンが・・・。これ、退席とかペナルティにならないのだろうか。また、レフリーが退場するとき、メインスタンドから紙吹雪のようなモノが投げ込まれて少し、騒然とした雰囲気でした。一方、東京としては相手が2人少ない状態ですから、勝たなければ話にならない状況となりました。
a0015766_22142993.jpg

ハーフタイム。セグウェイに乗るリス。というか日高屋がスポンサーなんだ。。。
a0015766_22152447.jpg

後半。さすがに相手の選手を2人退場にさせた羽生はそのダメージも大きかったのか交代、キム ヨングンを入れて、最終ラインを3バックに、そして今野を久々だね、ボランチに上げて攻撃を仕掛けます。
この戦術が超攻撃的な展開を生み出します。もう、久々のボランチで気合いが入っていたのか、今ちゃんが縦横無尽に走り回り、中盤で攻撃の芽を摘んでいきます。そしてボールを奪ったらそのまま善戦まで上がってシュートというシーンも多く見られ、それにより、ボールがかなり回るようになりました。これを見ると、とりあえず、梶山、米本が戻るまでは今ちゃんのボランチがいいんじゃない?と欲が出てきてしまいそうです。
ただ、なかなか点が決まらない、ということで、城福さんが切った2枚目のカードは「2代目キング」こと重松。ユースから上がってきた期待のFW。最初はどうなることかと思ったけど、徐々に慣れてきたらサイドを再三突破して、いいパスをナオや平山に供給。かなり決定的なシーンを作り出していました。特に重松、平山、赤嶺の3トップは迫力ありましたね。さらにその外側からナオ、長友が上がってくるんですから攻撃の厚みはすごかった。そんな中、ゴールはこぼれ球を叩き込んだ、今ちゃんのシュート。ズドーンと来ました。1-0。これで東京も焦りがなくなったと思います。1点入ってさらに追加点を狙う波状攻撃。そして、2点目はおそるべしルーキー重松のヘッド。きれいに長友のクロスから決まりました。リカルジーニョはちょっとまだ、ボールを持ち過ぎだったり、周りとのコンビネーションがイマイチなシーンもありましたが、重松はかなりフィットしていましたね。なにより常にゴールに向かう姿勢が素晴らしい。結局、試合は2-0で終わりましたが、城福さん、2点取ったあともかなりキレていたから、守備でカウンターで押し込まれたり追加点が取れなかったのに不満が残ったのでしょう。
a0015766_22231337.jpg

そういえば、リカルジーニョと重松はお揃いの黄色いスパイクでしたね。
a0015766_22235181.jpg

ナオも90分フル出場で2-0で勝ちましたが、正直、この試合に関してはレフリーが試合をつまらなくしてしまった感がありました。確かに、東京側から見れば、押せ押せムードで相手が2人少ないですからやりたい放題となったのですが、サッカーを楽しむということでいえば、大宮は0-0で逃げ切るだけしかないわけですから、ゴール前に選手が固まってそれをこじ開けるという練習になったかも知れませんが、緊迫感はなくなってしまいました。実際にゴール裏の雰囲気もそんな感じでしたね。この前の埼玉スタジアムでレフリーに泣かされましたが、この日はレフリーに助けてもらったという言い方も変ですが、そんな感じでした。大宮の選手とサポーターにはちょっと気の毒な判定も多かったと思います。そういう意味では残念ですね。
a0015766_22272130.jpg

今日のヒーロー。さすがにユース上がりと言うことでシャーも当たり前のようにこなしていました。
これは平山、赤嶺、達也もうかうかしてられないですね・・・。

試合の模様
[PR]

by y_flugels | 2010-03-28 22:29 | ++FC TOKYO

鷹の爪 THE MOVIE 3 をみました。

a0015766_22532074.jpg

ということで、錦糸町にやってきました。目的は映画を見るため。レイトショーでやっているのが錦糸町しかなかったので、オリナスまではるばる来ました。
a0015766_2255213.jpg

映画まで時間があったのでサーティワンでアイスを食べて時間を潰します。閑話休題。
a0015766_2314668.jpg

見た映画は鷹の爪。いわゆるFLASHムービーのお馬鹿映画です。あいかわらず何も考えずに見るには楽しい映画でした。

[PR]

by y_flugels | 2010-03-27 23:18 | +映画

錦糸町の行列ステーキ Mr.デンジャー

a0015766_23442281.jpg

レイトショーを見に錦糸町に行きました。錦糸町にせっかく出たのでご飯でも食べようと思って行ってみたのがこちらのお店。行列ステーキという看板とロブスターのオブジェが目印のお店です。
a0015766_23473994.jpg

まずはサラダ。ドレッシングがおいしかったです。なんのドレッシングなんだろう。
a0015766_23482279.jpg

こちらが看板メニューのデンジャーステーキ。とりあえず200gにしましたが、300gくらいにしても良かったかも。肉、ご飯、肉、ご飯と食べるとあっという間に食べ終わってしまいます。まさに肉!を食らう、そんな感じのステーキでした。値段がリーズナブルなのもうれしいですね。

遅い時間まで営業しているのもうれしいですね。


[PR]

by y_flugels | 2010-03-26 23:52 | +おいしいもの

冬の大江戸温泉に行ってきました。

a0015766_2248399.jpg

お台場にある大江戸温泉物語。正直、普段は割高感があってなかなか行けないのですが、1月、2月と通常価格より1000円引きキャンペーンをやっていました。ということで1月のある日、フットサルの後に汗を流しに通ってしまいました。
a0015766_22513238.jpg

寒い中、足湯に入って足下からぽかぽか。たださすがに冬の夜は、長居はできませんでした。
a0015766_22535176.jpg

館内は江戸の雰囲気を感じさせるたたずまいになっています。中ではいろいろなイベントをしていました。
浴衣で過ごすというのもいいですね。浴衣美女に見とれてしまいそうです(笑)
a0015766_22545446.jpg

お風呂に入った後は食事処で食事を。といってもフードコート形式になっているのでいろいろなメニューを楽しむことができます。
a0015766_22554988.jpg

運動後と言うことでガッツリと食べたいなぁ~と言う思いから思わず天丼を食べてしまいました・・・。

入場料が18:00以降料金で1200円でプラス、食事でおおよそ1000円(ファミレスくらいの価格)ということであれば、手軽なレジャーとしては妥当な線かなぁと。これが通常料金だと3000円超え・・・大江戸温泉に関しては浴場はそれほど広くなく、この日はそうでもなかったですが、日によっては体を洗う洗い場が行列なんて言うこともあるし、湯船に浸かるのも肩身を狭い思いをして、ということもありますし、お風呂自体もそんなに広くない、ということを考えるとやや、CPは悪いかなぁと。郊外のスーパー銭湯とかの方がいいかな、とも思います。


[PR]

by y_flugels | 2010-03-25 22:59 | +ぷらいべえと

冬のビッグハンバーグマウンテン 祭

a0015766_2256183.jpg

デニーズに行ったときにちょうど、全10種のハンバーグを揃え販売する「10バーグシアター」が行われていました。(2010年1月)そんなわけで、メニューを見て名前と説明に惹かれて頼んでみたのが、焼き上げたハンバーグを2枚重ね、その上に海老フライが乗っている”冬のビッグハンバーグマウンテン”。
まさにハンバーグの山です。
a0015766_22583794.jpg

さすがにハンバーグ2段重ねのえびフライはボリューム満点でした。ガッツリ食べたいときに食べたのですが、満腹感ありましたし、値段もリーズナブル(1180円)だったので、満足でした。
[PR]

by y_flugels | 2010-03-24 22:59 | +おいしいもの

羽田空港のD滑走路建設工事現場を見学

a0015766_21505572.jpg

飛行機で帰る友人を見送りに1月のある日、羽田空港の第2ターミナルへやってきました。
第2ターミナルは普段、使わないので、久々にやってきたので、展望デッキへ上がってみました。
a0015766_21531293.jpg

すでに国際線が飛んでいる羽田空港、偶然、上海航空の飛行機を見ることができました。
a0015766_2155014.jpg

せっかく羽田空港に来たので、前々から気になるスポットに行ってみることにしました。空港ターミナルからモノレールで一駅、整備場前から歩いて20分近くかけて着いたのはこちらの場所。
a0015766_21564214.jpg

D滑走路展望台。国際化に向けて建設されているD滑走路の建設光景を見ることのできるスポットです。普段はなかなか入れない滑走路の先端にある場所です。
a0015766_21585451.jpg

プレハブ小屋の中では羽田空港の国際化に向けてどのような工事が行われているかなどの展示がされています。中の方が説明をしてくれます。そして、ちょうどこの日は最後の結合が行われ滑走路が一本になる日でした。ちなみに、このD滑走路は浮島で、写真のように多摩川河口のところは桟橋のようになっていて、多摩川の流れの妨げにならないようになっています。
a0015766_2215978.jpg

こちらは滑走路から空港へと飛行機が行き来する橋になります。
a0015766_2231955.jpg

そしてここの展望台からは羽田を離発着する飛行機を間近に見ることができます。工事現場見学だけでなく、このように飛行機をみることができます。飛行機をぼーっと眺めていました。
a0015766_2264221.jpg

夕暮れの空港を後にして帰りました。


[PR]

by y_flugels | 2010-03-23 22:08 | +TOKYO SCENE

甲乙つけがたい桜開花前の vs C大阪戦

a0015766_1392658.jpg

第3節はセレッソ戦。前節はダービーでガンバ相手に引き分け、中盤に乾、香川を擁し、というより、元東京の茂庭と尾亦いますので、イジリもできる展開だといいなぁと思っての参戦となりました。
スタメンは出場停止の森重のところに平松、椋原に代わって、キムヨングン、北斗の代わりにナオがスタメンに入り、達也が外れ、赤嶺が入るという布陣になりました。
確かにナオが動けるようなれば、こういう布陣になるだろうなぁという布陣となりました。
a0015766_13133646.jpg

前半は今までの2試合と違い、かなりボールを押し込めることもできていたし、動きにだいぶ連動性も出てきたように感じました。そしてナオが入るとチームのリズムに躍動感が出ているようにも感じましたよ。この日は赤嶺も積極的にボールをプレスするシーンも見られたし、羽生も精力的な動きをしていました。ただ、セレッソもカウンターをけっこう仕掛けてきましたが、今野、平松の最終ラインも集中できていたように感じました。ちょっとヨングンは入り込めていない感じはしましたが。ただ、終了間際はややダルダルな感じになってしまったのでそこは修正するのだろうなぁと思っていました。
a0015766_13172438.jpg

後半の立ち上がりは東京が積極的に攻めてきて、茂庭がミスしねーかーな、と思ったのですが、意外と安定したプレーをしていて残念だったり(笑)。平山のポストを叩いたシュートなんか惜しかったもんな。あれが入っていたらおもしろかったんだけど。ただ、なかなか点が入らない時間が多かったように感じます。この日の城福さんは仕掛けが早く、大竹、リカ、と投入。期待したんだけどちょっと、うまく機能しなかった感じですね。大竹は去年のイマイチだったときに比べると良くはなってきたけどもっとできると思う。リカはまだ荒削りというかかみ合ってない感じでしたが、もう数試合見てみたい感じはしました。
結局、相手に播戸が入って押し込まれるシーンもありましたが、お互い決め手を欠いて0-0のドロー。
まぁ最低限の結果は残した感じでしょうか。確かに風が強すぎて長いサイドチェンジなどを使いづらかったから戦い方が限られてしまったのは否めないでしょう。
a0015766_13222355.jpg

開幕3試合で失点1(しかもPK)、得点も1、勝ち点4、守備はまぁ形ができてきた感じでしょうか。問題は攻撃ですね。
そしてこの日の主審は家本、レフリーアセッサーに松崎がきたこともあるのか、いや、確かに「???」というシーンもありましたが、概していきり立つほどフラストレーションの溜まるレフリングではなかったと思います。家本にしては良かった、というか、まともなレフリングだったのは、やっぱり前節のメタボがひどすぎたからそう感じるのでしょうか。

この日は鬼太郎デー
[PR]

by y_flugels | 2010-03-22 13:29 | ++FC TOKYO