<   2010年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ガストで199円ハンバーグ

a0015766_23344815.jpg

またまた肉料理です。でも毎日、肉を食べているわけではありません(苦笑)
TSUTAYAでDVDを借りたときにGetしたガストのクーポン。ガストはほとんど行くことがないのですが、せっかく199円で食べられる、と言うことでネットで一番近いがストを探して行ってきました。
a0015766_23392381.jpg

ということでハンバーグだけ食べるのもあれなので、洋風セットにしてみました。ということで、サラダとスープ。今ポタージュにしてみました。意外とサラダは量があったので良かったです。
a0015766_2344128.jpg

そしてメインのハンバーグの登場。さすがに199円(定価ではありませんが)ということで、量がやや少なめでしたが目玉焼きも付いていておいしくいただきました。普通に食べてもかなり安いですし、コストパフォーマンスも悪くないかな、と思いました。家の近くにないのが残念ではありますが。
[PR]

by y_flugels | 2010-04-29 23:47 | +おいしいもの

エルベでビーフシチュー

a0015766_23134754.jpg

東京マラソンの翌日、実は仕事はお休みしていました(苦笑)ということで、お昼はちょっと地元ブラブラ。夜はやっていないと記憶していたので(実際には新しいお店になってから営業しているようですね)、昼間を狙っていくことにしました。向かったお店は東銀座にある有名な2店のビーフシチューの有名なお店の一つ、エルベです。
a0015766_2320244.jpg

グツグツとアツアツの土鍋に入ったビーフシチューがやってきました。懐かしい感じの洋食屋さんのビーフシチューという感じで濃厚なシチューはじわっと胃にしみ入ります。ランチタイムだと1500円で食べられるのもうれしい限りです。ご飯はおかわり自由、小さいお茶碗で来るので2杯目はシチューをかけながら食べるのが好きですね。


[PR]

by y_flugels | 2010-04-28 23:13 | +おいしいもの

デニーズでご褒美ステーキ。

a0015766_0105924.jpg

東京マラソンを完走し、自宅に戻ってシャワーを浴び、一息つくとお腹が空いてきました。さすがに42キロも走ると体力をかなり消費します。ガッツリ食べたいなぁ、と、でも、足が痛いので遠出もできず、ということで、自宅近くのデニーズで夜ご飯。
ちょうどコースだったところを通って行きます。まさに「つわものどもが夢のあと」さっきまで走っていた道路は、何事もなかったように車の往来がありました。なんだか終わってしまったなぁ~という寂しさもあり・・・
そしてお店でメニューを開いて、もうこの日は自分にご褒美じゃないけど、即決。ステーキにしました。
ちょうど、ステーキフェアをしていて、牡蠣のグラタンの付いたステーキがありました。ステーキソースはガーリックのソースでスタミナ補給、肉のボリュームはさすがにファミレスのステーキなので、ガッツリ、とは生きませんでしたが、やっぱり運動した後の肉はおいしかったです。
[PR]

by y_flugels | 2010-04-27 23:09 | +おいしいもの

凹みのでかい万博でのゲーム vs G大阪

a0015766_22552164.jpg

2分8敗・・・シーズン前に城福監督が今期の目標として掲げた数字。去年、上位5チームとの対戦成績が2分8敗でこれを超えなくてはならないとしていましたが、すでに浦和、川崎に負け、鹿島には引き分けとなってしまいました。そんなわけでこの日の相手もその一つ、ガンバ、ということで万博までやってきました。
a0015766_22591018.jpg

スタジアムの前には”美味横丁”という屋台村があります。これがまた、アウェイ遠征をする者にとっては魅力的なメニューばかりです。大阪の名物がずらりと並んでいてグルメも楽しめるのがうれしい限り。
まずは餃子専門店「一(はじめ)ちゃん」の餃子。屋台からいいニオイが漂っていて、ニオイに釣られてしまいました。
a0015766_2332227.jpg

餃子はオーソドックスな感じの餃子でしたが、皮もカリカリでおいしかったです。ビールが欲しくなってしまいます。
a0015766_2345283.jpg

続いてはその隣には、たこ焼きで有名な「くくる」のたこ焼き。やっぱり大阪にきたらたこ焼きは食べておかないとですね。
a0015766_2382468.jpg

こちらのたこ焼きも大きなタコが入っていておいしかったです。やっぱり関東で食べるたこ焼きと関西で食べるたこ焼きとでは味が違う感じがするのは気のせいでしょうか?
a0015766_23112642.jpg

ふと隣を見ると・・・「串揚げ」がありました。これは、せっかくなので大阪にきたのですから、串揚げも忘れてはなりませんね。道頓堀のだるまの串揚げです。
a0015766_2313977.jpg

串揚げ、こっちの串揚げは油っぽくなくさくさくで何本でも入ってしまうんですよね。ビールがまたまた欲しくなります。えびも入っていてお得な串揚げでした。
ということで、大阪グルメを堪能、「大阪を喰う!」ということで、完食してスタジアムへ。
a0015766_23155944.jpg

スタジアム内に入りました。今日の対戦相手のガンバはACLでけが人も多く、ルーカスや遠藤などはベンチスタート、もちろん東京も万全ではありませんが、ガンバも万全ではないわけで、そういう状況なども考えてもきっちり勝っておきたい試合です。東京は梶山が久々のベンチ入りでした。
a0015766_23175735.jpg

前半は出足から東京がボールを完全に支配し、最終ラインからトップまで自由にボールを回して主導権を握ります。ガンバ相手にここまでボールを自由に回してチャンスを何度も作っていくので、見ていて、あとはゴールを決めるだけ、という感じの雰囲気でした。ボランチの徳永も力強く進んでいくし、羽生もパスを散らす、前の北斗、石川も攻撃を仕掛け、かなり連動性を持って攻撃とパス回しができていて早い時間帯に点を取ってしまいたい、という感じでした。相手のガンバのディフェンスをかわしてチャンスを作る様子は今季で1~2の出来だったのでは?と思いました。
a0015766_2325823.jpg

後半。さすがにガンバもまずいと思ったのか、遠藤、ルーカスを投入してきました。しかし、本調子でない2人、彼らが入っても東京がやや主導権を握る展開。もちろん、この2人が入ってガンバにもチャンスは生まれるようになりましたが、それでもまだ勢いに乗る東京ペースでした・・・。そしてナオがサイドを抜け出して真ん中に走ってきたドフリーのリカにクロス、そのまま打てば8割方ゴールが決まったであろうシーンで・・・まさかのヒールパス。これにはゴール裏もベンチも唖然としてしまいました。城福さんは激怒していましたね。私も呆然としました・・・こういうチャンスを逃すと流れが変わるのがサッカーの怖さ。このあと、ガンバが急にシフトアップして東京のゴールを脅かします。一本はポストに助けられたものの、ルーカスが放ったミドルが権田の手を弾いてゴールネットを揺らします。この瞬間、かなりガクッときてしまいました。そういえば、鹿島戦も小笠原のミドルを弾いてそれを興絽に押し込まれたり、最近、ミドルの処理で権田が失点するシーンが多いのは気のせいかな。その後は一気にガンバの展開になり、防戦一方。梶山、重松や達也を投入するも流れを変えることができず、逆に宇佐見に決められて気づけば0-2。前半の内容から考えれば勝てる試合だっただけに試合後は茫然自失、というかショックでかい試合でした。
結局は調子が悪くてもしっかり勝ち点を取るガンバと、チャンスをみすみす自分から放棄して勝てなかった東京との差が出てしまった感じです。
ただ、梶山が入ると確かにボールは収まりますね・・・それは収穫だったかもしれません。
幸いにも上ももたついているので大きな差は出ていませんがそろそろスカッと勝ちたいところ。
次節から5月、月が変わるのでツキも変わって欲しいです。
[PR]

by y_flugels | 2010-04-26 22:54 | ++FC TOKYO

初めての東京マラソン2010完走記【ゴール後】

a0015766_012267.jpg

ゴールをするとフィニッシャーズタオルと呼ばれるタオルをもらい、そして、足に付いているICタグを外してもらいます。そこからは流れ作業で行われていきます。
a0015766_025171.jpg

その後はメダル授与。これは流れ作業で渡される形になります。でもやっぱりメダルはメダルでうれしいもんですね。
a0015766_071548.jpg

エアサロンパスのコーナーではアフターケアということでエアサロンパスをもらえました。
走ったあとにシュッとやると気持ちいいですね。
a0015766_092678.jpg

そして完走後の給食。ここでも、「おめでとうございます」とボランティアの皆さんが声をかけてくれます。
なんだかすがすがしい気持ちです。
a0015766_0102060.jpg

もらったのはミカン、バナナ、そしてSOY JOY。さっきもらったエアサロンパスも袋に入れて写しました。あと、写真には写っていませんが、東京水ももらうことができました。とりあえず、小腹が空いていたので、ミカンとバナナとSOY JOYを食べました。
a0015766_012836.jpg

給食を地べたに座って食べたあとは、荷物を受け取って着替えるだけ。ということで、新宿で預けた荷物を受け取ります。
a0015766_0172090.jpg

着替えて出ようとすると足湯があったので疲れを癒すために足湯に浸かって疲れを癒しました。寒さもあって足の先からジワ~っとして気持ちよかったです。
a0015766_0194629.jpg

出口近くには新潟産のこしひかりを使ったおにぎりの配給がありました。さすがに42km走ったあとなのでこちらも小腹が空いてしまい、ゲットしてしまいました。
a0015766_0243582.jpg

おにぎりは特別なパッケージになっていて、震災復興へのお礼の言葉が書かれていました。こちらもやはり空腹時に食べるとおいしかったですね。おにぎりの塩味が体が欲していたせいか特においしく感じました。
a0015766_0265219.jpg

そのまま帰るのも名残惜しいので、ゴール前の観覧席で他のランナーのゴールを見ていました。最後、わずか1分のオーバーで時間切れでゴールできないランナーがいました。もちろん記録上は失格なのですが、石原都知事が特別にそのランナーにメダルをかけてくれるシーンなどもあり、非常にいい雰囲気の大会でした。
a0015766_0282150.jpg

話はそれますが、ふと遠くを見ると東京湾を横断する橋の建設中でした。どんな橋ができるのでしょうか?

宝物
[PR]

by y_flugels | 2010-04-25 23:57 | +RUN

初めての東京マラソン2010完走記【レース編⑦】そしてゴール!

a0015766_23141198.jpg

豊洲を過ぎるといよいよ東雲のジャスコが見えてきます。このジャスコの前に橋があるのですが、この坂ですら、登るのがキツイ。下を向きながら黙々と登る感じです。自分では走っているつもりでも端から見たら歩いているのと同じくらいのスピードだったと思います。
a0015766_23161028.jpg

ジャスコを過ぎていよいよ右に曲がるとあとは国際展示場、ビックサイトまでもう少しです。ここまで来たらはってでも完走するしかない感じですね。そして見えてきたのが40km地点。最後の給水ポイントです。ここでアミノバリューを給水、ボランティアの方のハイタッチで元気をもらい、「あと少し、がんばれ」の声に励まされてゴールを目指します。
a0015766_23181448.jpg

ビックサイトは見えませんがビックサイトの手前にある有明のワシントンホテルが見えてきました。あの奥が、ビックサイト、ゴールが近づいてきました。あと2.195キロ・・・楽勝かな、と思ったのですが。
a0015766_23192364.jpg

ゆりかもめと合流すると、あとはゆりかもめの下を走るだけ、そんな感じでした。その合流する角では、なんと、「コーラ」を配っている方がいました。これ、某SNSでは賛否両論ありましたね(笑)「走ってるのに炭酸飲めるか!」というのと、「いや、疲れているから糖分が欲しくなるからコーラはありでしょう・・・」と。私は飲みませんでしたが(苦笑)。そして前に立ちはだかるのはまたしても、橋・・・勾配です。このあたりで、川崎フロンターレのサポーターがゲーフラを掲げていました。東京も欲しかった・・・。
a0015766_23214619.jpg

有明駅のところがちょうど、残り1km地点。いよいよ来ました・・・もうすぐそこはゴール・・・ビックサイトも見えてきた・・・と思ったら、角を再び左折。ちょっと萎えそうになりました。が、目の前に川崎とJEFのユニを着たランナーを発見。これは負けられない、と力を振り絞って、ラストスパート、追い抜いていよいよビックサイトの敷地内に入りました。
a0015766_23233533.jpg

ついに42km地点。ここに来たら不思議と、35km過ぎから苦しんできた膝の痛みがすっと消えました。不思議な感覚です。
a0015766_23244622.jpg

左手にはなぜか阿波踊りをしている集団。
a0015766_23252610.jpg

そしていよいよゴール・・・自然と手が上に上がってしまいます。これ、なんだろう?やりきった達成感なのかな?ふと時計を見ると・・・5時間半を切るペース。これには自分でもびっくりしました。そしてゴール。思わず、ガッツポーズをしてしまいました。自然と出てしまいましたよ。
a0015766_2326488.jpg

ゴール後・・・みんな電話をしたり、写メしたり・・・思い思いにゴールの感傷に浸ります。が、次から次へとランナーが入ってくるので、すぐに移動してください・・・、と言われてしまいますが・・・。私も膝の屈伸とふくらはぎを伸ばしてその場を移動しました。ゴールのところでは足を痛めて車いすに乗せられている人もいましたね。。

結果、5:27:08で42.195kmを走破することができました。あとで郵送で送られてくる記録証によれば、ネットタイムでは5:08:51 という記録、目標は6:30だったので、1:30も目標を大幅にクリアした感じでしょうか。時速に換算すれば8.20km/h これが早いのか遅いのか、初マラソンにしては上出来だと思います。
終わったあとの完走は意外と、やればなんとかできるもんだなぁ~ということと、走っているときは辛かったけど、終わってみれば、早くも、また「来年も出たい!!!」って思ってしまいました。

楽しいそして素晴らしい東京マラソンでした。



More
[PR]

by y_flugels | 2010-04-24 23:13 | +RUN

初めての東京マラソン2010完走記【レース編⑥】魔の35km

a0015766_2338741.jpg

銀座通りから晴海通りに入り東銀座方面へと走っていきます。このあたりは普段もよく通る場所なので、平常心(笑)で走ることができました。雨もやんで沿道にはかなりの人が駆けつけていました。
a0015766_23445649.jpg

歌舞伎座前。2010年の東京マラソンで最後のシーンです。2010年4月30日に取り壊されてしまいます。ちなみにこの日は取り壊される62日前と表示されていました。
a0015766_23483952.jpg

いよいよ築地までやってきました。築地の交差点を大きく左に曲がります。
a0015766_23494229.jpg

そして見えてきたのが35km地点。築地本願寺前までやってきました。マラソンではよく、35kmを過ぎてからが本当の勝負、ということをよく聞きますが、果たしてどうなるか。とりあえずはここまでは順調に進んできました。
a0015766_015019.jpg

築地から新富町にさしかかるあたりにあるところで、おみそ汁の非公式ボランティアの配給がありました。ここで、ちょっと休憩を兼ねて止まってしまったのですが、それが失敗のはじまりでした。急に止まったのが良くなかったのがいけなかったのが、再び走り始めると膝の痛みが出てきてしまいました。この痛みは2月に入ってランニングの練習をしていて時々見舞われた痛みで、この日はテーピングをガチガチに巻いて走り始めたのですがその効果が落ちてきてしまった感じでしょうか。
a0015766_0111530.jpg

そしてコース最大の難所である佃大橋にさしかかりました。ここでは普段は車でしか通れないところを走っていきますが結構な急勾配、しかも、35㎞過ぎでボディーブローのように疲れが来ているせいか、足にズンズンと坂を上る度に負担がかかっていく感じです。歩いているのと同じくらいのスピードまで落ちてしまいましたが、なんとか坂を上りきります。
a0015766_013122.jpg

登りきると左手に佃島の高層マンションを眺めながら隅田川を渡っていきます。急に膝の痛みが出てきたので痛みに耐えながらの走りとなってしまい、ただ、黙々と進んでいく感じになってしまいました。
a0015766_0235649.jpg

月島にさしかかると沿道にはすごい人が。しかも右側の歩道からはなぜか、「ロッキーのテーマ」をラジカセで流してくれる人がいました。膝が痛くて黙々と走っていたのですが、また、ロッキーのテーマがその走りにぴったりというか、勇気づけられました。
a0015766_0263642.jpg

そして橋を渡りきると、いよいよ残り5kmになりました。ちょうど、皇居1周分の感じです。そう考えると、またがんばろうという気になったのですが、膝の痛みはかなり来ていました。このあたりでは沿道の人がエアサロンパスを膝とかにかけてくれたりして、非常にありがたかったです。私はこうなった時用に持ってきていた湿布を膝に貼って再び走り始めました。
a0015766_03034100.jpg

再び走り始め、豊洲へとやってきました。ここも人がすごかったです。
あと4キロ強、とにかくここまで来たら膝の痛みを騙し騙ししながら走りきるだけです。
かなりスピードが落ちてしまいましたがゴールを目指します。豊洲病院の前では「マッサージやります」という看板を看護婦さん(いま、これは使っちゃいけないのかな?)が持っていて、ちょっと、「やってもらいたいなぁ」という誘惑にかられながら進んでいきました。

☆つづく


[PR]

by y_flugels | 2010-04-23 23:29 | +RUN

初めての東京マラソン2010完走記【レース編⑤】人形町から銀座へ

a0015766_22391312.jpg

目の前にはなんと、たい焼きのかぶり物を着て走っている人がいました。ほんとはドロンパのシッポをつけて走ろうかと思ったのですが、シーズンオフで調達できず・・・次回もし当選したらシーズン中に調達しよう、と心に誓ったのでした。
a0015766_22403079.jpg

沿道にもいろいろなコスチュームをした人がいて走りながら楽しませてくれました。こちらは復路の浜町、明治座前にいたウルトラセブン。
a0015766_22415485.jpg

そして人形町の交差点を過ぎたあたりで恐ろしいものをみてしまいました。それは、恐怖のはとバス。バスの正面に書かれている二文字は”収容”。つまり時間内にチェックポイントを通過できなかった人を軒並み吸い込んでビックサイトまで運ぶという恐ろしい乗り物です。ただ、これだけ差をつけていれば追いつかれることもなくなってきたかな、という余裕は感じました(この後、タレントの上原美優さんはこれに”収容”されてしまったようですね)
a0015766_22445633.jpg

茅場町を過ぎたあたりでは再び給食。今度はあんパンをゲットです。山崎パン様のあんパンです。人形焼きはゲットできなかったのですが、あんパン、あんの甘さが運動中なのでことさらおいしく感じました。
走りながらパンは食べにくいという話だったのですが、そんなことはなかったですね。
またこのあたりでは地元のおばちゃんたちの熱烈な声援がありました。
a0015766_22521597.jpg

日本橋のコレドあたりに着く頃にはすっかり雨もやんでむしろ、太陽も出てきて蒸し暑くなってきたような感じでした。ちょうど、コースの一番の盛り上がりの場所に向けて天気も回復して気持ちも上がってきました。
a0015766_2254840.jpg

再び中央通りに戻ってきました。雨がやんだことで沿道の応援する人たちの数も往路に比べてかなり増えてきた感じです。まだ、膝の痛みもなく、不思議と疲れは全く感じることなく進んでいく感じでした。
a0015766_22552868.jpg

日本橋高島屋前。車線が狭いせいか(2車線?)、なんか人の波に流されてスーッと流れに任せてひたすら進んでいく、走っているという感覚よりは自然と流れていく、そんな感覚になっていたのもこのあたりでした。
a0015766_2257097.jpg

東京駅八重洲口あたり。すでに往路は先ほどはとバスとすれ違ったことでも分かるように、マラソンコースは解除されていて、ボランティアの皆さんがゴミ拾いなどで清掃をしていました。こういうボランティアの皆さんのご協力にはホント感謝、感謝です。
a0015766_22585378.jpg

京橋にさしかかります。明治屋の歴史ある建物がこういうアングルで見られるのも歩行者天国でもない限りないでしょうね。このあたりでも往路のコース上はボランティアの皆さんの清掃中でしたが、手を振って応援してくれたりしていました。
a0015766_2304786.jpg

そしていよいよ銀座の復路。銀座一丁目あたりではさすがに人の数はそんなに多くなかったです。
ただ、雨がやんでモワ~ッとする蒸し蒸しとしたアスファルトの照り返しのようなものを感じながら走りました。
a0015766_2333437.jpg

走っていて寒さは感じなかったのですが、ビルの上の温度表示は6℃。でもそんなに寒くは感じませんでした。おそらくスタート時がめちゃくちゃ寒かったからかもしれません。
そしてさすがに銀座の中心、4丁目の三越前あたりに来るとすごい人です。またまた胸に熱いものがこみあげてきました。
a0015766_2345578.jpg

4丁目の角を曲がるときにはこの人垣。なんだか走っていて一流のスポーツ選手になったようなそんな気分になってしまいました。
そしてこの角を曲がるといよいよ、魔の35㎞地点の築地界隈へと進んでいきます。それにしても自分でも驚くくらいここまではいい感じで疲れもなく走れた感じがあります。それはきっと、沿道の声援などで気持ちが高ぶっていたからかもしれません。

☆つづく


[PR]

by y_flugels | 2010-04-22 23:02 | +RUN

初めての東京マラソン2010完走記【レース編④】段々楽しくなってきた

a0015766_2343369.jpg

日本橋から茅場町の交差点を曲がって真っ直ぐ進むと人形町にやってきました。このあたりは復路も同じルートなので、対向車線の復路の人を見ながらの走りとなりました。この頃になると天気もだいぶ回復してきて、雲の切れ間から日差しものぞくようになってきました。それに比例して沿道の応援も多くなってきたように思います。
a0015766_2365456.jpg

浜町界隈です。着ていたカッパも邪魔になったのでこのあたりで脱ぎ捨ててマラソンを続けました。段々と明るくなってくれるにつれて、カッパを着ていると逆に蒸し蒸ししてきたのもありますし、走りにくいというのもありました。
a0015766_2394445.jpg

総武線が見えてくると浅草橋です。このあたりは意外と走ってみると距離が短いなぁ、と感じました。なんとなく、人形町と浅草橋って距離があるように感じるのですが、近いと感じました。膝の不安があったのですがここまで特に痛みもなく、また不思議と疲れでへばったりもせずにスーッと来れてしまいました。
a0015766_23122472.jpg

ちょうどバンダイの本社前が27km地点。またここでも給食のバナナが配られていました。またまた、バナナをゲット。こんな感じでボランティアの皆さんがむいて切って、それを取る、と言う感じでした。
a0015766_2314849.jpg

駒形のどぜう前、先ほどの給食のちょっと先あたり。このあたりで、ボビーオロゴンとすれ違いました。
雨も完全にやんでだいぶ走りやすくなってきました。
a0015766_23202127.jpg

駒形の分岐までやってきました。ここから雷門の前をぐるっと回って折り返しになります。
a0015766_2321616.jpg

そしてコースの盛り上がり場所の一つの雷門前。ここの角にさしかかったときに「ワァ~~~~」というすごい声援で、走っていてまたまた胸にこみあげてくるものがありました。なんだろう、「一人じゃないんだ」とか「知らない誰かが自分のことを応援してくれる」というような不思議な感覚です。よく、サポーターの声が力になる、と言いますが、競技は違えど、周りの応援が力になるとはこういうことなんだなぁ~と言うことを体感することができました。浅草のこのあたりの雰囲気はかなりやばいです。
a0015766_23241765.jpg

折り返して来た道を反対車線で再び銀座方面へと進みます。折り返して駒形橋のたもとあたりにこの方がいらしたらしいのですが、気づきませんでした。そこにアップされていたUStream を見たら、「もしかしたら・・・」というのは後で見て・・・・あれ??って言う風に、と思ったりして、遭遇できずに残念でした。(実は「飴ちゃんあるよ~」っていうのは聞こえたんですよね・・・)
走っていると、すげぇマニアックなユニフォームを着た方がいらっしゃいました。ガス時代のうめってぃのユニ。思わず声をかけてしまい、お互い「東京!」と言って励まし合いました。
a0015766_23272143.jpg

浅草橋を過ぎ30キロまでやってきました。人生で30キロが最長の走った距離(練習で)なので、ここから先は未知の世界となります。晴れてきたせいもあり、浅草での盛り上がりに気持ちが高ぶってきたこともあり、走りながら周りを見たり、声を掛け合ったり、ようやく東京マラソンをEnjoyできるようになってきました。逆にあと12キロ強で終わりか~などという気持ちもちょっとあったりもして・・・。

☆つづく


[PR]

by y_flugels | 2010-04-21 23:30 | +RUN

初めての東京マラソン2010完走記【レース編③】銀座を駆け抜けてコース前半終了

a0015766_23303791.jpg

品川の折り返しをUターンして来た道を戻ります。スタートで20分遅れたこともありかなり後ろの方かと思っていましたが、折り返して走っているとまだまだランナーが続いていました。
a0015766_23332987.jpg

田町駅付近に戻ってきました。このあたりに来たら、雨もだいぶ小降りになってきて来ました。天気予報では午後から雨はあがるといいうことだったのですが、天気予報通りに上がってきそうな感じです。
a0015766_23364363.jpg

もう一度、東京タワー。芝公園前を通過しましたが、すでに反対側の往路では撤収作業が行われていました。片付けをしながらもボランティアの方々が「がんばれ~」と声をかけてくれました。東京タワーをこんな感じで撮れるのも東京マラソンならではのアングルかもしれません。
a0015766_2342936.jpg

日比谷公会堂が見えて日比谷に戻ってきました。ちょうど、このあたりは往路の撤収が行われていましたが、トイレが見えました。人も並んでいなかったので往路側に渡ってトイレに入りました。すぐには入れたのでここでトイレが使えたのはラッキーでした(往路が撤収中で往路に渡れたので)。ここでトイレをすませ、あらためてコースに戻り、いよいよ東京マラソンのコースの一番の盛り上がりのエリアへ向かいます。
a0015766_23485881.jpg

日比谷の角を曲がっていよいよ晴海通りに入り数寄屋橋を目指します。日比谷のJRのガードが見えてきました。このガードをくぐると銀座が見えてきます。画面が曇っているのは寒くてレンズが曇ってしまっているためです。
a0015766_2357240.jpg

そして銀座4丁目の交差点が見えてきました。さすがにこのあたりに来ると、さすがの雨の中でも沿道にはすごい人でした。歓声もすごかったですね。
a0015766_23582287.jpg

そして4丁目の角を曲がると銀座通りに入ります。この曲がって銀座通りに入った瞬間、道幅がぎゅっと狭まって、でも逆に人垣がすごいことになっていて、歓声にも似た声援が急に入ってきて、すごく、感動しました。なんかいつもよく来ている銀座ということもあり、感極まるものがありました。走りながら胸に熱いものがこみあげてきた感じを受けました。
それにしても銀座通りを埋め尽くすランナーの姿はやはり圧巻でした。
a0015766_0114.jpg

銀座を走り抜けて少し人が減ってくるとそこは京橋。京橋ではいよいよ給食が配られます。京橋の交差点は工事中だったので風景がかなり変わっていました。このあたりも地元に近いエリアなので、なんだか、走っていていろいろ想いがこみあげてきました。
a0015766_025497.jpg

京橋の駅前のあたりで給食のバナナをゲットしました。あんまりお腹が空いていなかったのですが、バナナの甘味がおいしかったです。バナナなんか久々に食べた気がします。
ボランティアの人たちがひたすら皮をむいてカットして渡してくれます。
a0015766_065751.jpg

東京駅八重洲口から伸びる道を越えてふと左手を見ると・・・・「ムカッ!!」なんと・・・東京なのにヤツらがいるとは・・・。なんか走っていて急にイラッと来て赤いユニを見たら抜きたくなってしまったのは言うまでもありません(苦笑)ということで来年は是非、東京な方、東京のフラッグやゲーフラで青赤なランナーの応援をしてあげてください。東京で赤いのに負けるわけにはいきませんからねぇ・・・。ちなみに走っていて、湘南や川崎のサポーターサンガフラッグを振っているのは見たんですが、東京はいなかったのはちょっと残念でした。
a0015766_0102038.jpg

日本橋のコレドが見えてきたらちょうど23キロ地点。ほぼコースの中間地点です。ここで大きく右に曲がっていきます。またこのあたりでちょっと雨が強く降ってきた感じです。復路の方もかなり人が増えてきたように感じます。

東京マラソンもいよいよ後半戦に突入です。

☆つづく


[PR]

by y_flugels | 2010-04-20 23:30 | +RUN